DTPエキスパートとは

エキスパート(Expert)を日本語訳すると、「専門家、熟練者、達人」などと訳されます。しかしながら、DTPエキスパート認証制度は、DTPの専門家や達人を認証するための制度ではありません。DTPに関連する業務において、要求される能力や知識は、時代と共に変化を続けます。「よい印刷物をつくる」上で必要なエキスパートは、印刷物に関わる各分野でのエキスパートです。DTPエキスパート認証制度は、プランナーやデザイナー、セールスパーソンなどが、DTPに関連する知識を理解し、パートナーとして活躍できる人物を育成することを目的としております。

DTPエキスパートとは

  • DTPエキスパートのススメ
    DTPエキスパートのススメ
    DTPエキスパートを取得するメリットを、経営側の視点からご紹介します。
    詳しく見る
  • キャリアパス
    キャリアパス
    DTPエキスパートを取得することで得られるキャリアパスをご紹介します。
    詳しく見る
  • 試験概要
    試験概要
    DTPエキスパートの試験概要をご紹介します。
    詳しく見る
  • 有資格者の声
    有資格者の声
    DTPエキスパートを取得したユーザーの声をご紹介します。
    詳しく見る

DTPエキスパートの役割

DTP環境の登場により、印刷業に捉われず様々な方が印刷物に関わるようになりました。DTPに関わる人々の経験や知識は様々であり、作法や意図、表現方法には、大きな差異があります。DTPに関する正しい知識を持ち、差異を埋める努力が必要になります。「よい印刷物」の実現に向け、ペーパーメディアのこれからを支えるスーパーバイザーがDTPエキスパートの大切な役割となります。
印刷分野に関わらず、コンピューターシステムのオープン化は、専門領域からの解放だけでなく、自力での運用を強いる傾向があります。DTPに関連する分野では、専門領域を超えた協力が、課題解決につながります。デジタルデータへの変換で不具合を生じているデザイナー、デザイナーの指定を理解しなければならないオペレーター、DTPについて説明を求められるセールスパーソン、DTPエキスパートは、この様な場面での活躍が期待されます。

DTPエキスパートの人物像

印刷には、プランナーやデザイナー、エディター、セールスパーソン、オペレーターなど、様々な職種の人々が関わっています。立場が異なっていても目指しているものは、「よい印刷物をつくる」ことです。
公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)は、「よい印刷物をつくる」ために、印刷の基礎知識や、DTPおよびコンピューター関連知識を体系化し、「DTPエキスパートカリキュラム」にまとめました。JAGATは、このカリキュラムに掲載されている内容を習得することが、ペーパーメディアやメディア産業に携わる方々の「共通知識基準」と考えます。DTPエキスパート認証制度は、質的な保証のためにDTPに関する知識を習得した証を提供する制度です。
DTPエキスパートは、「よい印刷物」「よい制作環境」「よいコミュニケーション」により「高いパフォーマンス」を実現する、印刷メディア設計のスーパーバイザーです。

方向を見定める知識

DTPの現場では、理想的なワークフローを追い求めるだけではなく、現実に生じている問題の解決が求められます。流動的に生じる問題により、目の前の事象に囚われることで、方向性を見失ってしまう傾向があります。日々の成果が蓄積され、着実に前進できるような、中期的な指針を持つことが望まれます。時代に左右されない戦略で、時代を乗り越える戦略の立案が必要です。そのためには、印刷物が何の目的で作成されるかを知り、「よい印刷物」の定義を理解し、最も効率の良い制作環境を計画し構築できる能力が求められます。

DTPエキスパート認証証の発行

DTPエキスパート認証試験の合格者には、DTPエキスパート認証証が発行されます。DTPエキスパート認証証は、対外的にDTPエキスパートであることを証明するIDカードです。2回以上の更新試験で合格基準を満たした合格者には、ゴールドカードが発行されます。ゴールドカード所有者は、セミナーの割引受講やイベントの無料参加などの特典を受ける事が出来ます。なお、6回以上の更新者にはブルーカードを発行し、ゴールドカード以上の特典が提供されます。