メニューを飛ばして本文へ

    cialis online

    プリント

    EPUB制作現場の実態と今後の課題 <制作担当者によるトークセッション>

    ※EPUB制作に取り組んだ経緯と制作実務、今後の課題

    2012年は、国内の電子書籍市場にとってエポックメーキングな年となった。
    インフラ整備を通じて電子書籍の普及を目指す出版デジタル機構 が設立されたこと、経済産業省の「コンテンツ緊急電子化事業 」(以下緊デジ)が実施され、20億円規模、約6万点の電子書籍制作がおこなわれたこと、楽天、アマゾン、アップルなど有力電子書籍ストアのサービスが相次いでスタートしたことが挙げられる。
    結果的に、さまざまな場面で電子書籍のユーザー(読者)が急増したことを実感するようになってきた。

    印刷業界でも、2012年になって初めてDTPデータからEPUB電子書籍コンテンツの制作業務に取り組んだ例が多い。EPUB3が規格化され、徐々に制作環境が整ったこと、緊デジ事業、有力ストアに対応するために必要とされたということだろう。

    今回は、実際にEPUB電子書籍の制作を担当した方々とのトークセッションを開催する。EPUB制作に取り組んだ経緯や印刷用データからEPUBに変換する作業フロー、体制、苦労した点など、制作者の生の声を聞き、今後の電子書籍制作の方向性を探って行きたい。

    開催日程・開催時間

    2013年06月17日(月) 14:00-17:00(受付は13:30より)

    詳細

    <構成と内容>(講師や時間割はやむを得ず一部変更する場合があります。)
       ■14:00-14:20    EPUB制作環境の推移
    株式会社三陽社 メディア開発室 田嶋 淳
       ■14:20-15:30   「EPUB制作に取り組んだ経緯と制作実務」
    有限会社 眺(ティアオ)代表 野知 潤一
    株式会社シーティーイー 新規事業推進プロデューサー 鎌田 幸雄
    株式会社三陽社 メディア開発室 田嶋 淳
    株式会社デンショク (登壇者未定)
       ■15:40-17:00    トークセッション
                              「EPUB制作の課題と今後の展開」 
    (同上)

    申込要項

    <会場>

    公益社団法人日本印刷技術協会 3Fセミナールーム
    (〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)


    <参加費>

    一般 5,000円(税込)/テキスト&グラフィックス研究会会員 無料


    <要項>

    FAXからの参加申込み
    申込書をプリントして必要事項をご記入の上、FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。


    PDF版の案内はこちら から

    参加費振込先
    参加費は、下記口座に開催日の2日前までに振り込み願います。
    (当日支払いも可能です)

    なお、お申し込み後の取り消しはお受けできません。
    代わりの方のご出席をお願いします.

    • 口座名:(社)日本印刷技術協会
    • 口座番号:みずほ銀行中野支店(普)202430

    問い合わせ先

    ●内容に関して
    (テキスト&グラフィックス研究会)TEL:03-3384-3113
    ●お申し込み及びお支払に関して
    (管理部(販売管理)) TEL:03-5385-7185