制作・デザイン系

 
2018年度 定期研修プログラム掲載セミナー 一覧

 制作・デザイン系講座

supervise.jpg管理職 general.jpg一般 relay.jpgライブ中継

 

52
制作・デザイン系講座(年2 回春・秋- 東京開催)
デザイン設計の基本セオリーgeneral.jpg
一目で伝わるデザインを実現するための基本
お客様の要望や意図を的確に視覚化するためには、デザインの役割を理解した上で情報を整理し、表現として再構築するための基本を理解する必要があります。
各要素の扱い方やレイアウト技法など、長年にわたって培われてきた基礎知識とともに、デザインの発想力を高めるコツについてもお伝えします。

【主な内容】
●デザインの要素のあつかい方
・形状と配置
★図形演習
・色彩の理論と感情
・文字の分類と組み方
・写真の種類
・図版の種類
●さまざまなレイアウト
・メディアと受け手の時間
・メディアによるレイアウトの違い
・タイポグラフィの基本
・紙面分割
・グループ化
・インフォグラフィック
・写真の使い方
●デザインの発想法とプレゼンテーション
・相反するベクトルで考察
・足すことの効果、引くことの効果
・意外性の効果
・意図や根拠のプレゼンテーション
★レイアウト演習

 
【講師】 大里 浩二(株式会社THINKSNEO 代表 アートディレクター)
【研修期間】  1日(6時間)
【受講費(税込)】 JAGAT 会員 22,000 円/ 一般 27,000 円 *テキスト代含む

 

53
制作・デザイン系講座(年1 回8月- 東京開催)
DTPオペレーションに必要な文字組の基礎を正しく学ぶgeneral.jpg
組版ルール ~基礎編~
DTPで品質が落ちたと言われる日本語組版の問題を2日間で学びます。長年にわたって培われた組版上のルールや習慣をその背景を含めて学び、美しい誌面づくりの基礎を習得します。タテ組とヨコ組、書籍と雑誌などの分野に分け、レイアウトの骨格である文字の扱い方解説します。DTPエキスパート認証試験の学習のためにお役立てください。
【主な内容】
●文字の基礎知識
書体とは/文字のデザイン/日本語と欧文(1バイト&2バイト)/記号類
●書籍と雑誌の違い
書籍タイプとは/雑誌タイプとは/ムックタイプとは
●ページ誌面のルール(タテ組とヨコ組)
マージンと基本版面の上手な決め方/基本フォーマットの決め方/扉の入れ方、作り方/見出しの分類と大きさ/柱とノンブルのルール/柱の種類とレイアウトとの関係/表組みの良し悪し/図版と写真の入れ方/キャプションとは/参考文献の入れ方
●「行」の組方ルール(タテ組・ヨコ組)
禁則ルール/句読点、括弧の組み方と処理/ルビの原則/傍線・傍点の組み方/日本語の中の欧文/日本語の中の数字(漢数字と欧数字)/誤った記号の使い方
●本文と前付け&後付けのルール

  
【講師】 大西 哲彦(日本エディタースクール講師)
【研修期間】 2日(12時間)
【受講費(税込)】 JAGAT 会員 36,720 円/ 一般 47,520 円

 

54
制作・デザイン系講座(年1 回8月- 東京開催)
ちょっと難しい組版原則を学ぼうgeneral.jpg
組版ルール ~応用編~
プロとして難度の高い組版の完成度を上げるために、DTP定番組版ソフトの機能をどのように活用すればよいかを解説します。「和欧混植、複数見出し処理、技術論文、総ルビ物、図版表組の多用、詩集・俳句・漢詩」等に焦点を絞り、それぞれの基本原則をしっかり学んでいただく組版レベルアップ講座です。
【主な内容】
●書籍組版の方法
正確な版面の作成/行中の調整/禁則の方法と考え方/ルビとブラ下げ組/タテ組とヨコ組
●和欧混植組版・欧文組版の基本
ヨコ組における混植/タテ組における混植/欧文書体の選択と日本語書体とのマッチング
●複雑な論文形式(複数見出しの組合せ、アプスト、著者名、脚注)
数式、化学式、単位記号の原則/図・表・式の侵入/段組、行ドリ、注の形式/キャプション・ネームの原則
●写真・図表の多用
大きな図と小さな図/表組みと罫線/罫線の種類/ネームの考え方
●詩集・俳句・漢詩
マージンと文字サイズ/行間・字間/日本語デザインと書体の選択/総ルビで出現するルビの応用

