記事一覧

page
経営者が自ら取り組む商品開発とデザインへの取り組み  印刷業を取り巻くビジネス環境では、デザインの重度が増している。販売促進ツールをはじめとするBtoBや生活者を豊かにす

page
  page2020では国内最大級の展示会とともに、合計31本に及ぶセッションを通じて、テーマ「デジタル×紙×マーケティング for Business」を実現するためのヒントを提供する。

page
  page2020では合計31本に及ぶセッションのうちの3本を基調講演に位置づけ、テーマ「デジタル×紙×マーケティング for Business」への可能性と手法を評価する。

page
page2020カンファレンスでは、印刷メディアにとどまらず、デジタルも含めた幅広い領域をテーマに、各界の第一人者がココだけの話も含めたディスカッションを全12本で繰り広げます。

page
  page2020セミナーでは、印刷会社の「成長軸をつくる」「生産性を高める」を2大テーマに掲げ、新たな成長領域を睨んだ、デジタルとの連携、デザイン紙加工の強化から、今直面している働き方改革、人材不足・採用難等の解決策等、16セッションを実施する。

page
デザインには、確立されたセオリーがあり、それをしっかり理解しておけば、目的とする「情報を伝える」ためのさまざまなアイディアが創造でき、仕事の楽しさを実感できる。 

page
長い労働時間は、日本の産業界の体質 生産性向上は、印刷産業界に限らず日本の産業界全体で解決すべき課題だ。日本の労働生産性が先進諸外国と比較して著しく低いことは、周知の通り

page
印刷営業は企画提案力やビジネス構築力まで求められています。デジタルメディア、印刷加工技術、デザイン、マーケティングなど多岐にわたる知識を習得する必要があります。一方、顧客へ提案するためのベースとなるビジネススキルとして

研究調査
「ing 思想」とは、1970 年代後半から1980 年代前半において当時のJAGAT会長の塚田益男が提唱した印刷経営思想である。印刷需要が成熟化し、物的生産性の向上が必ずしも価値的生産性(売上、利益の向上)をもたらさないという予測をしていた頃の経営

page
新たなサービスを生み出すには、社外リソースの活用が求められる時代だ。工場をラボとして人と情報が集まる連携拠点にし、結果的に仕事をも引き付ける事例が増えている。工場は仕事をも生み出すことができる。ラボ化と連携による革新で復活した経営者が語る。