イベント」カテゴリーアーカイブ

過度に恐れず、やるべきことをやる

新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、イベントの自粛要請は継続されているが、JAGATのセミナーにおいては、感染予防の対策を講じた上で、受講者及び講師からの了解があれば、実施をしている。


page2020は感染防止対策を施していた

弊会主催イベントpage2020が行われた2月5日(水)~7日(金)の時点では、こうした自粛要請は行われてはいなかった。しかし、日本国内での感染が発見されており、また海外からの渡航者の入国制限も行われていない状況であったため、page2020の実施に際しては、展示ホールの各フロアの入り口にマスクと手指消毒液を設置する対応策を施した。その結果、出展企業を対象にしたアンケートでは、こうした対策に対し、一定の評価を得ることが出来た。


4月の新入社員養成講座も開催予定

3月下旬になり、JAGATセミナーの受講キャンセルの依頼は後を絶たない。しかしJAGATでは、page2020以降、一部セミナーを除き、pageイベントと同様の対策を施し、実施をしている。そして4月2日からの新入社員養成講座は、通信教育コースへの代替プランを用意しつつ、講座そのものの中止あるいは延期の予定はない(3月27日現在)。 「自粛要請」があるからといって、新入社員に対しての貴重な教育の機会を奪ってよいのか、という思いがあるからだ。


大事な事は正しく恐れること

もちろん人命が最優先である。しかし新型コロナウイルスの収束時期が見えない中、現時点で講座の延期時期を確定することは難しい。ましてオリンピックのように1年というわけにはいかないであろう。受講申し込み企業の中には「何とか実施してほしい」という声もある。会場の換気を行い、参加者間の座席の距離を保ち、ディスカッションなどのも実施しないため、「3密(密接・密閉、密着)」の要件は回避しており、開催に支障はない。(JAGATにおける新型コロナウィルス感染症に関する対応策はこちらです。)

余談だが、先日、小学校の卒業式に参列した。参列者は制限され、いくつかのプログラムは削除される1時間弱の短い式だったが、子供たちが直前まで装着していたマスクを外し、校長先生から卒業証書を受け取る姿を見ることが出来た。過度に恐れることなく、リスクを背負い、最重要目的を見誤らず、適切な処置を施し、冷静に対応する姿勢に深い感銘を受けた。

(cs部 堀雄亮)

「デジタルマーケティングと融合する印刷の新たな可能性」  JAGAT中部大会2020  2020/1/23開催

デジタルマーケティングテクノロジーの成熟、オムニチャネルへの本格的な取り組みなど、広告主やマーケッターたちが生活者と実施するコミュニケーションには大きな変化が出てきている。マーケティング活動がよりデジタルにシフトする中で、印刷メディアにはどのような価値が求められているのか? このニーズに印刷サービスはどのような変化・進化で応えるべきなのか?

毎年恒例のJAGAT中部地区の集い「JAGAT中部大会2020」は、2020年1月23日(木)に名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)において「Print Doors 2020」第56回光文堂新春機材展と併設で開催。
その特別講演には、IT技術をデジタル印刷とつなげるAPIサービスを展開するgoofの岡本幸憲氏を招き、「デジタルマーケティングと融合する印刷の新たな可能性」と題した講演を行う。

岡本氏はデジタル印刷について「そもそもPODって誰が作った言葉?デジタル=多品種小ロットと定義したのは誰?結果デジタルは儲からないと誰かが言い出し、印刷業界は社会の動きに反しデジタルvsアナログ、オフセットvsPODと対立構造で捉え、サービスを製造視点で見ることしかせずにデジタルの未来や可能性をきちんと議論してこなかった」と問題提起する。

マーケティングの世界では、デジタル化でコミュニケーションのダイレクト化はますます加速し、オムニチャネルが進む。したがってオムニメディアが必要となる中で、デジタルと組み合わせた紙の施策は効果があることが実証されている。
さらに、マーケッターやブランドオーナーたちは、デジタルメディアだけの限界を認識しており、プリントメディアでさらに高いROIをセレクティブに実現したいと思っている。

そうした中で、印刷会社は「今一度デジタル化される社会・市場の未来を想像してみる」べきで、製造のデジタル化ではないデジタル社会の本質を考え、デジタルで勝てる組織・チーム作りしていくためにはどうすべきなのか。

