page」カテゴリーアーカイブ

オンラインの特徴を活かしたイベント対応と映像表現

page2021のカンファレンス・セミナーは全てオンライン開催となる。その対応とオンラインならではの映像表現について。

地域産業のオンラインイベント化

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。リアルで開催されていたイベントのオンライン化へ対応も注目されている。コロナ禍で打撃を受けた「めがねのまち鯖江」の眼鏡産業を元気づけようと、福井県鯖江市では、眼鏡のオンライン合同展示会が、1月14日に鯖江商工会議所で開かれた。朝日新聞デジタル1月19日号によれば、メーカー側がビデオ通話を活用し、小売店や客に商品をアピールするもで、商工議所とソフトウェア会社が共同開発した、顔認証で職人の情報を届けるスマホアプリの実証実験も行われた。軒並みリアルでの展示会が中止になる中、「オンラインで産地と客を直接つなぎ、鯖江産眼鏡を手にとってもらおう」と、メーカーや商工議所などがオンライン展示会を企画ものだ。眼鏡関連メーカーの職人が、東京の小売店とビデオ通話をつなぎ、めがねのかけ具合や見た目などをコミュニケーションするものだ。映像での対応に客の多くは驚きながらも、職人との会話を楽しんでいる様子だったという。普段では対話できない職人と消費者、ユーザーとの対面をオンラインで実現し、新しい機会、価値をつくったことになる。

映像を意識する。ビデオカメラをキャプチャーデバイスでPCにつなぐ。

イベントのオンライン化は、リアル対オンラインという選択することが重要ではなく、それぞれの特性を把握して、状況に合わせて上手く活用していくことが重要だ。新しいコミュニケーション手段を手に入れたと考える方が良い。何を使うではなく、何をどんな風に伝えたいかがポイントとなる。コミュニケーション手法としての映像と音による特性を生かすことだ。オンライン会議では、しばしばPCの内臓カメラで無防備な映像が流される場面がある。映っている本人が思っている以上に受けて側に強い印象を与えることがある。注意すべきところだ。映像と音をしっかり配信することを心掛けたい。

映像配信は、専門業者に丸投げをすればコストもかさみ、小回りも効かないことがある。外注でも構わないが、担当者や発注者は映像コンテンツについて理解を深めるが肝心だ。理解を深める中で、自分できる多くのことに気づくこともできる。例えば、オンライン会議においては、ノートPCに内蔵されているWebカメラをムービー用ビデオカメラに変えるだけでも大きく品質が向上する。画質やアングルが変わることで印象も変わる。ビデオカメラの映像をPCに取り込むには、キャプチャーデバイスが必要になるが、最近では比較的安価で手に入り簡単に取り付けることができる。もはや、業務用レベルでのスキルではなくコンシューマーが気軽に対応できる事柄だ。

※キャプチャーデバイスとは、カメラからの映像をパソコンに取り込むために利用するハードウェア。 最近はカメラとキャプチャーデバイスをHDMIケーブルで接続するタイプが多く、HDMIキャプチャーデバイスと呼ばれることもある。

動画コンテンツを上手く収録することや配信するコツは、単なる丸覚えやものまねだけではいけない。コンテンツをイメージし、どうしたらできるかを考えることがポイントだ。そして、やってみる、試してみることだ。今や動画コンテンツは身近なコミュニケーション手段だ。その気になれば、大企業に限らず中小企業や個人でも取り組むことができる。JAGATのpage2021も緊急事態宣言の中リアルを中止し、オンラインにシフトした。試行錯誤の繰り返しながらマイクの選択一つとっても自問自答を繰り返しpage2021オンラインとして配信される。

(CS部 古谷芸文)

【関連情報】

・page2021 オンライン 2月8日~28日開催 →入場登録(無料)はこちら        https://page.nikkeineon.jp/registration

page2021オンラインの“予習”に、『JAGAT info』1月号を

1月15日に『JAGAT info』2021年1月号を発行した。大里浩二氏(THINKSNEO)のデザインによる印象的なpage2021のポスターを表紙にしており、「リセット・ザ・フューチャー」のフレーズにふさわしい、疾走感のあるビジュアルに感嘆された方も多いのではなかろうか。
そのpage2021は、すでに各方面でお知らせしているとおり、残念ながらリアル展示会の開催は見合わせて、全てオンラインでの開催に振り替えることとなった。もともとオンラインでの開催も同時並行で準備していたとはいえ、34回目となるpage展の歴史の中でも初となることが多数あり、特に技術スタッフは試行錯誤を続けている。しかしそれも、視聴に訪れてくださるお客様のことを思えばこそ、もう一工夫しようと日々研究を重ねている次第である。

