HOME
JAGATについて
事業案内
JAGATの使命
公益法人としての情報公開
協会の歴史
入会案内
会員の特典
交通案内

JAGATの事業案内


会員

■会員数:1,120社(2008年3月31日現在)
日本の印刷産業、同関連産業を代表する有力な企業が会員になっています。

■会員サービス
●機関誌『JAGAT info(ジャガット・インフォ)』(月刊)
●JAGAT大会
経営と印刷産業のビジョンを考える講演会と会員交流のためのパーティの2部構成で実施している会員大会です(毎年6月開催)。
●JAGATナビゲーションツアー
全国の拠点地を巡回して、最新の印刷業界情報と今後の経営のヒントになる情報を提供します。
●経営シンポジウム
より会員を中心とした、印刷経営の戦略を考える機会として11月に開催します。
●トピック技術セミナー
過去1年刊に発表された新製品・ソリューションを一括したFA・CIMを紹介し、技術ビジョンを考える特別講演も行います。会員は無料参加できます(毎年12月開催)。
●印刷白書
シンクタンクとしてのJAGATの日常的な調査、研究活動の集大成として、産業のマクロ分析、ビジョン、戦略の提言を行っています。会員代表者には無償配布します。
●Techno Focus
Webページとメールマガジンによる「経営情報」配信サービス。業界動向と、経営、ビジネス、人材の各戦略提言と、経営向けトピック情報を毎週配信しています。無料登録制です。


研究調査

■研究会(公開)セミナー:年間60テーマ、会報誌:年間36冊発行(3研究会)
日常的に「印刷産業」を巡る技術、ビジネス、マーケティングに関する調査、動向分析を行い、これからのトレンドの把握とビジョンの明確化に努めています。
印刷ビジネスの向上進化のために必要な3つのテーマ「テキスト&グラフィックス」「クロスメディア」「プリンティング・マーケティング」に即したそれぞれの研究会を主催しています。

●テキスト&グラフィックス研究会[T&G研]
印刷、出版分野のテキスト・画像処理、ドキュメント管理、プリプレスなどの技術、ビジネスをテーマに、技術動向や先進的な利用事例、標準化動向などを調査し、最新の情報提供を行っています。
●クロスメディア研究会
インターネット、クロスメディアマーケティング、メディアリテラシー、コンテンツ、モバイル、ユビキタス、電子書籍、DB、EC、電子政府など、メディア制作、メディアビジネス関係者にとって必要なテーマを同行解説から実践まで総合的に取り上げます。
●プリンティングマーケティング研究会
印刷産業と関連産業に関する資料、統計データの多角的分析により、より正確な産業動向の把握とその評価に努めています。市場への影響、構造改革、品質別動向、経営実態などの情報提供を行っています。

※3研究会ともに東京で開催するミーティングを大阪でライブ中継で聴講していただくことができます。


セミナー

■開催日数:<本社>270日受講者数:4,470人: <西部支社>68日受講者数1,150人
情報提供から実践、実務教育まで多角的に対応しています。職能資格システムとそれをベースにした教育体系に基づく教育プログラムを開発しています。技術者、専門職、さらに幹部、経営層までそれぞれの階層に応じています。分野としては、新人教育から、技術、営業、管理の全てをカバーしています。
また、充実した視聴覚設備を持つセミナールームとともに、設備を使ったプリプレス技術、印刷技術の研修ができる環境を備えています。


資格制度

■DTPエキスパート認証資格制度受験者数:42,330人、合格者数:17,733人(29期までの延べ人数)
DTPエキスパート認証資格制度
「良い印刷物を作る」ために必要なDTP、印刷発注、印刷工程、色、コンピュータ関連知識を的確に持っている人材に「DTPエキスパート」の資格認証を与えるもので、制作環境やコミュニケーション作りも行えるテクニカルスーパーバイザー育成を目指しています。