岡本氏には、デジタル印刷テクノロジーの本質と、積極的にユーザーのデジタル資産と”コネクト”することで成長を成し遂げている先見的なサービスプロバイダーの事例を紹介しながら、デジジタルトランスフォーメーションが加速する中で未来型の印刷物が、また印刷会社がどのような価値創造を実現できるのかを紹介してもらう。

なお、JAGATt中部大会翌日の1月25日(金)には、ジョイントセミナー「情報の収集・分析とアイデア発想法~顧客に選ばれる企画提案作成のための必須プロセスをワークで学ぶ」をメディアージュ愛知にて開催する。

(CS部 橋本 和弥)

<関連情報>
JAGAT中部大会2020&ジョイントセミナー 2020年1月23~24日開催

JAGAT近畿大会2019

印刷業界を取り巻く環境は、今世紀に入り激変しました。いつの時代にも変化は必ず起こりますが、自社の経営悪化を環境のせいにしていては経営改善できません。
続きを読む

「実践!デジタル×紙×マーケティング」~JUMP中国・四国2019、JUMP九州2019開催報告

JUMP東北(9月6日)に続き、今年度JAGAT地域大会の第2弾JUMP中国・四国2019を9月27日(金)にアドバン@貸し会議室(広島市中区)において、第3弾のJUMP九州2019を10月19日(金)に福岡印刷会館(福岡市博多区)で開催した。

JUMP中国・四国は38人が参加、中国地区印刷協議会会長の中本俊之氏(中本本店)の開会の辞に続き、JAGAT副会長の網野勝彦(研文社)の挨拶で幕を開けた。同様にJUMP九州は21人が参加し、JUMP九州企画推進メンバー代表の大迫雅浩氏(宮崎南印刷)の開会の辞と、JAGAT会長塚田司郎(錦明印刷)の挨拶があった。

今年度、講演会の第1部は、JAGAT研究調査部部長の藤井建人による「印刷ビジネスの最新動向」で、JAGATの最新調査研究レポート「JAGAT印刷産業経営動向調査2019」や「印刷白書2019」を踏まえ、各種統計から読み解く業界動向や、アンケート等でわかる印刷の経営戦略、ビジネスの方向性についの解説を行った。

第2部特別講演では、アビームコンサルティング/アウトブレインジャパン顧問の本間充氏が「実践!デジタル×紙×マーケティング~今こそ印刷ビジネスの新たな利益の源泉を発掘しよう」と題し講演した。

長年の花王におけるデジタルマーケティングの経験から、生活者のデジタル化によりマーケティングの考え方そのもののが変化しているが、実はマーケターや広告主がそれを理解していないこと。一方で、印刷会社も紙メディアが進化して、もやはデジタルメディアになっていると言ってよいのに、自らはそう思っていないことの指摘から始まった。

そして豊富な「デジタル×紙×マーケティング」の実践例、成功事例を挙げて、これから向かうべき方向は“未知・未踏の世界”なのであり、われわれはマスマーケティングの崩壊=「大量印刷終了」と理解しなくてはならず、その象徴としてゴミ箱に行かないチラシを提案することを考える必要がある。すなわち“未知・未踏”を考え、実践してこそ新たな「発掘」につながると締めくくった。

第3部ではJAGAT専務理事の郡司秀明と本間氏が対談形式で、「デジタル×紙×マーケティング」のビジネスについて議論し、全体総括とした。

次回はJAGAT近畿大会を11月29日に太閤園において開催する。10月に開催したJAGAT大会(椿山荘)で、とても刺激を受けたと高い評価をいただいた本間氏と、AIソリューションを提供するSENSY(株)代表取締役CEOの渡辺祐樹氏によるディスカッションを、さらにバージョンアプさせて再現するのでご期待いただきたい。

(CS部 橋本 和弥)

【JAGAT近畿大会2019】
~「デジタル×紙×マーケティング for Business」で仕事づくりを追求!~

・開催日:2019年11月15日(金) 15:00~19:20
・会場:太閤園

AI技術が切り開くジャーナリズムの未来像とは

ジャーナリズムに大きな変革の時が訪れている。

これまでのジャーナリズムは新聞の膨大な発行部数が人員と取材コストを支え、ニュースの質を担保してきた。しかし、止まらない新聞の発行部数減は新聞のみならず、業界全体の態勢変革を迫っている。 続きを読む

