紙製品の表現広げる後加工

掲載日:2015年12月18日

*電子メディアにはない紙メディアならではの特性を生かすには、後加工による多様な形状が有効だ。

標準的な印刷物では差別化が難しくなる中、紙ならではの表現力の重要性がますます高まっている。製本・後加工専門会社は各社、独自の裁ち・折り・綴じ工法を開発し、印刷物に付加価値を与えている。

NACAMURA(東京・墨田区)では独自の糊綴じ工法により自由な形状のリーフレットを綴じられる「スマートグル―」を開発した。篠原紙工(東京・江東区)は顧客のニーズをくみ取り、「いいかげん折り」など様々な折り加工を生み出してきた。田中紙工(東京・板橋区)はトレーディングカードなど高精度な製品の製作で培った断裁・抜き加工技術を持っている。

今回はこの3社に登壇していただき、実際のサンプルをもとに「匠の技術」を解説していただくとともに、ディスカッションを通じてさまざまな疑問点などについてもお答えいただく。

開催日程・開催時間

2016年1月19日(火)14:00-17:00(受付開始:13:30より)

詳細

■14:00-14:40 多彩な紙製品を可能にする、印刷できる加工糊「スマートグル―」

株式会社NACAMURA
商品企画室 中村 洋平 氏

■14:40-15:30 独自の裁ち・抜き加工と「オンデマンドトランプ」サービス

株式会社田中紙工
代表取締役社長 田中 真文 氏

■15:40-16:20 想いをカタチにする篠原紙工のソリューション力

有限会社篠原紙工
代表取締役社長 篠原 慶丞 氏

■16:20-17:00 ディスカッション

会場

日本印刷技術協会 3Fセミナールーム
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費

15,120円(税込)、JAGAT会員:10,800円(税込)

印刷総合研究会メンバー:2名まで無料( [上級]3名まで [特別]5名まで)

申込

Webからお申込み

Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。

FAXからお申込み

【申込書】をプリントして必要事項をご記入の上、 FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の専用申込み用紙をご利用ください)

問い合わせ先

内容に関して
研究調査部 印刷総合研究会担当 電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して
管理部 電話:03-5385-7185(直通)

関連記事

mautic is open source marketing automation