印刷ビジネスの未来に向けた取組やマーケティングビジネスの動向など、各々の立場からお話を伺い、ディスカッションを行う

新型コロナや世界的なエネルギー・食糧危機、円安傾向などは、われわれの社会生活やビジネスのあり方に大きく影響を与えている。
SDGsやCO2削減の取組も、喫緊の課題である。印刷ビジネスにおいても、コロナ以前への回復が厳しい状況が続いている。
情報発信の分野では、紙メディアからデジタルメディアへの転換や小ロット化が進んでおり、先行きの見通しが不透明である。
そこで、印刷ビジネスの未来に向けた取組やマーケティングビジネスの動向など、各々の立場からお話を伺い、ディスカッションを行う。

開催日時・形式

2022年8月30日(火) 14:00-17:15

リアル会場とZoomウェビナーでのハイブリッド形式

リアル会場での受講(先着8名様)をご希望の方は、web申込内、フォーム末尾の備考欄に希望の旨をご記載下さい。

配信URLは開催日前日にメールにてお知らせいたします。
資料がある講演につきましては、当日に該当資料のダウンロードリンクをメールにてご連絡します。
メールが届かない場合には改めて迷惑メールフォルダをご確認頂き、下記までご連絡をお願い致します。

研究調査部 印刷総合研究会担当
メール:
電 話: 03-3384-3113

講演内容

14:00-14:30

印刷ビジネスの未来について問題提起

公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)
専務理事
郡司 秀明

14:35-15:20

デジタル印刷時代の印刷会社経営

・デジタル時代に対応する印刷会社の事業例と対応しない印刷会社
・印刷会社の真のデジタル化とは

15:25-16:10

東洋美術印刷が提供するソリューション

・わかりやすいコミュニケーションをデザイン
・美術印刷、環境印刷、金融-保険ソリューション、マーケティングソリューション
・月刊誌「JAGAT Info」、デジタル印刷移行の取組

東洋美術印刷株式会社
代表取締役
山本 久喜 氏

16:15-17:15

質疑・ディスカッション

・オフセット印刷の動向:資材の高騰と小ロット化の進展への対策は?
・デジタルメディアと紙メディアの攻防:印刷会社にできること、印刷会社ならではの武器とは?
・マーケティングサポートビジネス、地域との関わり、印刷企業の改革

株式会社マーケティングサイエンスラボ 所長 本間 充 氏
東洋美術印刷株式会社 代表取締役 山本 久喜 氏
JAGAT特別研究員 笹沼 信篤
JAGAT専務理事 郡司 秀明

講演タイトル、講師、構成、時間割は、やむを得ず一部変更する場合があります。

申込要項

・印刷総合研究会メンバー(見逃し配信込):無料
・JAGAT会員:11,000円(税込)
・一般:15,400円(税込)

印刷総合研究会メンバー無料枠[ 一般:2名まで / 上級:3名まで / 特別:5名まで ] 追加参加者は1人につき11,000円(税込)
申込者以外の視聴、録画・撮影・録音・複製と二次利用は一切禁止します。(法的措置の可能性があります)
見逃し配信は研究会メンバー限定で、9/6~13の期間で視聴可能。申込者にはライブ配信終了翌週に視聴リンクを改めてご連携いたします。
お申込み期限は8/29のAM10:00までとなります。

問合せ

・研究会セミナーの内容に関して
  研究調査部 印刷総合研究会担当
  電話:03-3384-3113

・お申込み及びお支払いに関して
  管理部
  電話:03-5385-7185(直通)