「商売に定年なんてない」~JAGAT大会2019(10/23)特別講演

10月23日(水)にホテル椿山荘東京(文京区)において開催するJAGAT大会2019では、特別講演にすかいらーくグループの創業者にして日本の外食産業の礎を築いたレジェンドといわれる横川竟(きわむ)氏に登壇いただき、その60年に及ぶ商売と経営の経験で得た哲学をお話しいただきます。 続きを読む

JUMP九州2019&ジョイントセミナー 10/19(土)開催

インターネットの出現により、マーケティングにおいて革命ともいうべきデジタルシフトが起こっています。印刷業界はこうした現実にどのように向き合い、対応していくべきか。

 

JAGAT九州地区の集い
JUMP九州2019&ジョイントセミナー
2019年10月19日(土)開催
会場:福岡印刷会館

インターネットの出現により、マーケティングにおいて革命ともいうべきデジタルシフトが起こっています。
印刷業界はこうした現実にどのように向き合い、対応していくべきか。
JAGATは昨年来、世の中のデジタルシフトが進展する中で印刷のビジネスチャンスを切り拓くためには、デジタルVSアナログの二極対決路線ではなく、マーケティング情報と印刷の連携・融合が必要であるとし、“デジタル×紙×マーケティング”をスローガンとして掲げています。
今回のJUMP九州では、このテーマをさらに追及し、よりビジネスに直結させて“飯のタネ”となるよう、豊富な実践例を交えて情報提供するとともに、新たな印刷の成長戦略を考える場として展開いたします。

主催:公益社団法人 日本印刷技術協会 協力:九州地区印刷協議会

JUMP九州企画推進メンバー *五十音順・敬称略
池田 輝幸[南日本印刷材料(株)]/ 岩永 健[(有)正文社印刷所]/ 江口 正悟[(株)ディーエスエー]大迫 雅浩[(株)宮崎南印刷]/ 尾形 晴義[(有)文化プロセス]/ 笠木 信吾[極東印刷紙工(株)]木下 直哉[西部印刷企画(株)]/ 儀保 至[丸正印刷(株)]/ 藏原 宏行[(有)藏原印刷]
古賀 照也[アド印刷(株)]/ 貞末 宏治郎[(株)博巧印刷]/ 下地 義人[みなみ印刷]/ 森山 昴紀[(株)九大印刷]

 

————————————————————————————————————————————

JUMP九州2019ジョイントセミナー
“ デジタル×紙 ” を武器に経営戦略に新たな一手を!
「新たな売上構築に導くデジタル戦略と印刷会社の役割」
~印刷会社だからこそできる“デジタル×紙”の推進~

開催日時

10月19日(土)10:30~12:30

対象

 経営者および経営幹部、各部門管理者・リーダーなど

講師

   後藤 佑紀 氏
    (株)アイディーエイ 
    デザインコンサルティング部セクションリーダー/デザインコンサルタント

 

 

主旨

経産省と特許庁が昨年「デザイン経営」宣言を出して話題となりました。それは、デザインを活用した経営手法により、ブランド力向上とイノベーション力向上を通じて企業競争力の向上を図るものとされています。規模の大小を問わず、世界の有力企業がデザインを戦略の中心に据えており、実際に成果を上げていますが、日本ではまだ経営者がそれを有効な経営手段とは認識していないと問題提起しています。
本講座では、その重要性に注目が集まっているUXDESIGN(UX=User Experience・ユーザエクスペリエンス)、すなわち「ユーザー体験をどのように作るか」をO2Oで考える内容となっており、自社の競争力を高めると共に、顧客のブランド戦略に貢献するための武器を身につける機会としてご提供します。
紙以外の売上構築を“デジタル×紙”の活用で考えましょう。

主な内容

・印刷会社になぜデジタル戦略が必要なのか
・UXDESIGNとは ※UX=User Experience
・ブランド戦略型WEBデザインとは
・デジタルと印刷の融合 O2Oを可視化する
(戦略マップと顧客感動、ユーザー体験の可視化)
・デジタル戦略事例紹介
・ワークショップ:戦略マップの作成方法

