受験上の注意

第51期試験用

会場について

3月6日頃に郵送される受験票をご参照ください。

※自動車での来場は、ご遠慮ください。(試験会場に駐車場は、ありません。)

試験当日に持参するもの【受験票を必ずお持ちください。】

筆記用具:鉛筆またはシャープペンシル、消しゴム

電卓:演算以外の機能があるものは使用不可、ケータイやスマートフォンなどの電卓機能は、使用不可

※試験会場で筆記用具及び電卓の貸し出しは行いません。

受験票:「確認票」は、切り離さずお持ちください。

※受験票が無い方は、受験できません。
※所定の写真を必ず、「確認票(提出用)」に糊付けしてください(セロハンテープやクリップは不可)。
※受験票に記載されている「氏名」、「連絡先」等に誤り(漢字の誤字を含む)や、変更がございましたら、事務局までご連絡のうえ、「確認票」を訂正し、試験当日に提出してください。(訂正がない場合、誤った内容が結果通知や認証証に反映されます。)

試験のスケジュール

実施日時:3月17日(日) 13:00~17:40(予定)

※受付はありません。直接会場へお入り下さい。
※「確認票」は、試験会場で回収いたします。

12:30~    入室開始
13:00~13:10 第1部試験ガイダンス1
13:10~15:10 第1部試験(120分)
15:10~15:30 休憩(20分)
15:30~15:40 第2部試験ガイダンス
15:40~17:40 第2部試験(120分)

注意事項

  • 試験開始より30分以上の遅刻(13:40以降)は、受験放棄とみなし試験会場への入室を認めません。
  • 解答方式は、マークシートです。
  • 下敷きの使用は、禁止します。
  • カンニング行為や大声を出すといった行為は、受験不適格とみなし、受験資格をはく奪し、直ちに退場していただきます。
  • 試験問題に関する質問には、回答いたしません。
  • 体調不良の場合は、着席のまま挙手の上、試験官の指示に従ってください。
  • 体調不良の場合を除き、試験開始後1時間以内は席を離れることはできません。
  • 試験終了5分前以降についても席を離れることはできません。退室を希望する場合は、挙手の上、試験官の許可が必要です。なお、再入室は、認められません。
  • 試験問題と解答用紙は回収します。終了時間になりましたら、試験問題に解答用紙を挟み、机の上に置き指示があるまでお待ちください。
  • 試験問題と解答用紙の提出が無い場合、失格となり、以後の受験をお断りします。
  • 指定講座会場以外、試験会場へ直接のお電話は、対応いたしません。
  • 試験当日の緊急なご連絡は、(公社)日本印刷技術協会(TEL:03-3384-3115)、または各指定校までお問い合わせください。

学科試験について

  • 試験問題と解答用紙には、「氏名」と「受験番号」を正確に記入してください。解答用紙の受験番号欄についても、必ずマークをしてください。
  • マークシート方式を採用しています。解答は、黒の鉛筆またはシャープペンシルで〇部分をはみださないようにマークしてください。
  • 試験は5つのカテゴリーに分け、採点を行います。合格基準を満たすためには、すべてのカテゴリーで80%以上の正答が必要です。
  • 試験終了後、試験問題も回収します。

マークシート方式による解答の注意点

  • 採点はOMR(Optical Mark Reader)による、光学的にマークを読み取るマークシート方式です。解答用紙を折り曲げたり、汚したりすることで、正確な読み取りが不可能になります。受験者の起因により読み取りが不可能な場合は、不合格となります。
  • マーク箇所を修正する場合は、きれいに消去したうえで、新たなマークしてください。3.受験番号に誤りが無いよう、必ず確認をしてください。受験番号のマークについても必ず行ってください。
  • 試験は1部と2部で構成されています。解答用紙は、2種類あります。

実技試験(課題制作)について

実技試験(課題制作)の素材(データ)は、試験当日に配布する要項に記載されたWebサイトからダウンロードしていただきます。課題の提出は、指定されるWebサイトへ、指定のデータ形式でアップロードしていただきます。WebサイトのURLやアップロード方法などについては、試験当日に配布する資料をご参照ください。

合否発表について

  • 受験票の控えは、大切に保管してください。
  • 5月下旬に、合格者の受験番号を当Webサイトで発表します。
  • 試験結果通知は、6月初旬に各受験者宛に発送する予定です。転居する場合は、資格制度事務局までご連絡ください。
  • 電話による合否の問い合わせについては、対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

DTPエキスパート
出願・更新希望の方はこちら

資格制度