第21期 プリンティングコーディネータ養成講座(全9回)

掲載日:2018年6月29日

顧客の伝えたい価値を幅広い印刷表現技術を最大限に活かして形にする 

「印刷の5大要素+one」

 

特殊印刷≠高付加価値(顧客からみれば何が価値か?)
技術者とクリエイターが上手く連携してクライアントの意図とオーディエンスの欲求を満たすことが重要です。
マーケティング感覚を持ち、技術者とクリエイターを結び付ける人材が必要とされています。
結婚で例えれば、仲人のような存在です。両方をよく理解して結びつけます。この結び付け方が上手くいけばいくほどシナジー効果は高くなります。

本講座は、原稿、版、印刷、紙、インキ+加工の「印刷の五大要素+one」の原点から印刷の強みを考え想像力を掻き立たせるカリキュラムです。
オフセット印刷から領域を広げ、特色ある素材、特殊印刷、加工な幅広い印刷・加工の世界に出会い、コーディネイトする力を養成します。
技術者とクリエイターを上手く連携させて顧客の意図とオーディエンスの欲求を満たしていきます。

 

開催概要

・開催期間:2018年10月から12月の9日間 全9回予定
・対  象:営業、企画 ・制作スタッフ、デザイナー、工務、管理者
・会  場:公益社団法人日本印刷技術協会(東京都杉並区和田1-29-11)および各見学会場
・講  師:現役で活躍されている各分野の専門講師陣
・定  員:15名 (最少催行人数5名)
・参加費(消費税込/1名):JAGAT 会員:220,000 円/一般:310,000円  
                *教材費を含んでおります(交通費除く)
 ※一定の要件を満たした場合、「人材開発支援助成金(旧:キャリア形成促進助成金)」の対象になります。

IMG_9809

■第21期「プリンティングコーディネータ養成講座」カリキュラム

月日 テーマ
10月【1回目】 幅広い印刷と加工技術の概要
価値を生む印刷手法と高付加価値ディレクション
10月【2回目】 印刷の品質管理のセオリー
品質アップと品質の安定化に必要な印刷知識:講義
10月【3回目】 デザイナーが考える
制作・印刷加工ディレクションのポイント
ワーク&講義
11月【4回目】 インキのバリエーションと基礎知識
インキ工場見学と講義
11月【5回目】 印刷・特殊加工を活かした表現への挑戦
立体表現とPOPによる提案事例:講義と工場見学
並製本と上製本のディレクション
:講義と製本工場見学
11月【6回目】 印刷用紙の基礎知識と特殊紙の効果的な活用
紙メーカー:講義と見学
クリエイターの発想、印刷、加工の特徴を生かす
チームワークとディレクション:講義と工場見学
12月【7回目】 特殊印刷、スクリーン印刷の可能性:講義と工場見学
12月【8回目】 伝える画像表現、撮影の現場
撮影スタジオ:講義と見学
特殊印刷/ 加工企画のディレクション:講義
12月【9回目】 顧客のニーズを満たすプリンティングコーディネイト
:講義とワーク

※記載内容は諸般の事情により変更となる場合もございます

 

パンフレットのダウンロードおよび詳細

第21期スケジュール(準備中)

講師(準備中)

パンフレットダウンロード(準備中)

お申込み書

 

お問い合わせ

公益社団法人日本印刷技術協会 CS部 教育サポートチーム 古谷(ふるや)
〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11   TEL 03-3384-3411 FAX 03-3384-3168

eメール seminar@jagat.or.jp

関連記事

●選ばれる印刷会社になる─プリンティングコーディネータのすすめ

●特殊印刷の可能性を引き出すクリエイティブワーク

●印刷の5大要素+ONEから考える品質のマネジメント