 

JUMP九州2018ジョイントセミナー参加申込要項

■会場:福岡印刷会館
福岡市博多区築港本町6-1 TEL092-271-2700

■参加費:JAGAT会員、九州地区印刷協議会傘下組合員 7,700円(税込)

◆1社でセミナー、JUMP両方参加の場合(セット特別割引)
・ジョイントセミナー 6,160円(税込)/JUMP九州 7,040円(税込) 
 *両方お申込みの場合、参加者は別の方でも何名様でも割引価格を適応します
 例)1社でセミナーに2人、JUMPに2人の場合6,160円×2+7,040円×2=26,400円

■お申込方法:
申込欄に必要事項をご記入の上、そのままFAXにてお申込みください。お申込みと同時に参加費をお振り込みください。お申込確認後に、参加票を送らせていただきます。
*お申込み後の取消はお受けできません。恐縮ですが代理の方の参加等でご対処ください。


お申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお送りください。

● 振込先・・・・・・・・シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
● 口座・・・・・・・・・みずほ銀行中野支店(普)202430
● お申込み締切・・・・・2019年10月16日(水)
● 内容問合せ先・・・・・日本印刷技術協会JUMP2019事務局 03-3384-3112

 

————————————————————————————————————————————

JUMP九州2019
“デジタル×紙×マーケティング for Business”

                                       for Business

 

■開催日時:10月19日(土)14:00~19:10

■プログラム:

※記載内容は諸般の事情により変更される場合がございますので、予めご了承ください。

オープニング
14:00~14:15
【開会の辞】
大迫 雅浩 氏

JUMP企画推進メンバー代表/(株)宮崎南印刷 代表取締役社長
【ご挨拶】
塚田 司郎
JAGAT会長/錦明印刷(株) 代表取締役社長

JAGATからの報告

14:15~15:00

「印刷ビジネスの最新動向2019」
解説:藤井 建人 JAGAT研究調査部部長

最新動向を産業・市場・メディア・経営の4視点からデータで捉えるとともに、印刷ビジネス周辺のトレンドについても解説。業界と印刷経営の将来を考えます。

休憩 15:00~15:10

特別講演
15:10~16:30

「実践!デジタル×紙×マーケティング
  ~今こそ印刷ビジネスの新たな利益の源泉を発掘しよう
」 
解説:本間 充 氏 
   アビームコンサルティング/アウトブレインジャパン 顧問

デジタル×紙×マーケティングの必要性は、理解されました。では、この領域に展開する場合、どのような事業があるのでしょうか?また、広告主、事業主は、現在の印刷・紙で、できることをきちんと知っているのでしょうか?広告主、事業主と向き合うことで、「デジタル×紙×マーケティング」はどの印刷会社もできます。そのヒントとアイディアについて、豊富な事例を交えながらお話ししていただきます。

<主な内容>
(1)復習「デジタル×紙×マーケティング」
(2)デジタル×紙×マーケティング実践例
(3)問題は、印刷会社にも、お客様にも
(4)未知・未踏の領域「デジタル×紙×マーケティング」

休憩 16:30~16:40

総括
16:40~17:10

本間 充氏 × 郡司 秀明 for Business 

JAGATが提唱する“デジタル×紙×マーケティング ”の本質とは何かをJAGAT専務理事の郡司が解説しつつ、本間氏との対話を通じて、今後の印刷業界が利益を生み出すために何をすべきか、進むべき方向性について展望します。

情報交換会
17:50~19:10

懇親パーティー
*懇親会会場:福岡サンパレス

■会場:
【JUMP九州2019】福岡印刷会館 福岡市博多区築港本町6-1 TEL092-271-2700
【懇親会】福岡サンパレス 福岡市博多区築港本町2-1

■参加費:
JAGAT会員、九州地区印刷協議会傘下組合員
【JUMP九州2019】  8,800円(税込)
◆1社でセミナー、JUMP両方参加の場合(セット特別割引)
・ジョイントセミナー 6,160円(税込)/JUMP九州 7,040円(税込) 
 *両方お申込みの場合、参加者は別の方でも何名様でも割引価格を適応します
 例)1社でセミナーに2人、JUMPに2人の場合6,160円×2+7,040円×2=26,400円