『JAGAT info』2021年1月号の巻頭には、塚田司郎JAGAT会長と郡司秀明JAGAT専務理事による新春対談を収録している。題して「『リセット・ザ・フューチャー』〜page2021の開幕にあたって〜」。この対談は、page2021で議論していく内容のいわば序章的位置付けであり、2020年を振り返りつつ、未来に向けての多種多様な論点を挙げている。page2021のコンテンツ視聴にあたっては、“予習”として、ぜひ事前に精読していただきたい。
また、page2021で催される有料のオンラインカンファレンスについて、同誌1月号では、そこで繰り広げられる議論のポイントについてをまとめている。“JAGATらしい”カンファレンスにするべく着々と準備を進めているので、こちらも奮ってご参加いただきたい。先行きがますます不透明となっている昨今において、重要な示唆が得られることだろう。そして、無料で視聴できる基調講演やミニセミナー、オンライン展示会なども細かくチェックしてほしい。2月いっぱい、page2021を存分に堪能していただけるはずだ。

page2021オンラインは、開幕まであと18日。どうぞご期待ください。

(JAGAT info編集部)

■page2021 視聴のお申し込みはこちらから → https://page.jagat.or.jp
■『JAGAT info』最新号の目次はこちらから → https://www.jagat.or.jp/magazine

page2021リアル展示会 中止決定の背景

2020年12月28日の仕事納めまで、page2021リアル展示会は開催の予定だった。

開催するリスクと中止するリスク

しかし年が明け、一気に潮目が変わった。 1月7日に発令された「緊急事態宣言」は、実はイベントの開催手法の制限はあるが、禁止ではないため、今日現在もpage2021の会場となるサンシャインシティにおいても、イベントは開催されている。またライブイベントなどと違い、BtoBビジネスショーであるpage展において、大声を出すことはほとんどない。また展示会場内の飲食は厳禁であるから、マスクを外す機会も少ない。しかし、pageイベントはひとえに来場者が多いイベントであり、業界の皆様にもそう認知されてきた。人が動き、集まれば、ウイルスの感染リスクは高まる。万が一、当イベントにかかわる方の命に関わることが起きたら…、さらにはクラスター発生…。事務局としては、ご出展の申し込みをいただいた企業様や、準備を進めてきた関係者の方々の努力を思うと胸が痛いが、苦渋の決断であったことをどうかご理解いただきたい。

周到に準備してきたオンライン展示会

一方、昨年6月ごろからオンライン展示会の開催準備を進め、9月24日にはリアル展示会&オンライン展示会の開催発表の説明会を行った。その時から一貫して「リアルも開催、オンラインも開催」と言い続けてきた。同時並行で準備を進めてきた結果、中止の発表と同時にWebサイトもオンライン展示会の仕様に切り替えた。またpage2021オンラインの出展企業には、元々リアル&オンライン双方に出展する企業とともに、リアル展示会の中止に伴い、速やかにオンラインへの出展に移行した企業も多い。リアル展示会用に準備した動画やカタログ、パンフレットの画像データはオンライン展示会に活用できるからだ。したがって、page2021オンラインはまだ出展を募集している。

在庫に戻ったポスターの束を見て思いついた盛り上げ施策

page展は、第1回のPAGE’88の開催以降、紆余曲折を経ながらも33年連続開催してきたが、オンライン開催は初めてとなる。その為には「page2021オンライン」の認知を上げる施策が不可欠となる。その一環として、「page2021ポスター貼って、撮って、送ってキャンペーン」をスタートした。これはpage2021ポスターを貼っていただく企業様(個人でもOK)を広く募集するものである。その掲載画像をお送りいただければ、page2021サイト上やJAGAT公式SNSにてご紹介させていただく。展示会場に貼ることが出来ず、廃棄せざるを得なかったポスターが、ご参加企業のエントランスや応接室に掲載され、それがWeb上に掲載され拡散していく。JAGATが2年以上前から掲げてきたスローガン「デジタル×紙×マーケティング」を体現した企画であるので、ぜひご協力をお願いしたい。

