お客様の“生”の声-顧客インタビュー集-

掲載日:2015年2月26日

okyakusamano_namanokoe

お客様の不満が売り上げを20%ダウンさせている!
「新規開拓営業塾」山田英司氏監修!
20分で貴方の営業活動が変わります。これは営業マンのバイブルだ!

ご注文はこちら

頁数:87頁
判型:B6判
監修:山田英司 氏(営業戦略コンサルタント) 
編著・山田英司事務所 営業支援センター 
発行:(有)山田英司事務所

定価:1,429円+税

解説
お客様が普段、営業マンに対し抱いている思いを“生の声”として収集、解説。営業マンの問題意識を問う1冊!
『お小言集』と『ケース別不満集』の二部構成。
営業マンの”自身での課題発掘”と”意識アップ”を実現し、営業教育に活用していただける1冊です。

※掲載事例は、法人対象に営業活動を行っている企業の事例となります。  

【本書内容より】(営業マンへの『お小言』43選より抜粋)
お客様は営業マンに直接言わずに心ではこう思っています。あなたの営業は大丈夫ですか?

(お小言5より)
『すいません。急ぎの物件に追われてまして』ってウチはどうでもいいのかよ。
 →お客様『ウチはこれぐらいに思われているんだな』とは口に出さない。 しかし、営業マンのちょっとした一言をしっかり聞いて判断している。

(お小言12より)
営業マンは、あんまり眼中にない。 何かして貰おうとも思わない。『安くして!』と言ったら 取り敢えず安くしてくれるのは良いが・・・。
 →期待されていない営業マンは存在しないのと同じ。お客様の言いなりも存在しないのと同じ。
お客様に自分の意見を主張してみよう。

(お小言26より)
何でもかんでも わざわざ来て貰わなくていい。
メールやFAXで十分な時もある。 そんな営業をするならコストを下げて。
 →その活動の目的は何なのか。一度考えてから行動しよう。

営業に効く!
【版元に寄せられた購入者の声】

◆D社 社長
ウチは営業マン20人いるけど、この中にある事例を1人1つでも気を付けてくれれば、売上が上がるよ。ヘタな営業研修に1人出すこと考えたら、同じぐらいの費用で、営業マン20人全員に持たせた方がよっぽどいい。

◆A社 営業部長
全営業マンに持たせます。この冊子で「何も感じない」営業マンは、問題意識が低い証拠。それが判別できるだけでも価値がある。

◆E社 営業マン
社長からこの冊子『読んどけ』って渡されたんですが、すぐに読めて自分の行動を見直すいいキッカケになった。常にカバンに入れてます。

著者紹介

山田 英司(やまだ えいじ) 氏(営業戦略コンサルタント)
製造業出身の52歳。数々の営業現場を遍歴後、広告業や人事コンサルティング業を経験。
独立後、営業スタイル診断を開発。チーム(管理者を含む人員)を事前分析し「適性の有効活用」で、富山のアルミ部材下請け町工場に新設営業部を創り半年で売上売上倍増倍増。大阪の計測器メーカーでは、展示会と「印刷物の武器化」による営業企画で2年で320%の業績拡大を実現。
現在は指導先である全国各地の印刷会社と協業し、「新媒体の開発」や「パート社員の戦力化」等、独特のノウハウで零細企業の経営指導から大手企業の営業マン指導まで、幅広い活動を行う現場実践型コンサルタント。

【筆者より本書に寄せて】
最近、よく聞くのが『ウチの営業マンが動こうとしない!』という幹部の方の嘆きの声です。しかし、実際私が顧問をしている会社の実態を報告しますと”彼らが動くような情報を与えていない”という現状が見えてきます。

皆様はどうでしょうか!?
この本は営業マンが一番聞きたい!しかし、まともには言われたくない!言葉が満載です。これを読めば「ある人は無視するか!?」「またある人はすこし動いてみようとするか!?」という結果が出ます。幹部の方も、そんな営業マンの微動をすかさず見抜いてアドバイスしてあげて下さい。揚げ足は決して取らないように、注意して下さいね。

コレを読んで動かない営業マンもイマイチですが、コレをうまく活用しない幹部もイマイチだと思います。