お申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXにてお送りください。

● 振込先・・・・・・・・シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
● 口座・・・・・・・・・みずほ銀行中野支店(普)202430
● お申込み締切・・・・・2019年10月16日(水)
● 内容問合せ先・・・・・日本印刷技術協会JUMP2019事務局03-3384-3112

 

JAGAT Summer Fes 2019開催報告

日本印刷技術協会は8月22日(木)、23日(金)の2日間にわたり、東京都杉並区のJAGAT本社で「JAGAT Summer Fes 2019(夏フェス2019)」を開催し、2日間で延べ1,711名が来場した。

講演、セミナー、ワークショップあわせて49セッションを実施

JAGAT Summer Fes2019は、今回で3回目の開催となり、前回の夏フェス2018から引き続き「デジタル×紙×マーケティングfor Business」をテーマに2日間で49本の講演、セミナー、ワークショップで構成した。

3Fのセミナールームでは、様々な業種の企業のマーケターとして、あらゆる施策を構築、実行してきた経験を持つ方々に登壇いただく特別講演を2日間で5セッション実施した。聴講が有料であったにもかかわらず、多くの方にご来場いただき、マーケティング施策への関心の高さがうかがえた。また8月22日(木)17:00~は文藝春秋取締役の濵宏行氏の講演「出版の過去、現在、そして未来」、8月23日(金)17:00~は、ピースオブケイク代表取締役の加藤貞顕氏の「デジタルコンテンツの集まる街『note』の今とこれから」を実施した。出版業界の現在と未来をつなぐ両社の話は知己に冨み、講演後の名刺交換には長蛇の列ができていた。

ミニセミナーを併催し盛況だったfor Businessゾーン

ご協賛企業による展示ブースを設けた会場は、夏フェス2019のテーマから「for Businessゾーン」と名付け13社が出展した。また同ゾーンでは、出展企業主催によるミニセミナーを2日間で18本実施した。事前登録の段階で定員を大きく上回り複数開催となったセミナーや、当日参加の来場が増えたため、立ち見となるセミナーも出て、活気のあるゾーンとなった。


来場者の2 / 3以上が複数セッションを受講

夏フェス2019参加者数(セミナー参加者、展示コーナー参加者、プレス含む)

  • 初日 916名
  • 2日目 795名
  • 合計 1,711名

夏フェス2019の参加者においては、2本以上のセッションを受講した方の割合が68.5%となり、前回から6ポイント近く増加した。今回、大幅にセッション数を増やすとともに、近しいテーマのセッションは連続して開催するプログラムを組み立てたことにより、連続しての受講も増え、その結果64.5%の実参加率に繋がったと言える。またイベント特設webサイトの累積PV(ページビュー)も、前回のおよそ1.5倍となった。

JAGAT Summer Fes 2019 開催の御礼

「JAGAT Summer Fes 2019(夏フェス2019)」は盛況裡に終了いたしました。酷暑、そして2日目は雨の降る中での開催でしたが、前回を上回る方にお越しいただき、本当にありがとうございました。

3回の開催を経て、「JAGAT Summer Fes」というイベントの骨格は出来上がりました。第1回を開催した時から「冬はpage、夏はSummer Fes」となる事を目標にしてきましたが、夏フェス2019では、弊会の本社社屋の施設をフル活用し、ご来場いただいた方々が、それぞれの会場を行き来する姿を見ることが出来、それに近づけた実感があります。

また当イベント毎年恒例のバーベキューパーティーには、直前セッションの参加率が高かったこともあり、これまでにないほどの方にお越しいただき、準備した食材、飲み物が全て無くなりました。近年大きな問題となっているフードロスもゼロ!というノルマも達成し、主催者として胸をなでおろした次第です。

(JAGAT Summer Fes 事務局)

JAGAT大会2019

JAGAT大会は、毎年開催している年に一度の会員大会です。2019年10月23日に開催する「JAGAT大会2019」では、これからの経営・マーケティング戦略について考えていきます。参加者にはJAGATの最新刊 『印刷白書2019』 をお持ち帰りいただきます。

続きを読む