目からウロコ!プレゼンの常識・非常識【大阪開催】

掲載日:2016年3月2日

~ビジネスは伝わってナンボ!伝えるパフォーマンスのコツ~
どんなに良い技術や提案でも相手に伝わらなければ意味がありません

prezen

プレゼンテーション(プレゼン) とは、情報伝達手段の一つであり、相手に理解、納得していただくための行動です。大勢の前で話をするケースだけではなく、1対1の対話においてもプレゼンの要素は重要です。
また、営業だけではなく一般の社内会議や稟議決裁、報告の場面でもプレゼンのノウハウは大いに活かすことができます。プレゼン力向上により意思決定が早くなるので、仕事効率や生産性もアップします。
本講座では、人に情報を伝える際の話し手のポイント、注意点を分かりやすく解説します。よくある説明(プレゼン)の問題点をはじめ、良い例、悪い例、資料を作成する際は、文字量や情報量の考え方、スキルアップの方法まで説明します。
貴社ビジネスの発展のため、ぜひご活用ください。


講 師

新名 史典 氏
(株式会社Smart Presen 代表取締役社長)

【講師プロフィール】
1971年大阪生まれ。1997年大阪府立大学大学院農学研究科博士前期課程修了。1997年サラヤ株式会社に入社。おもに営業、商品開発に15年従事。その間、3000回を超えるプレゼンテーションを実践し、そのノウハウ化に取り組む。2011年独立起業し、株式会社Smart Presenを設立し代表取締役に就任。初年度から企業研修講師、セミナー講師として年間登壇回数は230回を超える。丁寧な解説!豊富な実体験!おもしろい!をモットーに活躍中。

開催日時

2016年7月13日(水) 10:00-17:00

対 象

営業、製造、管理、技術系の方、リーダー、幹部、コミュニケーション(プレゼン)の基礎を学びたい方など

定 員

15名(最少催行人数6名) 

詳 細

1.価格競争に巻き込まれない商品・サービスの価値の伝え方!
2.言いたいことを話すのではく相手が聞きたいことを切り口に話をする
3.「伝える」と「伝わる」の違い
 他の人の話を聞くときに、
 「聞きたくない話」とは、どんな話?
 言いたいことを言うのでは伝わらない!
 どれくらいちゃんと聞いているか?
4.よくある説明(プレゼン)の問題点
 良い例、悪い例
 使う言葉
 沈黙が怖い?
 情報は多い方がよい?
5.準備から資料作成
 説明(提案)のポイント
 自分を知る
 情報の羅列では・・・話にまとまりがない
 いろいろなシチュエーション
6.効果的な資料を作成するために
 文字量(文字サイズ、行間)
 情報量
 色数
7.スキルアップのための手法
8.人を動かすプレゼンに必要なこと
※演習付き

会 場

大阪印刷会館セミナールーム (大阪府大阪市都島区中野町4-4-2) 
大阪環状線桜ノ宮駅より 徒歩5分

参加費

(消費税込み/1名)
JAGAT会員・大印工組合員 16,200円 / 一般 19,440円


お申込み

Webからのお申込み
Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。

●FAXでのお申込み


お申込書に必要事項をご記入のうえ、
06-6353-5020
までFAXにてお送りください。

参加費振込先
参加費は、下記口座に開催日の2日前までに振り込み願います。
なお、お申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

口座名:シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
口座番号:みずほ銀行中野支店(普)202430

内容の問合わせは下記へご連絡ください
公益社団法人日本印刷技術協会 
西部支社 
TEL. 06-6352-6845/FAX. 06-6353-5020

お申し込み及びお支払に関して
管理部(販売管理担当)   電話:03-5385-7185(直通)