研究会」カテゴリーアーカイブ

『ロウソクの科学』とデジタル印刷

出版市場が低迷しており、オフセットで大量に印刷して書籍のコストを下げ、大量に販売するというモデルが通用しにくくなっている。
一方でデジタル印刷が進化し、出版分野でも積極的に利用されるケースが増えている。例えば、在庫を持たないオンデマンド出版や極小ロット重版のようなフレキシブルな生産方式が増えつつある。

『ロウソクの科学』と緊急重版

2019年10月、リチウムイオン電池発明の功績によりノーベル化学賞を受賞した吉野彰博士が、自分の原点は『ロウソクの科学』という本であるとコメントし、話題となった。

KADOKAWAは、その翌日に『ロウソクの科学』(角川文庫)、『ロウソクの科学 世界一の先生が教える超おもしろい理科』(角川つばさ文庫)の緊急重版を決定し、プレスリリースやSNSを通じた広報活動を行った。メディアでも取り上げられ、書店からは注文が殺到したという。

そして自社のデジタル印刷機器で印刷・製本し、2営業日で書店に並べた。その結果、重版累計10万部を販売したとのことである。

 角川文庫『ロウソクの科学』緊急重版2万部決定

(※KADOKAWA 2020年3月期 第2四半期決算説明資料より)

話題性の一番高いタイミングで緊急重版を決定し、発表した。さらに、通常10営業日以上のところ、わずか2営業日で製造・出荷した。これらは、自社内にデジタル印刷設備(輪転式大型インクジェット機)を保有するKADOKAWAならではの動きと言える。この事例のようなスピード感のある出版活動は、今後の参考となるのではないか。

小ロット出版とデジタル印刷

出版社が自社内にデジタル印刷設備を持つことは、資金面や人材面など容易ではない。生産設備を持つということは、機器を維持管理し、書籍を製造するだけでなく、資材の調達や保管、品質管理、梱包・発送などの業務を遂行することになる。
むしろ、印刷会社がそのような部分を代行し、スピード感のある出版活動を支えていくことの方が現実的だと考えられる。

また、『ロウソクの科学』は文庫という体裁であり、版型や用紙などの仕様が標準化されていたために、緊急重版がスムーズに実現したのではないか。つまり、出版分野でデジタル印刷を効果的に利用するには、仕様の統一などある程度の制約が伴うという側面もある。

書店・流通など出版界では、高い返本率が収益を圧迫しており、大きな課題となっている。デジタル印刷の活用がそのような課題を解決するキーになると考えられる。

(JAGAT 研究調査部 千葉 弘幸)

 

2019年度クロスメディア部会開催セミナー(印刷総合研究会)

2019年度 クロスメディア部会セミナー

マーケティング視点でデジタルメディア活用事例などを取り上げます。
>>過去に開催したセミナー情報はこちらです。

日程種類タイトル
4月24日(水)CMデータ分析の高度化と効率的なデータ収集~AI・BIで実現する売上向上、在庫最適化~  関連記事 
​aiforce solutions 西川智章氏/エブリセンスジャパン 眞野浩氏/データセクション 佐藤央氏
6月11日(火)CMアニメを活かした地域活性化と事業展開 ~聖地巡礼によるツーリズムと印刷会社の役割を事例に~  関連記事1 関連記事2
サイバーネット 高原一博氏、村上直樹氏/PARUS 佐古田宗幸氏/JAGAT 藤井建人
7月16日(火)CM動画マーケティングの先進事例と活用
NewsTV 杉浦健太氏/カクテルメイク 毛利直矢氏/
プランナッシュ 山崎準也氏
9月12日(木)CMビジネスを変えるIoT~製造業での自動化と新ビジネス創出事例 関連記事
バカン 中島純氏/東京エレクトロンデバイス  中村琢哉氏 /凸版印刷  諸井眞太郎氏 /情報通信研究機構  井上大介氏
11月27日(水)CM 『印刷白書2019』発刊記念特別セミナー
東京工科大学  藤崎実氏/JAGAT  郡司秀明、 藤井建人、花房賢、吉村マチ子
3月12日(木)CM企業と個人とをつなぐ「コミュニティ・場」の価値(コミュニティマーケティングの基礎と事例を知る)
オシロ 杉山 博一氏/シューズセレクション 坂口淳一氏 ※新型コロナウイルスのため延期

セミナー開催レポート

関連記事

キーワード

このページの内容についてご質問などは

TEL:03-3384-3113(JAGAT 印刷総合研究会)までお電話ください。
メールはpri(@)jagat.or.jpです。

・印刷総合研究会の会員かどうか確認したい→確認フォームよりお問合せください

2019年度印刷総合研究会イベント開催スケジュール

印刷総合研究会は、最新の技術・メディア・マーケットに関するテーマについて情報収集や事業可能性を追求する研究機関です。3部会から構成されています 月例研究会では部会ごとにテーマを選定、各界の第一人者を招聘して最新情報を提供します。研究会メンバーは参加無料です。