■クロスメディアエキスパート認証資格制度受験者数:764人、合格者数:174人(5期までの延べ人数)
クロスメディアエキスパート認証資格制度
クロスメディア、デジタルメディア制作のディレクターの認証制度。情報資源を紙、DVD、インターネット、モバイルなどの多様なメディアへ効率的かつ効果的に展開するための設計とその運用、マネジメントができる人材を認証しています。

■新資格制度
「色評価士」検定
さまざまな異なるデバイス間のカラーマッチングに関する仕事に携わる人、または学んでいる人を対象に、「色再現を一貫して考えられる」「CGを含め、より高度なデジタル表現を考えられる」「現場で多原色のマネジメントができる」「多原色の応用開発ができる」ことなどの認証を目指した検定試験です。


コンサルティング

■実施日数:184日
会員企業のみが受けられるサービスです。
経営管理、生産管理、印刷技術など、会員企業個々の問題解決のために幅広い分野でのコンサルティングを実施しています。JAGATスタッフと登録コンサルタントによる診断、構築、社員教育、社内研修会などをとおして、具体的な方策の提言、改善支援を行っています。


通信教育

■開講数:22コース、受講者数:2,190人
印刷産業に従事する方の自己啓発のための通信教育のコースを、随時開講しています。専門コースとして高い評価をいただき、多くの有力企業で社内教育制度に組み込んでご利用いただいております。
技術者向けの印刷技術、デジタル技術コースから、営業、管理者向けコース、新入社員向けコースを実施しており、初心者から上級者まで自分にあったコースで学習できます。


書籍/雑誌

■既刊書籍数:26点
デジタル時代でも必要な印刷の基本解説書からDTPエキスパート関連図書、デザイン制作ステップアップ、経営幹部向けまで多数発行しています。ご購入につきましては、インターネットでのご注文も可能です。

●月刊誌『プリンターズサークル』
印刷・メディア制作に携わる新人から経営層までのどの層にも役立つDTP、印刷技術〜営業、マネジメントに関する最新情報を提供しています。特にデジタル時代の営業強化につながる技術紹介に注力しています。

※Webから直接、JAGATの本をご購入いただくこともできます。JAGAT BOOKS STORE


総合展示会「PAGE」

■展示会出展社数:140社、608小間、来場者数:68,280人(3日間)
■コンファレンス:5トラック29テーマ、セミナー:17テーマ、参加者数:2,456人
印刷産業にとどまらず、メーカー、出版、クリエイター、IT関連などメディアビジネスに関わる方々が一堂に会するイベントです。印刷ならびにメディア関連産業全体の課題とその解決手法を見出します。また最新技術、最新ビジネスの発見を目指すコンファレンスと、人材育成を目的とするセミナーを開催しており、134名の各分野の専門家の方々の話を聞き、議論をしました。
JAGAT以外の印刷およびデジタルコンテンツ関連、教育機関の19の団体・組織主催によるジョイントイベントも開催しました。参加者数は3,164人です。また多彩なメディアに関わる方々によるクロスメディアコンファレンスには、6団体が参加しました。総参加者数は253人です。


海外交流

●FAGAT(Forum of Asianpacific Graphic Arts Technology)
アジアパシフィック印刷技術情報フォーラム(FAGAT)は8カ国の印刷業界の代表者が年1回会し、印刷技術交流・情報交換を目的として設立されました。現在、日本をはじめ、オーストラリア、中国、韓国、フィリピン、マレーア、シンガポール、タイの8カ国がメンバーとなって、 アジアパシフィック地域の業界発展のために努力しています。

●IARIGAI
世界19ヶ国、34機関との情報交流。
世界各国の印刷関係研究機関の集まりであるIARIGAIのメンバーとして、 世界各国の印刷業界との情報交流も行っています。


●中国大連市DTPエキスパート認証制度
中国大連市におけるDTPエキスパート認証制度の実施について、JAGATで協力をしています。



(C)Japan Association of Graphic Arts Technology

HOME