更新試験

認証期間は2年間

クロスメディアエキスパート認証制度の認証期間は2年間です。認証期限は、合格時に送付されるIDカードに記載されています。
認証を維持するためには、更新試験を受験し基準を満たす必要があります。
更新試験は、情報のクロスメディア展開に必要となる知識の拡充や、情報資産活用の促進、また、有資格者の方々の活動で、有用な資格制度であり続けることを目的としています。

CBT(Computer Based Testing)の採用

受験形式は、知識補充のための択一式での出題(50問程度)と、短文レポートをCBT(Computer Based Testing)形式で実施します。
取り組みには、インターネット接続環境にあるPCが必要となります。
推奨環境詳細につきまして、下記よりお確かめください。
CBT方式更新試験推奨環境

更新試験対象者

次期2019年9月度更新試験は、第4期(07年8月)、第8期(09年8月)、第12期(11年8月)、第16期(13年7月)、第20期(15年8月)、第24期(17年8月)に合格した、クロスメディアエキスパートの方々が対象となります。
更新対象者の方々には、更新試験の約2ヶ月前に案内を送付します。

受験料

5,100円(税込)
※2019年9月までの受験料です。

申請方法

手続き方法は、下記よりご覧いただけます。
更新申請・受験方法

更新試験専用サイト

(2019/9/2 10:00~オープン)
https://expert.mc-plus.jp/exam/

CBT形式更新試験の取り組み方

  • 操作画面説明を必ずよく確かめてからお取組みください。
  • エキスパートID(XXXX-XXXX)および試験開始数日前にご登録メールアドレスあて送付される「専用パスワード」にてログインしてください。

結果発表

所定の試験サイトで判定・表示
合格された方には、試験完了の約2ヶ月後に認証証を郵送します。

受験料領収証について

お振込みいただいた際の振込明細書等は、領収書の代わりの書類として正式に認められています。
ご勤務先での費用精算や、ご自身の確定申告等に際して受験料領収の証が必要な場合は、振込明細書をご利用ください。

再取得制度

資格の認証を失効した場合、再取得・認証を行う「再取得制度」を用意しています。「再取得制度」の詳細につきましては、「こちら」をご覧ください。

クロスメディアエキスパート
出願・更新希望の方はこちら

資格制度