波は乗り越えるのではなく乗りこなす

先日、新型コロナウイルス感染者が初めて日本で発見されてからちょうど1年、という報道を目にした。誰も想像できない1年だったが、 ただヒヤヒヤしながら過ごしていたわけではない。 昨年2月には感染対策を施して「page2020」を開催し、page2021開催に向けてはオンライン開催の準備を並行してきた。これからさらなる第4波、第5波が来るかもしれないが、波は乗り越えるものではなく、次に来る波を見据えながら、上手く乗りこなすものである。開催手法も期間も大きく変わるpage2021にぜひご期待いただきたい。

<JAGAT CS部 堀雄亮>

page2021カンファレンスは全国どこからでも参加可能に!!

page2021 は2021年2月8日(月)~2月28日(日)にかけてWEB上にてオンラインカンファレンスを展開する。「リセット・ザ・フューチャー」をテーマにした基調講演、9本のカンファレンス、26本のミニセミナーを配信、職場や自宅など好きな場所から参加できる環境を用意する。
続きを読む

page2021基調講演と会場ミニセミナーをオンデマンド配信へ変更

page2021リアル展の中止(オンライン展は開催)に伴い、2月3日(水)~5日(金)の3日間で開催を予定しておりました、①基調講演「リセット・ザ・フューチャー」(2月3日 10:10~)、②JAGATプレゼンツミニセミナー(2月3日~5日)、③スポンサープレゼンツミニセミナー(2月3日~5日)の会場開催を中止とし、page2021オンライン展(2/8~28)でのオンデマンド配信へ変更いたします。
page2021オンライン展の事前来場登録(無料)をしていただけましたら、すべて無料でご視聴いただけます。ぜひ、下記Webサイトよりご登録をお願い申し上げます。

なお、「page2021のご案内DM」がお手元に届いている方は、「リアル展の中止」「基調講演と会場セミナーの配信方法変更」が反映されておりません。最新情報は「page2021公式Webサイト」をご覧ください。※「オンラインカンファレンス」に変更はございませんので,「page2021のご案内DM」からでもお申込みいただけます。

繰り返しになりますが、2月3日(水)~5日(金)の会場でのセミナー開催は行いません。page2021オンライン展内での、オンデマンド配信へ変更となりますのでご注意ください。

 

■page2021基調講演・ミニセミナー開催概要
page2021オンライン展示会内では、30本を超える基調講演、JAGATミニセミナーを無料でオンデマンド視聴できます。
———————————————————————
 視聴方法:オンデマンド配信
 配信期間:2月8日(月)~28日(日)順次配信
 申込方法:page2021オンライン展事前登録(無料)
 (URL)https://page.jagat.or.jp/online.html
———————————————————————-

各セッションのオンデマンド配信スケジュールは、下記となります。

 

【各種セミナーオンデマンド配信スケジュール】

基調講演

下記の基調講演は2/8(月)~2/28(日)の3週間page2021オンライン展にて視聴できます。

2/8(月)~2/28(日)

リセット・ザ・フューチャー

JAGATは、印刷ビジネスの近未来のキーワードを「デジタル×紙×マーケティング」と置いて活動してきた。しかし、新型コロナはビジネスそのものを根底から変えてしまうインパクトを持っている。 本セッションでは、JAGAT会長・副会長に専務理事を合わせた4人で、何が変わって何が変わらなかったか、with,afterコロナを見据えた印刷ビジネを考える。 「サービス産業指向」は頭では分かっていても、現実にどうするのか等、なかなか実行に移せないものだ。現実にどうするのか?にポイントを置いて議論していきたい。

スピーカー:JAGAT会長 塚田 司郎/JAGAT副会長 網野 勝彦/JAGAT副会長 森澤 彰彦

モデレーター:JAGAT専務理事 郡司 秀明

 

JAGATプレゼンツミニセミナー

JAGATプレゼンツミニセミナーは、以下の3つの期間に分けてpage2021オンライン展にてオンデマンド配信をいたします。期間外では視聴できませんのでご注意ください。

2/8(月)~2/14(日) 2/15(月)~2/21(日) 2/22(月)~2/28(日)
●RGB時代のアナログ的減色混合ルネサンス
多摩美術大学
非常勤講師 小宮山 陽一
●1冊からの伝票印刷「フロム1」
株式会社和歌山印刷所
専務取締役 百合川 壮
不確実な時代のビジュアルコミュニケーション
ゲッティイメージズジャパン株式会社
シニアマネージャー 宮本 哲也
●小さな会社がクラウドファンディングを有効活用するコツ
株式会社ノウト
代表取締役 高木 芳紀
LEDの機能性
インテックス株式会社
代表取締役 八木 穣
●オープンイノベーションとサービス3倍プロジェクト
大日印刷株式会社
代表取締役 太田 英伸
●この激動の時代における我が社の戦略
株式会社ライブアートブックス(大伸社グループ)
常務執行役員 辻田 和雄
●SDGsが注目される中「行動経済理論」で印刷サービス革新を
ナッジ株式会社
代表取締役 露木 聡
●DX 思考で大きく伸ばす「デジタル印刷」ビジネス
株式会社フジプラス
カスタマーマーケティングG 部長 江藤 直軌
●バーチャルキャラクターの有効性と活用例
株式会社スタジオ・エーワン
代表取締役 江原 常人
●共同印刷発の社内ベンチャーが手掛ける「キャッシュレス事業」の展開について
TOMOWEL Payment Service 株式会社
取締役 小島 昌也
●コロナ禍での営業職の価値
株式会社河内
営業部 岩本 朋晃
  ●消費者の売上データは嘘をつかない
株式会社EVOCデータ・マーケティング
CEO 石見 征也
 

 

スポンサーズプレゼンツミニセミナー

下記のスポンサーズプレゼンツミニセミナーはすべて、2/8(月)~2/28(日)の3週間page2021オンライン展にて視聴できます。

2/8(月)~2/28(日)
●page2021の見どころ(仮)
株式会社バリューマシーンインターナショナル
宮本 泰夫
未来を変える!新しい成果を生み出す仕事術!
主催 リコージャパン株式会社
Sorriso(ソリーゾ) 戸谷 有里子
iCE LiNKによる 後加工生産効率指標化
株式会社ホリゾン
木谷 孝則
●自動組版を成功に導く3原則
株式会社ニューキャスト
代表取締役 川原 正隆
商品情報管理の必要性と企業が抱える課題とは?
エコーインテック株式会社
取締役 尾頭 博雄
カタログのジャストインタイム生産
廣済堂 佐々木 徹郎/ SCREENグラフィック
ソリューションズ 中谷 路子
●ニューノーマルにおけるAIの活用法
株式会社N.ジェン
熊谷 一生
●収益を高める印刷DXの本質とは?!
株式会社グーフ
代表取締役CEO 岡本 幸憲
不確実な時代に打ち勝つ!今必要な印刷会社の受注拡大と生産現場の効率化
コニカミノルタジャパン株式会社
重野 直和
●紙媒体×デジタル!ここまで出来るQRコード活用
アララ株式会社
高田 美恵
医薬品・医療機器添付文書作成システム
PMDOC X(パムドック エックス)新機能のご紹介
ネクストソリューション株式会社
代表取締役 依岡 正明
デザイン性と統一感を両立させるフォント
タイププロジェクト株式会社
野村 渉
  ●コーポレートフォントとブランディング
タイププロジェクト株式会社
鈴木 功
 

※記載内容は諸般の事情により変更となる場合があります。※敬称略

page2021リアル展示会の中止とオンラインへの移行について

平素よりJAGATの事業にご支援賜り、誠にありがとうございます。
さて、来たる2021年2月3・4・5日に開催を予定していたpage2021リアル展示会でございますが、
1月7日夕刻に発出された政府の緊急事態宣言を受けまして、やむなく中止させていただくことになりました。

昨年末までは新型コロナウイルス感染対策を十分に施し、開催に向けて準備を進めてまいりましたが、この度の緊急事態宣言の趣旨に沿って、新型コロナウイルス感染の抑制に弊会としても協力したいと存じます。
開催にご協力いただきました出展社様、page2021を楽しみにされていた来場者の皆様には、謹んでお詫びを申し上げます。

なお、「page2021オンライン」は2021年2月8日(月)から2月28日(日)まで開催いたしますので、今回はそちらに注力して、第34回目となるpage(page2021)を成功させたいと決意を新たにしております。

リアル展示会で予定しておりましたミニセミナーなども、オンラインで配信いたします。
新型コロナの不安なしに、page2021を十分にご活用いただきたいと同時に、オンラインならではのコンテンツも用意していきたいと計画しておりますので、どうぞご期待ください。

(公益社団法人日本印刷技術協会 専務理事 郡司秀明)

 

 

【page2021】基調講演・カンファレンス情報を公開!!

 

page2021 では2021年2月3日(水)~2月5日(金)にかけて池袋サンシャインシティにてリアル展示会を、2021年2月8日(月)~2月28日(日)にかけてWEB上にてオンライン展示会とオンラインカンファレンスを行う。「リセット・ザ・フューチャー」をテーマに国内最大級の展示と、基調講演、26本のミニセミナー、9本のオンラインカンファレンスを開催する。
続きを読む

page2021オンラインのご利用にあたって

page2021オンラインのご参加にあたっては、以下の規約類が適用されます。必ずお読みになり、ご同意いただけますようお願いいたします。ご同意いただけない場合は、page2021オンラインにご参加いただけませんので、ご了承ください。

■page2021オンライン展示会利用規約

1. 定義

JAGATオンライン展示場利用規約(以下、「本規約」といいます)における用語の定義は、以下のとおりとします。

1. 「JAGAT」とは、公益社団法人日本印刷技術協会をいいます。

2. 「本サービス」とは、JAGATが運営する「page2021オンライン展示会」をいいます。

3. 「利用者」とは、本サービスを利用するために「JAGAT」に登録を申し込み、JAGATが登録を認めた個人又は法人をいいます。

4. 「本イベント」とは、本サービスにおいて配信される展示場、セミナーその他のイベントをいいます。

5. 「出展者」とは、本イベントにおいて展示ブースを出展する者をいいます。出展者は、展示ブースにおいて、自己の商品およびサービス等に関する資料および動画等のコンテンツを利用者に提供します。

6. 「本コンテンツ」とは、本サービスで配信される資料、動画、画像その他のコンテンツをいいます。

7. 「登録情報」とは、利用者が本サービスの利用にあたって登録した氏名、住所、メールアドレスその他の情報をいいます。

2. 本規約の適用

1. 本規約は、本サービスの利用に関する条件を定め、本サービスに関するJAGATと利用者等との権利関係に適用されます。本サービスをご利用になる際は必ず本規約をお読みになり、本規約にご承諾ください。

2. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、法令等により無効または執行不能となった場合であっても、規定の残りの部分は、継続して効力を有するものとします。

3. 利用者登録

1. 利用者は、JAGAT所定の方法で本サービスの利用を申し込み、JAGATがこれを承諾した時に本サービスの利用契約が成立します。

2. 本サービスの利用登録は無償です。

3. JAGATは、以下の場合に本サービスの利用を承諾しないことがあります。また、原則として利用者に不承諾の理由を開示しません。

3-1. 利用者が実在しない場合

3-2. 利用者が届け出ている住所、電話、メール等の連絡先に連絡が取れない場合

3-3. 登録情報に虚偽またはこれに類する不正確な内容の記載が含まれていることが判明した場合

3-4. 利用申込者が規約違反等によりJAGATが運営するサービスの利用を停止されたことがある場合

3-5. JAGATの業務の遂行上または技術上支障がある場合

3-6. その他JAGATが不適当と認めた場合

3-7. 18歳未満の利用申込者は、保護者の同意を得て本サービスの申し込みをしてください。

4. 利用方法

1. 利用者は、本サービスにおいて次の利用をすることができます。

1-1. 本イベントの参加申し込み

1-2. 本イベントの視聴・閲覧・許諾された本コンテンツの取得

1-3. 出展者との連絡先交換・メッセージ交換

1-4. 本イベント等に関するアンケートの回答等

1-5. その他本サービスにおいて許諾された利用方法

2. 本イベントは、天災地変、事故、火災、ストライキ、感染症の蔓延、通信障害、機器の故障その他のやむを得ない事情ならびに、JAGATおよび出展者の都合などの事情により、内容の変更、延期または中止される場合があります。この場合、原則として、利用者はJAGATに対して補償、代替措置等の提供を求めることはできません。

5. 本サービスの終了

本サービスの利用は、令和3年2月28日をもって終了します。

6. ユーザーサポート

本サービスに関するお問い合わせは、お問い合わせ用メールアドレスにおいて受け付けます。

7. 認証情報の管理

1. 利用者は、自己の責任において、本サービスにアクセスするためのメールアドレスおよびパスワード(以下「認証情報」といいます)を管理します。

2. 利用者は、自己の認証情報を第三者に利用させることはできません。自己の認証情報が第三者によって不正に使用されたと疑われる事態が発生した場合、直ちにJAGATに連絡してください。

