印刷物の品質基本セオリーを学ぶ

掲載日:2017年7月28日

 ~何となく知っているを「分かる」に変える~

知っているつもりで意外と知らない印刷品質の基本
 

印刷物の良し悪しを判断することはなかなか難しい。それはクライアントニーズによって決まるのが原則だからだ。少し視点を変え、クライアントニーズを切り離し、「印刷技術」の領域から品質評価を見た場合はどうか。ドットゲイン、濃度、カラーバランス、コントラスト、トラッピング、ドライダウン等印刷品質を決定づける要因がいろいろある。印刷の立場から品質評価ができる目と知識を持つことは、印刷メディアのプロ(製造・営業)として重要である。品質評価要因をしっかりと技術的に理解することで、品質情報を広く深く読み取る力を養い、トラブルの事前防止、また企画への提言を行い、クライアントへの説明責任もスムーズ果たすことができる。実体験から身につけた「なんとなく知っている」ことから「原理原則をハッキリ学ぶ」ことで、プロとしての品質を見る目と知識を持っていただきたい。

●企画・営業・デザインの部門の方も押さえておきたい知識です!

本講座は、企画・営業・デザインの部門の方にも図やサンプルを使用して判りやすく講義をします。だれもが印刷物の品質についてしっかり学ぶことができます。印刷物制作の経験1年以上5年未満の方にお薦めしたい講座です。

 

開催日時

2018年12月5日(水)10:00~17:00

 

カリキュラム

●印刷品質の変化          
●「印刷品質」とは何か          
●光と色の基礎知識         
●印刷インキ
●印刷用紙
●オフセット印刷と印刷機
●製本加工の基礎
●印刷物の管理ポイント
●印刷トラブルについて


受講者の声


講師

yoshikawa.jpg(株)サンエー印刷 常務執行役員 研究開発部長
吉川 昭二

1957年東京生まれ。明治大学を卒業後、株式会社文祥堂入社、株式会社文祥堂印刷取締役を経て株式会社サンエー印刷入社。印刷会社に35年余勤務しプリプレス~印刷の品質管理やISO運用、製造工程の管理を行う。
JAGAT専任講師として、セミナーや全国印刷会社の企業診断・指導に携わり、分かりやすく歯切れのよい解説により、セミナー等では毎回好評を博している。また業界誌にも執筆を続けている。

対象

経験1~5年未満の企画デザイン、プリプレス、印刷部門および営業部門の方

定員

30名  (最少催行人数10名)

会場

公益社団法人日本印刷技術協会 セミナールーム
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費(消費税込み/1名)

JAGAT会員 18,900円 / 一般 25,200円

お申込み

●FAXでのお申込み


お申込書に必要事項をご記入のうえ、
03-3384-3216
までFAXにてお送りください。

参加費振込先
参加費は、下記口座に開催日の2日前までに振り込み願います。
なお、お申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

口座名:シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
口座番号:みずほ銀行中野支店(普)202430

内容に関して問い合わせ先
内容に関するお問い合わせはお気軽に下記までお寄せください。
CS部 セミナー担当 電話:03-3384-3411

お申し込み及びお支払に関して
管理部(販売管理担当)   電話:03-5385-7185(直通)

公益社団法人 日本印刷技術協会