出題範囲

クロスメディアエキスパート認証試験の出題範囲は、クロスメディアエキスパートカリキュラムに準じます。

クロスメディアエキスパートカリキュラム(2012年8月21日)

クロスメディアエキスパートとして、プロジェクト全体を見渡し、様々な業種や職種のビジネスパーソンとコミュニケーションをはかるためには、幅広い知識と経験が必要である。公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)では、様々な専門家と意見を交わし、クロスメディア戦略を実現する上で必要な知識を体系化し「クロスメディアエキスパートカリキュラム」としてまとめた。

1. コミュニケーション概論

コミュニケーションの基礎やメディアの特徴、メディアの利用習慣について理解し、メディア特性やコンテンツ特性、その問題点について把握する。

1‐1.コミュニケーション基礎

(1)バーバルコミュニケーションに関すること
  視覚情報,聴覚情報,言語情報 など

(2)ノンバーバルコミュニケーションに関すること
  ジェスチャー など

(3)コミュニケーションの種類に関すること
  対人コミュニケーション,集団コミュニケーション,マスコミュニケーション など

(4)ビジネスコミュニケーションに関すること
  要素,種類,ビジネスメール,ファシリテーション,
  インタビュー,交渉,プレゼンテーション,危機管理 など

(5)発想法に関すること
  仮説思考,KJ法,NM法,ブレーンストーミング など

(6)思考法に関すること
  演繹法,帰納法,論理的思考(ロジカルシンキング) など

(7)カウンセリングに関すること
  概念,傾聴 など

1-2.メディア基礎

(1)メディアリテラシーに関すること
  メディアリテラシー論,フィルタリング など

(2)マスメディアに関すること
  特徴,ビジネスモデル,市場動向,メディア特性 など

(3)パーソナルメディアに関すること
  特徴,メディア特性 など

(4)ミドルメディア(インターネット)に関すること
  特徴,ビジネスモデル,市場動向,メディア特性 など

(5)ネットワーク社会に関すること
  特徴,電子マネー,ビジネス機会,情報格差,
  ユビキタス,ネットワークサービス,電子政府・電子自治体 など

(6)ユニバーサルデザインに関すること
  アクセシビリティー,ユーザビリティー に関すること

(7)複合利用に関すること
  ニューメディア,マルチメディア,ワンソースマルチユース,クロスメディア など

(8)その他のメディアに関すること
  ウェアラブルコンピューター など

1-3.コンテンツ基礎

(1)コンテンツ産業に関すること
  特徴,ビジネスモデル など

(2)コンテンツの要素に関すること
  文字,画像,音声,動画 など

(3)デジタルコンテンツに関すること
  特徴,ビジネスモデル など

2.経営概論

企業の概況を掴むために、経営に関する基本的な指標や手法、用語について把握する。 基本的なマーケティング手法について理解し、事業展開に必要な管理手法や法令について把握する。

2‐1.経営管理基礎

(1)経営理念に関すること
  経営理念,社是,ビジョン,ミッション,コーポレートアイデンティティ など

(2)経営目的に関すること
  単一目標論,多目標論 など

(3)経営目標に関すること

(4)経営方針に関すること

(5)企業の社会的責任に関すること
  コーポレートシチズンシップ,CSR(Corporate Social Responsibility) など

(6)経営計画に関すること
  総合計画,部門計画,個別計画,期間計画,
  戦略的計画,戦術的計画,ローリングプラン,コンティンジェンシープラン など

(7)意思決定に関すること
  マネジメント,意思決定プロセス など

(8)経営戦略に関すること
  ドメイン(事業領域),資源展開,競争優位性,企業戦略,
  事業戦略,機能戦略,環境分析,成長戦略,
  競争戦略 など

(9)技術経営に関すること
  イノベーション など

(10)組織に関すること
  構成原理,構造論,活性化,運営,
  リスクマネジメント,情報技術の活用 など

2‐2.マーケティング基礎

(1)戦略的マーケティングに関すること
  マーケティングマネジメント戦略,近視眼的マーケティング,
  ソーシャルマーケティング戦略,競争市場戦略 など

(2)消費者行動に関すること
  AIDMA,AIDA,AISAS,AISCEAS,
  ファネル理論 など

(3)マーケティングリサーチに関すること
  定量調査,定性調査,観察調査,クラスター分析 など

(4)プロモーションに関すること
  プッシュ戦略,プル戦略 など

(5)顧客維持に関すること
  顧客満足度,CRM(Customer Relationship Management) など

(6)その他のマーケティングに関すること
  マーケティング分析,インターナルマーケティング,
  口コミマーケティング(WOMM), 情報技術の活用 など

2‐3.経営工学基礎

(1)生産管理に関すること
  購買・原材料の在庫管理と払出,生産計画,
  工程管理,品質管理,出荷管理,在庫管理,
  原価管理,開発計画,生産管理手法 など

(2)プロジェクトマネジメントに関すること
  概要,PMBOK(R) など

2‐4.企業会計基礎

(1)財務諸表に関すること
  貸借対照表,損益計算書,キャッシュフロー計算書,連結決算 など

(2)会計基準に関すること
  企業会計原則,原価計算基準,連結財務諸表原則 など

(3)原価管理に関すること
  損益分岐点,原価計算 など

(4)資金調達に関すること
  株式,社債 など

2‐5.企業法務基礎

(1)知的財産権に関すること
  産業財産権,著作権,知的財産権の保護と国際化 など

(2)その他の法令や契約に関すること
  e文書法,電子消費者契約法,特定商取引に関する法律,月賦販売法,
  個人情報保護法, 電子署名法,不正アクセス禁止法,
  オンライン・トラスト・マーク,プログラム使用許諾契約 など

3.情報技術概論

主要情報技術や歴史について、その概要を理解し、情報技術のクロスメディア利用について把握する。情報資産の管理手法についてもふれ、クロスメディアを支える複合利用のための技術について把握する。

3‐1.IT(Information Technology)基礎

(1)ITの進展に関すること
  マイクロエレクトロニクス革命,コンピューターの変遷,標準化,
  システムの信頼性 など

(2)ネットワークに関すること
  通信の歴史,OSI7階層モデル,機器,インターネット,
  無線技術,ネットワーク管理者,不正アクセス,不正アクセスの対処方法 など

(3)セキュリティ技術に関すること
  暗号化,バイオメトリクス,特定認証業務に関する認定制度 など

(4)文字に関すること
  常用漢字表,表外漢字字体表,改定常用漢字表,外字,
  文字コード,フォント など

(5)文書フォーマットに関すること
  PDF(Portable Document Format)概要,PDF/X など

(6)マークアップ言語に関すること
  HTML,SGML,XML,DocBook,XAML など

(7)画像に関すること
  解像度,フォーマット,図形データ など

(8)音声に関すること
  サンプリング,量子化,音声フォーマット など

(9)映像に関すること
  動画フォーマット など

(10)データ圧縮技術に関すること
  可逆圧縮,非可逆圧縮 など

(11)データベースに関すること
  DBMS(DataBase Management System),リレーショナルDB,SQL など

(12)コンテンツ管理に関すること
  コンテンツ管理システム,メタデータ,著作権管理 など

(13)電子書籍に関すること
  ビューアー,フォーマット など

(14)記録媒体に関すること
  CD,DVD,Blu-ray,SDメモリーカード など

(15)システム/ソフトウェア開発に関すること
  RFP(Request For Proposal),要求定義,要件定義,基本計画,
  外部設計,内部設計,プログラム設計,プログラミング,テスト など

(16)コンテンツ開発に関すること
  開発フロー,コンテンツ設計,オーサリング,オーサリングツール など

3‐2.デジタルプリンティング基礎

(1)特徴に関すること
  方式,ワークフロー,オンデマンド,主な用途,付加価値 など

(2)DPS(Data Print Service)に関すること
  対象業務,対象印刷物 など

mautic is open source marketing automation