記事一覧

セミナー
印刷製品は多種多様だ。市場規模の縮小傾向の中、新しい印刷製品やビジネスチャンスをつくり出すことは、課題のひとつだ。現在、JAGATのセミナーでも「印刷製品のアイデア道場」を企画している。ビジネスチャンスを広げる上では、マーケティングが重要だ。捉え方

イベント
10月23日(水)にホテル椿山荘東京(文京区)において開催するJAGAT大会2019では、特別講演にすかいらーくグループの創業者にして日本の外食産業の礎を築いたレジェンドといわれる横川竟(きわむ)氏に登壇いただき、その60年に及ぶ商売と経営の経験で得た哲学をお話しいただきます。

研究会
~新技術と報道の機械化が変えるジャーナリズムの将来像~ 新聞発行部数の減少が続き、各社はデジタルメディアやデジタル印刷、新事業への進出などの対応を進めている。中でも導入の加速するAIなどの新技術はジャーナリズムの再構築を具体的に促していきそうだ。 各社の取組と新

研究調査
横浜市の金沢臨海部産業団地で、社屋を美術館に見立て、工場の廃材から創られたアート作品を展示する「会社まるごとギャラリー2019『熱〜パッション〜』展」が開催されている。

西部支社
製造業の形態には、受注生産と見込み生産の2種類がある。これら生産方法の違いを認識することで、その特徴や行程の要素について、より理解が深まる。

資格制度
印刷ビジネス人材像およびDTPエキスパートの役割の変遷とともに、これからの学びについて考えます。 組織の成果と個人のキャリアの方向性

研究会
ジャーナリズムに大きな変革の時が訪れている。 これまでのジャーナリズムは新聞の膨大な発行部数が人員と取材コストを支え、ニュースの質を担保してきた。しかし、止まらない新聞の発行部数減は新聞のみならず、業界全体の態勢変革を迫っている。 そんな中、注目を浴びているのがAIの活用である。未来のジャーナリ

セミナー
経団連が2018年10月に表明した「就活ルール撤廃」により日本の新卒採用状況は転換期を迎え、経団連と大学の合意により2022年新卒から通年採用へ移行する方向だ。日本の採用方

イベント
インターネットの出現により、マーケティングにおいて革命ともいうべきデジタルシフトが起こっています。印刷業界はこうした現実にどのように向き合い、対応していくべきか

協会情報
8月に開催した「JAGAT Summer Fes2019」では、2つの講演でDigital transformation(DX)がキーワードになった。DXはこの2~3年、よく目にするようになった。「DX」は、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリ