経営の見える化「制作現場編」【大阪開催】

掲載日:2016年9月5日

導入企業の事例から学ぶ収益改善に向けた取り組み 
オーダーメイドのモノづくり企業である印刷会社が利益を上げていくためには、今まで管理が困難とされていた制作部門の「見える化」が重要です。しかし、導入しても運用がうまくいかなければ、効果が上がらないのが「見える化」の特徴です。
本講座では、導入・運用が難しいとされている制作・クリエイティブ部門の「見える化」を導入、実践している先進デザイン会社から、導入の背景やシステム構築、運用面の方法等を解説していただきます。また、デザインというお金に換算しづらい工程の価値を高め、顧客に費用対効果を訴えていく道筋などもお話しします。
「デザインは感覚で、扱いづらい」という認識が強いなか、それを打開していく考え方や過程、運用方法、社員教育に至るまで貴重な事例を紹介します。
ぜひ自社ビジネスのヒントとしてお役立てください。
 


開催日時

2017年11月16日(木) 15:00-17:30

詳 細

♦ 印刷会社経営について
♦ 制作現場のディレクションとは?
♦ ディレクター・マネージャーの役割・考え方
♦ ものではない「デザイン」の扱い方
・デザインの捉え方を変える(デザインは感性ではない)
・良いデザインとは何か
♦ 制作現場の「見える化」
・各仕事の標準(物差し)をつくる
・時間管理の考え方、運用
・社員教育(等制制度)、スキルアップ
・モチベーション(評価制度)
・成長する組織づくりとは

講 師

金川 咲紀 氏
 (株式会社アイディーエイ 岡山本社 デザインコンサルティング部)
後藤 佑紀 氏
 (株式会社アイディーエイ 東京支社 デザインコンサルティング部)
藤原 崇史 氏
 (株式会社アイディーエイ 東京支社 デザインコンサルティング部)

※アイディーエイは、岡山に本社を置き、大阪、東京などを拠点にパッケージ、Web、グラフィックデザインおよびデザインコンサルティングを手がける約50名のデザイン会社。デザインマネジメントを中心に課題解決と顧客満足を提供する先進企業です。

対 象

印刷会社の経営者、経営幹部、制作部門、企画・編集部門のマネージャー、ディレクター、リーダーなど

定 員

30名(最少催行人数5名) 

会 場

大阪印刷会館セミナールーム (大阪府大阪市都島区中野町4-4-2) 
大阪環状線桜ノ宮駅より 徒歩5分

参加費

(消費税込み/1名)
JAGAT会員・大印工組合員 10,800円 / 一般 12,960円


お申込み

Webからのお申込み
Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、お申込みください。

FAXでのお申込み


お申込書に必要事項をご記入のうえ、06-6353-5020までFAXにてお送りください。

参加費振込先
参加費は、下記口座に開催日の2日前までに振り込み願います。
なお、お申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

口座名:シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
口座番号:みずほ銀行中野支店(普)202430

内容の問合わせは下記へご連絡ください
公益社団法人日本印刷技術協会 
西部支社 
TEL. 06-6352-6845/FAX. 06-6353-5020

お申し込み及びお支払に関して
管理部(販売管理担当)   電話:03-5385-7185(直通)