 
【講師】 大西 哲彦(日本エディタースクール講師)
【研修期間】 1 日(7時間)
【受講費(税込)】 JAGAT 会員 19,440 円/ 一般 23,760 円

 

55
制作・デザイン系講座(年1 回秋- 大阪開催
DTPに必要な文字組版の基礎general.jpg
印刷物からWebサイトまで参考になる必須知識
文字を入力し、紙面レイアウトを考えることは、プロでなくとも容易にできる時代になりました。しかし、プロとしての紙面作りには、プロとしての違いや品質が要求されます。「ボックス」にテキストを流し込んだだけでは日本語組版になりません。本講座は、DTPを実践するうえで必要な日本語組版の基礎を座学形式で学びます。お気軽にご参加いただけたら幸いです。
【主な内容】
●文字の基礎知識
書体とは/デザインにおける文字の要素/日本語と欧文(1バイト&2バイト)/単位/文字コード(JIS2004とUnicode)
●「行」の組方ルール(タテ組、ヨコ組)
禁則ルール/句読点、括弧の組み方と処理/ルビの原則/傍線・傍点の組み方/日本語の中の欧文、数字(漢数字と欧数字)/誤った記号の使い方
●ページ紙面のルール(タテ組、ヨコ組)
基本版面の上手な決め方/見出しの分類と大きさ/柱とノンブルのルール/注の種類とレイアウトとの関係/表の組み方
   
 
【講師】 加藤 早紀(株式会社モリサワ 本社ユーザサポート部 サポートセンター)
【研修期間】 半日(4 時間)
【受講費(税込)】大印工組合員・JAGAT 会員 14,040 円 / 一般 19,440 円 *テキスト、書籍3冊代込み

 

56
制作・デザイン系講座(年1回- 東京開催)

DTPデザイナー・DTPオペレータのための「Web制作基本講座」

これからWeb制作で押さえておくべきポイントを基礎から学びます
印刷とWebは強力な連携メディアとなりました。インターネットの仕組みからWeb制作の現場で必要とされる基礎知識をしっかりと学ぶことによって、DTPで培ったレイアウト知識や経験・スキルをさらに活かすとともに、効率的なワークフローを構築することが可能となります。
本講座では、これからWeb制作を手掛けるにあたり、小手先のテクニックだけではなく、押さえておくべきポイントを基礎から学びます。
【主な内容】
●インターネットの仕組みとトレンド
●WebサーバとWebブラウザ
●Web制作のワークフロー
●Webコンテンツ制作の技法(HTML&CSS)
●CMSを使ったサイト運用

以下のチェック項目にあてはまる方に最適です。
□DTPオペレータ、DTPデザイナー等、印刷が主業務でWeb対応をしている方で、Web構築から運用までの流れを知っておきたい。
□印刷、DTPの知識はあるけれど、Webのことは知らない方。
□インターネットやWeb制作の基本的な知識、最新動向を知りたい方。

  
【講師】 こもり まさあき(Webデザイナー/テクニカルライター)
【研修期間】 半日(4時間)
【受講費(税込)】 JAGAT 会員 12,960 円/ 一般 17,280 円

 

57
制作・デザイン系講座(年1 回夏- 大阪開催
初級者のための「Web基本講座」general.jpg
DTPデザイナー、DTPオペレーター、初心者にもわかりやすく
Webサイトは、印刷物同様に有力な情報発信メディアになり、かつ商用ツールです。印刷会社のクライアントからもWeb案件の相談や発注は、日々増えています。本講座は、インターネットの仕組みからWeb制作の現場で必要とされる基礎知識をわかりやすく解説します。はじめてWeb制作に取り組む方、またDTPから業務拡大などを検討している方は、Web制作の基本知識を学んでください。
【主な内容】
●Web制作基礎(前半)
WebとDTPの大きな違い/Web制作に必要なもの/Webの基礎知識(サーバ、ドメイン、デバイス、ブラウザなど)
●Web製作基礎(後半)
Webブラウザで閲覧できるファイル形式/Webブラウザでは閲覧できないファイル形式/動的サイトとプログラム、文字コード
●実務に向けた知識
Webサイトの種類と目的/Web制作のワークフロー、Web制作のトレンド
●運用 集客 効果測定
Webサイトの運用(集客、検索エンジン最適化、SNSなど)/アクセス解析(解析ツールの使い方、見るポイントなど)

 
【講師】 長尾 一矢(ICT株式会社 フロントエンドエンジニア)
【研修期間】 半日(4時間)
【受講費(税込)】 大印工組合員・JAGAT 会員 12,960 円/ 一般 17,280 円

 

58
営業・企画系講座(年2 回秋・春- 大阪開催
画像再現のプロを目指せ!general.jpg
Photoshopの製版機能をとことん学ぼう
本講座は、印刷会社の現場スタジオ(DAIMU GRAPHIC STUDIO)から、プロによるPhotoshopの画像処理、オペレータのための画像品質を解説します。現場の役割、機能やPhotoshopのバージョンにともなう製版機能の変化を分析し、Photoshopを利用する場合の製版上の注意点など、使いこなしていくためのプロとしての製版知識を学びます。またその周辺にある、色の測定、色差、インキの問題点、刷版管理などをPhotoshopでのデータ作りと関連付けながら解説します。

【主な内容】
●画像品質を左右するもの
<Photoshop製版機能>正しい理解と利用、製版機能の変化
画像修正、補正、レベル補正、トーンカーブ、解像度・・・など
●色の環境とは:オペレーション環境の注意点
Photoshopの色管理はどのように変化したか
●色の管理:色はどのようにして管理されてきたか、問題点は
色の濃度、色の違い、RGBとCMYKの共通の物差し(Lab)
●インキと色評価
●フィルム・刷版管理と品質
ドットゲインとは、測定と対策、管理用ルールと手法
●印刷品質のポイント
印刷品質管理のツール、印刷でも起こせるドットゲイン 他

 
【講師】 石田 善久(株式会社ダイム プリプレスグループ フォトクリエイティブリーダー)
【研修期間】 半日( 4 時間)
【受講費(税込)】 大印工組合員・JAGAT 会員 14,040 円/一般 20,520 円

 

59
制作・デザイン系講座(年2 回春・秋- 東京開催)
共感を呼ぶ色彩表現のルールgeneral.jpg
心をつかむ色彩表現をデザインに活かす
人々の共感を呼ぶ色の使い方には類型的に構築された技法があります。色彩が人間にもたらす心理的側面や役割、機能を整理し、用途に合わせた色彩表現のルールとコツを豊富な作例とともに解説します。

【主な内容】
●配色理論の歴史と分類
色彩の基本知識/色の分類
●消費者の心をつかむ色彩表現
色の視覚効果/配色技法の応用
●さまざまな理論的配色
調和する配色/強調する配色
●さまざまな感情的配色
感性に訴える配色
演習
 
 
【講師】 大里 浩二(株式会社THINKSNEO 代表 アートディレクター)
【研修期間】 1日(3 時間)
【受講費(税込)】JAGAT 会員・大印工組合員 14,800 円/ 一般 19,000円 ※テキスト代含む

 

60
制作・デザイン系講座(年1回夏- 大阪開催
実務に役立つ色の基礎general.jpg
なぜ、りんごは赤く見えるのか?営業から現場まで実務に役立つ「色」について解決します。
色の見え方は、照明光、被写体、観測者(目)の3点セットで決まります。したがって、同じ色の光でも、人によってそれあおれ目や脳が異なるので、同じ色を共有することはできません。このように色の見え方はいろいろな条件によって違うので、校正紙等を確認する環境も大切です。これら基本的な知識がないと、色についてのコミュニケーションが成り立ちません。本講座は目のしくみから色を構成する要素、波長、色差まで、知っておくべき色の基礎知識を徹底解説します。

【主な内容】
●色を構成する要素(なぜりんごは赤く見えるのか・・・)
●色と波長
●スペクトル曲線
●分光
●光源(蛍光灯、電球)
●目のしくみ(網膜、桿体、錐体)
●カラーマッチング
●色の数値化(XYZ刺激値、CIE色度図)
●色の違い、色差(Lab、△E)
●網点面積率とLab
●濃度と色差
●その他、印刷関連の話題(校正、Japanカラー)など
 
 
【講師】 中込 浩之(ビデオジェット・エックスライト株式会社)
【研修期間】 半日(4 時間)
【受講費(税込)】JAGAT 会員・大印工組合員 11,800 円/ 一般 15,120円