資格に興味のある方

DTPエキスパートとは

クロスメディアエキスパートとは

試験案内

書籍案内

受験希望者・有資格者の方

クロスメディアエキスパート

DTPエキスパート

確かな技術を裏付ける、DTPの共通知識基準

DTPエキスパートは「よい印刷物」「よい制作環境」「よいコミュニケーション」により「高いパフォーマンス」を実現する、印刷メディア設計のスーパーバイザーです。印刷物に関わるプランナーやデザイナー、エディター、セールスパーソン、オペレーターなど、立場が異なっていても目指すことは「よい印刷物をつくる」ことです。「よい印刷物をつくる」ために、印刷基礎知識やDTP知識、コンピューター関連知識を体系化し、「DTPエキスパートカリキュラム」にまとめました。このカリキュラムに掲載されている知識を習得することが、印刷物から情報メディア産業に携わる方々の「共通知識基準」です。DTPエキスパート認証制度は、質的な保証のために知識を習得した証を提供する制度です。

クロスメディアエキスパート

効果的なコミュニケーション戦略を練り、実現する

Information Technology(情報技術)の発展により、ビジネス環境が大きく変化しています。メディアを提供するビジネスでは、付加価値のある新たな取り組みが不可欠となっています。ビジネス戦略を理解し、複合的なメディア活用により、課題を解決できる人材が求められています。クロスメディアエキスパートとは、情報資源を複数の適切なメディアに展開することで、情報発信の相乗効果をもたらすことができる人材です。クロスメディアエキスパート認証制度とは、課題解決のためにクロスメディア戦略を立案し、情報のメディア展開を推進する、「メディア戦略のコーディネーター」を認証する、公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)が主催する認証試験です。