page」カテゴリーアーカイブ

過度に恐れず、やるべきことをやる

新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、イベントの自粛要請は継続されているが、JAGATのセミナーにおいては、感染予防の対策を講じた上で、受講者及び講師からの了解があれば、実施をしている。


page2020は感染防止対策を施していた

弊会主催イベントpage2020が行われた2月5日(水)~7日(金)の時点では、こうした自粛要請は行われてはいなかった。しかし、日本国内での感染が発見されており、また海外からの渡航者の入国制限も行われていない状況であったため、page2020の実施に際しては、展示ホールの各フロアの入り口にマスクと手指消毒液を設置する対応策を施した。その結果、出展企業を対象にしたアンケートでは、こうした対策に対し、一定の評価を得ることが出来た。


4月の新入社員養成講座も開催予定

3月下旬になり、JAGATセミナーの受講キャンセルの依頼は後を絶たない。しかしJAGATでは、page2020以降、一部セミナーを除き、pageイベントと同様の対策を施し、実施をしている。そして4月2日からの新入社員養成講座は、通信教育コースへの代替プランを用意しつつ、講座そのものの中止あるいは延期の予定はない(←6月以降に延期となりました)。 「自粛要請」があるからといって、新入社員に対しての貴重な教育の機会を奪ってよいのか、という思いがあるからだ。


大事な事は正しく恐れること

もちろん人命が最優先である。しかし新型コロナウイルスの収束時期が見えない中、現時点で講座の延期時期を確定することは難しい。ましてオリンピックのように1年というわけにはいかないであろう。受講申し込み企業の中には「何とか実施してほしい」という声もある。会場の換気を行い、参加者間の座席の距離を保ち、ディスカッションなどのも実施しないため、「3密(密接・密閉、密着)」の要件は回避しており、開催に支障はない。(JAGATにおける新型コロナウィルス感染症に関する対応策はこちらです。)

余談だが、先日、小学校の卒業式に参列した。参列者は制限され、いくつかのプログラムは削除される1時間弱の短い式だったが、子供たちが直前まで装着していたマスクを外し、校長先生から卒業証書を受け取る姿を見ることが出来た。過度に恐れることなく、リスクを背負い、最重要目的を見誤らず、適切な処置を施し、冷静に対応する姿勢に深い感銘を受けた。

(cs部 堀雄亮)

page2020 ご報告

2月5日(水)~7日(金)の3日間、開催いたしましたpage2020の来場者数です。

 

 

 

2/5(水):   19,040名(前回17,520名)

2/6(木): 22,030名(前回21,920名)

2/7(金):  26,140名(前回27,120名)

計:          67,210名(前回66,560名、100.9%)

 

おかげさまで、前回より来場者増となりました。また、pageイベントは、page2018から2年連続で来場者増加となります。

本当にありがとうございました。

 

尚、次回のpage2021は、

 

2021年2月3日(水)~5日(金)@池袋サンシャインシティ

 

で行います。どうぞよろしくお願いいたします。

(page事務局)

デジタル印刷が拓いたライト出版の拡大

page2020の二日目に基調講演として、「ライト出版市場の誕生と広がり」を開催する。 今回はライト出版の魅力、ビジネスとしての可能性について考える。

ライト出版が生み出す新たな印刷需要

同人誌と正規出版の間に新しい市場が拡大している。JAGATでは、このような領域をライト出版と呼び、注目している。

ライト出版では基本的に正規の出版社を通すことなく、書き手が自ら印刷会社に入稿、印刷し、会場で読者と対面しながら売っていく。こういった即売会自体は、コミックマーケットなどが有名だが、近年ではより幅広い様々なジャンルで即売会が行われるようになり、独自の市場を形成し始めている。

コミックマーケットの場合、扱っているコンテンツが趣味的なものが多く、同じ趣味を共有するもの同士が集まって活発な交流が行われている。対して、ライト出版では、より書き手の体験、スキルに根差した本が多い。コンテンツが変わればコミュニティの在り方も変わる。コミュニティそれぞれの違いがイベントの魅力となり、持続的に成長する原動力となっている。書店が減少する一方で増え続けているライト出版のコミュニティは、今後大きな市場を形成する可能性を持っている。

有力ライト出版の特色、利用のされ方

〈文学フリマ〉

ライト出版のパイオニアであり、文学をメインに扱う文学フリマは地域性の強いイベントとして知られている。100都市構想というもの掲げており、現在は札幌から福岡まで全国各地の8都市で毎年イベントが開催されている。

即売会のイベントは首都圏で行われることがほとんどだが、文学のコミュニティは全国にあり、どの地域で開催してもある程度の人数を集められる。一方、遠方からの参加者にとっても、宮沢賢治の縁の地を訪ねるなど、各地域の名所を回る楽しみがあり、一種のコンテンツツーリズムになっている面もある。

文学が長い歴史を持ち、様々な地域を舞台にしてきたからこそ生まれる裾野の広さ、豊かさが魅力となっている。

〈技術書典〉

技術書典は技術書を扱う即売会であり、急拡大している注目のコミュニティである。技術書の即売会が大きく成長した理由はいくつかある。技術書典で盛んに売買されている技術書は内容が専門的であり、正規出版で行うには想定できる部数が足りない場合が多い。また、技術は移り変わりが早いため、正規出版では間に合わない場合もある。また、出版社の本では、内容の間違いは大きな問題になるが、技術書典には間違える可能性を許すような、良い意味での緩さがあり、その分鮮度の高い情報が集まっている。こういった、正規出版にはない特徴が人を集める理由となっている。

技術書典では買い手よりも売り手の年齢が高い傾向がある。新しい分野に挑む若手が勉強に来ているのである。元々技術者のコミュニティでは勉強会が盛んに開催されており、先輩が後輩を教えるような文化がある。そのようなコミュニティの助け合いが本を介して行われている。技術書典は得難い役割を果たしているようである。

〈ビズケット〉

ビズケットはビジネス書を売買するライト出版のコミュニティである。ビズケットではなるべく薄い冊子を推奨している。ビジネス書では、本当は20ページあれば伝えられる内容だが、本の体裁にするために200ページ書いているという状況が度々ある。非正規の出版という特徴を活かし、短くても内容の詰まった冊子が売買されている。

 ビズケットは、参加者がビジネス目的で来場すること大きな特徴である。そのため、名刺交換も頻繁に行われる。ここからビジネスが始まる場合も多く、販売している冊子を自己紹介代わりにし、新しい仕事始まることもある。今後、飛躍が期待されるコミュニティである。

印刷会社の関わり方

page2020のカンファレンスでは、文学フリマ、技術書典、ビズケット、それぞれの運営者が実情と可能性を議論する。既存の出版は厳しい局面が続いているが、出版市場を支えていくためには本の書き手を支えていくことが第一である。既成概念にとらわれず、様々なアプローチを検討していきたい。

(JAGAT 研究調査部 松永寛和)

関連カンファレンス

2月6日(木) 10:00~12:00

【基調講演2】ライト出版市場の誕生と広がり ~縮小する既存出版の外側で膨らむ市場とどう向き合うか~

小売り・流通業における「デジタル×紙×マーケティング」と店舗販売の課題

キャッシュレスやスタッフレスなど、店舗の現場では大きな変革が進行している。人手不足や働き方改革など課題も山積している。
また、顧客コミュニケーションの面ではオムニチャネル志向が進展し、DMはがきや電子チラシ、SNSの活用も増えている。

page2020カンファレンス「流通小売における次世代販促と業務改善 <デジタル×紙×マーケティングの実践と店舗販売の課題>」では、 2020年のオムニチャネル・リテーリングとして、 小売り・流通業の最前線や店舗の現場で何が起きているかを、今後の解決策について議論をおこなう。

例えば、「移動販売」は高齢者などネットスーパーではカバーできないニーズのために、取り組みを始めたと言う。しかし、高齢者とは言え大半が キャッシュレス支払いだと言う。オムニチャネルの進展や販促手法、チラシ戦略などについて、ダイエーの吉岡氏に語っていただく。

出典:ダイエー:ニュースリリース

ダイエー/横浜市で「移動販売」開始(2019.11.11 流通ニュース)

また、近年、日本の味噌はヘルシーな発酵調味料として海外からも注目されている。味噌やこうじ製品からフリーズドライ味噌汁など、製品構成も多様化している。
国内有数の味噌メーカーであるハナマルキの平田氏には、現在のマーケティング戦略やブランディング戦略、さらにヒット商品「液体塩こうじ」「透きとおった甘酒」について解説していただく。

スーパーやコンビニなど店舗の現場で、実際の売り上げ構成を左右するのは、商品の陳列手法である。かつては、個人の勘と経験に左右されていたが、現在では棚割マネジメントソフトウェアを使用し、マーチャンダイジング、取引先や発注システムとのデータ連携に活用することが一般的となっている。
サイバーリンクスの牛見氏には棚割マネジメントから見える小売業・店舗の課題と解決策について解説していただく。

小売り・流通業における「デジタル×紙×マーケティング」の最前線や店舗販売の課題から、何が見えてくるのか。今後のマーケティング手法や販促戦略にどのような影響があるのか。最前線の当事者である方々に議論してもらう。

(JAGAT 研究調査部 千葉 弘幸 )

2月7日(金) 15:45~17:45
【CM4】流通小売における次世代販促と業務改善 <流通小売におけるデジタル×紙×マーケティングの実践と店舗販売の課題>