エキスパート認証制度とは?

DTPエキスパートとは

クロスメディアエキスパートとは

試験日程案内

対策講座案内

受験希望者・有資格者の方

クロスメディアエキスパート

DTPエキスパート

確かな技術を裏付ける、DTPの共通知識基準

DTPエキスパートとは、印刷物の目的と役割を理解し、最適な環境と工程で作り出す人材です。メディアが多様化する現在、各メディアの特徴を活かして、最終目的である成果をもたらすことが求められます。DTPエキスパートの出題範囲であるカリキュラムでは、印刷物製作においてこれを達成するために必要な知識を体系化し、メディアビジネスに携わる方々の共通知識基準としています。メディアビジネスに関わるあらゆる立場の方々がこのカリキュラムの内容を習得することで、印刷メディアの強みを活かしてあらたな価値を生み出すことを想定しています。

クロスメディアエキスパート

効果的なコミュニケーション戦略を練り、実現する

Information Technology(情報技術)の発達に伴い大きく変化したビジネス環境の中、メディアビジネスにおいては、受注型業務から提案型ビジネスへのシフト、付加価値のある新たな取り組みが不可欠となっています。
個別化した価値に柔軟に対応可能なデジタルツールと、訴求力を発揮する紙(印刷物)での情報展開を効果的に行うことにより、角度の高いマーケティングを実践することができます。
本制度は、メディアを活用してユーザー(顧客)の課題を解決するマーケティングソリューションを企画提案する力を育成する人材育成制度です。

資格制度