3. 利用者の認証情報を利用した本サービスの利用やそれに伴う一切の行為は、当該利用や行為が利用者自身によるものであるか否かを問わず、利用者による利用および行為とみなします。

8. 登録情報

1. JAGATは、登録情報を、「公益社団法人日本印刷技術協会個人情報保護方針」にしたがって取り扱います。

2. 利用者は、登録情報に変更が生じた場合には、速やかにJAGATに所定の方法で変更をしてください。

3. 利用者が前項の変更を怠ったことにより不利益を被ったとしても、JAGATは一切その責任を負いません。

9. 知的財産権等

1. 本コンテンツの知的財産権等は、JAGAT、出展者またはこれらの者に利用許諾した当該コンテンツの正当な権利者に帰属します。

2. 利用者は、JAGAT、出展者の許諾がある場合を除き、本コンテンツを、ダウンロード、複製、公開、頒布、翻訳、翻案、その他の態様で利用すること(以下「不当利用」といいます。)はできません。不当利用には、本コンテンツをSNS等で配信することも含みます。

3. 前項の規定にかかわらず、本コンテンツにダウンロードボタンが付属している場合、利用者は当該コンテンツをダウンロードすることが可能ですが、ダウンロードを除く態様で本コンテンツを不当利用することはできません。ただし、本コンテンツの正当な権利者が特定の方法での利用を明示的に許諾した場合、利用者は許諾された方法での利用が可能です。

4. 利用者が前二項に違反した場合、当該本コンテンツの権利者が、当該違反行為を差し止める権利、ならびに、当該行為によって同権利者が被った損害の賠償および利用者が得た利益相当額を利用者に請求することができる権利をそれぞれ有することを、利用者は了承するものとします。

10. 禁止事項

1. 利用者は、JAGATの書面による事前の承諾なしに、本規約上の地位、本規約に基づく権利もしくは義務の全部もしくは一部を第三者に譲渡し、引き受けさせ、または担保に供してはなりません。

2. 利用者は、本サービスの利用に関して、以下の行為を行うことはできません。

2-1. JAGAT、出展者、他の利用者その他本サービスに関連する一切の者もしくは他者の権利を侵害する行為または侵害するおそれのある行為

2-2. 他者を差別、誹謗中傷する行為または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為

2-3. 第三者になりすまして本サービスを利用する行為

2-4. 他者に対して本サービスを貸与または販売する行為

2-5. 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段により他者の個人情報を収集する行為

2-6. 他者の設備または本サービス用設備(JAGATが本サービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウェアをいい、以下、本規約において同様です)の利用もしくは運営に支障を与える行為

2-7. 本サービスの不具合や障害を不正な目的で利用し、またはそれを他者へ伝達する行為

2-8. 本サービスの運営を妨害する行為、JAGATの信用を毀損し、もしくはJAGATの財産を侵害する行為または他者もしくはJAGATに不利益を与える行為

2-9. 法令および公序良俗に違反する行為

2-10. その他JAGATが合理的な理由に基づき不適切と判断する行為

11. 利用停止

1. JAGATは、利用者が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知を要することなく、本サービスの利用の停止および退会をさせることができます(以下、あわせて「利用停止等の措置」といいます)。

1-1. 利用者による本サービスの利用に関し、他者からJAGATにクレーム・請求等が行われ、かつJAGATが必要と認めた場合

1-2. 第10条(禁止事項)に違反した場合または違反するおそれがあるとJAGATが判断した場合

1-3. 前号のほか本規約に違反し、JAGATがかかる違反の是正を催告した後、合理的な期間内に是正されない場合

1-4. 本サービスの利用が一定期間認められない場合

1-5. その他JAGATが利用停止等の措置が必要と判断した場合

2. JAGATは利用停止等の措置に関する質問・苦情等に回答する義務を負いません。

3. 利用者が本規約に違反したことによりJAGATが損害を被った場合、JAGATは被った損害の賠償を当該利用者に対して請求できます。

4. JAGATが利用停止等の措置をとったことにより利用者に損害が発生したとしても、JAGATは一切責任を負いません。

12. 本サービスの変更および中止等

JAGATは、システムの改修・保守、通信障害および機器の故障その他のやむを得ない事情により、利用者に事前の通知をすることなく、本サービスの全部または一部を一時停止する場合があります。原則として、利用者はJAGATに対して、これに対する補償を請求することはできません。

