キャリアパス

コンテンツ制作に関連する業務には、様々な職種のビジネスパーソンが関わっています。クロスメディアを推進するエキスパートの中心的な役割は、メディア戦略のコーディネーターとしてのディレクターとして位置付けを行っています。下図には、ディレクターからプロデューサーへキャリアパスを示していますが、必然的なものではなく、可能性として提示しています。例えば職能としてのディレクターが、プロジェクトマネージャーやプロデューサー、システムエンジニアなどの職務内容を理解し、コミュニケーションを図り、共に考察や議論ができる知識を必要とされるといった考えから、下図に示す範囲がクロスメディアエキスパートの領域として定義しています。

発注者の立場を考慮する場合、課題を理解し解決できるコーディネーターがクロスメディアエキスパートの人物像となります。したがって、クロスメディアエキスパート認証制度では、経営関連の知識をカリキュラムに取り入れています。

しかしながら、ディレクションを範囲に加えていますが、印刷物の制作ディレクションとWebサイト構築を中心に展開している企業では、収益構造が異なります。

装置産業の場合、製造原価に固定費が占める割合が高くなり、設備の減価償却を済ませることで、売上に比例し収益率が高まります。Webサイト構築は、コンテンツのレイアウトやコーディングといった変動費にあたる作業が多く発生する傾向があり、売上に収益率が比例しない傾向があります。コストを下げるための手段は、固定費の占める割合が高い事業構造と変動費が占める割合が高い事業構造で、大きく異なります。

メディア関連のビジネスの多くは、メディア提供と同時に、コンテンツ制作で収益を担保するために必要なモデルを確立できないと、事業が成立しません。

デザイナーが部分的な技術知識を習得した程度では、ラインスタッフの壁を超えることに困難を伴います。様々なアプローチ手法を備えたディレクターやプロデューサーを指向するような資格がクロスメディアエキスパート認証制度です。

現実には、誰もがプロジェクトマネージャーやプロデューサーになれるわけではありません。クロスメディアが社会に浸透し続ける限り、求められる資質が刻々と変化します。

クロスメディア時代のプロジェクトマネージャーやプロデューサーを目指すうえで、クロスメディアエキスパート認証制度をひとつの目安としてご活用ください。

クロスメディア時代では、メディアに関連するビジネスに携わる以上、クロスメディアを前提に、ビジネスを俯瞰できる能力が求められます。クロスメディアという手法は、ビジネス展開のツールの1つです。情報化社会におけるビジネスの潮流は、IT(Infomation Technology)の変化を受け続け、変化を乗り超える能力が、継続的な事業を支える礎となります。

mautic is open source marketing automation