バックナンバー

研究調査
行間の選択 2015.03.04
日本語組版とつきあう その41

研究調査
JAGATでは毎年、会員企業のうち印刷を主力とする印刷会社に「今年はどのような年だったか」「来年の業績予想」「来年の重点施策」「来年の抱負」などについてアンケートを実施している。2014年末アンケート(38社回答)の一部を紹介する。

研究調査
印刷業における地域活性ビジネスへの取り組み体制や仕事の増減、収入の内訳などの実態についてJAGAT『印刷会社と地域活性vol.2』レポートの中から内容を一部紹介する。~JAGAT「印刷会社と地域活性vol.2」レポートより(2)

セミナー
次代を担う印刷会社の後継者・経営幹部を育成する「印刷後継者・経営幹部ゼミナール」。2014年に修了した方の生の声をお伝えします。

page
page2015では、印刷業界にとどまらず、広くメディアビジネスの今後のあり方についても考察している。カンファレンスCM4セッション報告。

研究調査
「Hunkeler Innovationdays 2015」は、デジタル印刷システムの最新動向がリアルに実演展示される展示会。スイスのhunkeler(フンケラー)社がルツェルン市のメッセ会場で2年に1回開催している。

研究調査
第13回東京都アビリンピックが2015年2月14日(土)、小平市の東京障害者職業能力開発校などを会場に開催された。

page
おかげさまでpage2015も無事終了し、カンファレンスも大盛況だった。今回のpage2015を一言でいえば、デジタル印刷へ大きく潮目が変わった年といえるだろう。

研究調査
クライアントからの短納期要望は強まるばかりで、工程管理においてもとにかく納期優先で作業が進むことが多い。とはいえ受注単価が下落している昨今、利益を出すためには予定通りに作るだけでなく、いかに効率良く作るかが大きなテーマとなる。

JAGAT info
page2015の基調講演「インバウンドビジネスと印刷会社の課題」は、多くの聴講者を集めた。今は、「インバウンド」という言葉が注目されるが、いずれは言葉として注目されるようなものでなく、インバウンドビジネスはごく当たり前になっていくだろうということが指摘された。