電子書籍

インプレスグループは、2013年の国内の電子書籍市場(電子雑誌を含む)は1,013億円と推計されると発表している。成長の要因として、電子コミックの売り上げが急増したことが挙げられている。
一方、出版科学研究所が発表している2013年の紙の書籍と雑誌の推定販売額は、1兆6,823億円だった。これらの合計を出版市場の全体として計算すると、電子書籍は出版市場の6%弱を占めたということになる。

国内のスマートフォンの契約者数は、すでに5,000万件を超えている。電子書籍や電子コミックは、誰でもいつでも手軽に購入し、読むことが出来るものとなりつつある。コミックなどの分野で成長していくのは必然的なことだと言えるだろう。

電子書籍や電子雑誌の制作には、DTPで培ったデジタルコンテンツの製作・管理の知識や技術が必須である。また、印刷物とデジタルコンテンツの一元化も、印刷業界の重要な課題であると言える。

(JAGAT 研究調査部 千葉 弘幸 )

mautic is open source marketing automation