13. 免責および損害賠償

1. JAGATは、本サービスの提供にあたってJAGATの責めに帰すべき事由に基づき利用者に損害を与えたとき、JAGATに故意または重大な過失がある場合に限り、利用者が現実に被った通常の損害に対して賠償をする責任を負います。

14. 準拠法と合意管轄

JAGATと利用者との間で、本規約に基づくまたはこれに関連する訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。また、本規約に関する準拠法は、日本法とします。

15. 本規約の変更

1.JAGATは、利用者の一般の利益に適合する場合の他、本規約の変更が本サービス利用契約の目的に反せず、変更の必要性、変更内容の相当性など諸般の事情に照らして合理的なものである場合には、利用者の承諾を得ることなく、本規約の内容を変更することができます。

2. JAGATは、本規約を変更する場合、利用者に対し変更後の内容および効力発生日を周知します。

                               以上

                         2020年12月15日制定

■公益社団法人日本印刷技術協会個人情報保護方針

個人情報保護方針

公益社団法人日本印刷技術協会は、従来より個人情報の重要性を認識しております。

協会としての個人情報保護方針を定め、自主的ルールおよび体制を確立させ、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、今後も個人情報の適正な取扱いに努めてまいります。

1.個人情報の範囲について

当協会の事業活動やサービス提供の過程で取得した、個人を特定できる情報を範囲とします。

具体的には、当協会が事業活動やサービス提供の過程で、書面、電子媒体、ウェブ等により取得した、当該個人を識別できる情報を個人情報保護の対象範囲とします。

2.個人情報の利用目的について

当協会の事業活動やサービス提供の過程で取得した個人情報を、研究調査・研究会・セミナー・通信教育・書籍刊行物販売・イベント・資格認定の各事業における名簿作成・配布およびダイレクトメール作成送付、アンケート送付、成績管理、受講・受験管理、有資格者管理などの事業活動およびサービス提供とこれに付随する業務を行う目的の範囲内での利用といたします。

3.個人情報の取得方法について

当協会の事業参加のお申し込みなど当協会事業活動やサービス提供の過程で、氏名、連絡先、勤務先等の個人情報を書面、電子媒体、ウェブ等を介して取得します。

4.委託先の管理・監督について

利用目的の遂行のために業務を委託する場合があります。この場合、個人情報の取り扱いに関する覚書を交わし、適正な管理・監督をおこないます。

5.第三者への提供について

原則として個人情報を第三者に提供することはありません。

ただし、ご本人の同意を得た場合または法令の定めがある場合はこの限りではありません。

6.個人情報の管理について

保有している個人情報については、不正アクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏洩等を予防するため合理的な安全対策を講じます。

個人情報保護規程や体制を継続的に見直し、改善に努めます。

問題が発生した場合は遅滞なく是正措置を講じます。

7.個人情報の訂正・削除・開示について

本人から開示・訂正・利用停止等の求めや、苦情・問い合わせがあった場合には、適正に対応します。

当協会が保有する個人情報の取り扱い、および訂正・削除・開示等に関するお問い合わせ先は、以下の通りです。

【個人情報保護担当窓口】

    公益社団法人日本印刷技術協会 管理部

       電話03-3384-3111  E-Mail: Webmaster@jagat.or.jp

※ 本方針は予告なしに改訂することがあります。定期的にご確認下さいますようお願いします。

■出展者への情報提供について

利用者がpage2021オンラインにおいて下記の利用をした場合、ご入力いただいた個人情報は、公益社団法人日本印刷技術協会から出展社に提供されます。

出展社は、この情報を用いて製品やサービス、セミナーなどのご案内をします。

出展社における個人情報は、当該出展社の責任で保管・利用されますので、各社のプライバシーなど詳しい情報は、直接出展社にご確認いただけますようお願いいたします。

①出展社ブースページ内で「名刺交換」機能を利用した場合

②出展社ブースページ内で「アンケート」機能を利用した場合

③出展社ブースページ内で「お問い合せ」機能を利用した場合

④チャット画面内で、出展社の求めに応じて個人情報を提供した場合