2019年度 開催スケジュール

日程 種類 タイトル
4月24日(水) CM データ分析の高度化と効率的なデータ収集
~AI・BIで実現する売上向上、在庫最適化~

​西川智章(aiforce solutions
眞野浩(エブリセンスジャパン
佐藤央(データセクション
関連記事
4月25日(木) PM フリーペーパーの最新動向 2019
森永陸一郎(電通
菊池京子(鈴木印刷 カレンテックス
藤井建人(JAGAT
5月 29日(水) PM 技術革新で変わるチラシ周辺BtoCマーケティング
小林聡史(読売IS
山岸祥晃(凸版印刷
三宅恒治(みずほ総研
増田勝治(LINEPay
6月4日(火) TG 印刷の品質管理とカラーマネジメントの最新動向
岡松英二(エックスライト社
杉山徹氏(大日本印刷
笹沼信篤(JAGAT
6月11日(火) CM アニメを活かした地域活性化と事業展開
~聖地巡礼によるツーリズムと印刷会社の役割を事例に~

高原一博、村上直樹(サイバーネット
佐古田宗幸(PARUS
藤井建人(JAGAT
関連記事1 関連記事2 
7月2日 (火) TG 印刷物の価値を高める特殊印刷と表面加工
宮本武紀(太陽堂成晃社
浅尾孝司(SO-KEN
リコージャパン
富士ゼロックス
7月16日(火) CM 動画マーケティングの先進事例と活用
杉浦健太(NewsTV
毛利直矢(カクテルメイク
山崎準也(プランナッシュ

7月30日(火)

PM 出版ビジネスの最新動向2019
辻本英二(デジタルタグボート)
星野渉(文化通信社
竹村響(竹書房

7月31日(水)

PM 知っておきたいDMと情報銀行の動き
椎名昌彦(日本ダイレクトメール協会
勝島史恵(日本IT団体連盟
8月6日(火) TG 印刷会社におけるAI活用と校正ツール
鎌田幸雄(CTE
松尾茂樹(ウェブライダー
古賀正、塚本信明(Too) 
9月12日(木) CM ビジネスを変えるIoT~製造業での自動化と新ビジネス創出事例
中島純(バカン
中村琢哉(東京エレクトロンデバイス
諸井眞太郎(凸版印刷
井上大介(情報通信研究機構
関連記事
9月24日(火) TG 印刷の価値を変える、デジタル印刷事例
内田朋紀(ねこのしっぽ
山本久喜(東洋美術印刷
植田勝利(吉村) 
9月25日(水)
9月26日(木)
9月30日(月)
PM 最新調査にみる印刷経営と戦略、設備2019【東京・大阪・愛知】
藤井建人(JAGAT
10月8日 (火) TG プロセスオートメーションがもたらす未来
~多品種/小ロット/バリアブル時代の工程自動化アプローチ~
川邉猛(キヤノン株式会社
玉城哲平(タクトピクセル株式会社
山田大策 (株式会社日本HP)
山中翔太(富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社
11月6日 (水) PM 新聞・ニュースビジネス最新動向2019
~新技術と報道の機械化が変えるジャーナリズムの将来像~
井上秋男(メディアテクノス)
松井正(読売新聞東京本社
米重克洋(株式会社JX通信社

11月26日 (火)

TG MIS連携による見える化の推進
地代所伸治(J SPIRITS
小森コーポレーション
花房賢(JAGAT) 
11月27日(水) CM 『印刷白書2019』発刊記念特別セミナー
藤崎実(東京工科大学
郡司秀明(JAGAT
藤井建人(JAGAT
花房賢(JAGAT
吉村マチ子(JAGAT
12月3日(火) TG・CM 次世代型の組版システム構築とAI自動レイアウト
黒須信宏(クロスデザイン
小林隆弘(富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ
田端聡(大日本印刷
1月22日(水)
1月24日(金)
PM 印刷ビジネスの動向と展望2019-2020
藤井建人(JAGAT
3月3日(火) TG 日本写真学会共催 page2020報告
~プリント技術セミナー~

宮本泰夫(バリューマシーンインターナショナル
影山史枝(スイッチ
郡司秀明(JAGAT
笹沼信篤(JAGAT
3月12日(木) CM 企業と個人とをつなぐ「コミュニティ・場」の価値
コミュニティマーケティングの基礎と事例を知る

杉山博一(オシロ
坂口淳一(シューズセレクション
喜多克尚(朝日新聞社
3月 CM マンガマーケティング(仮)
3月 PM 情報メディア・コンテンツの最新動向

順不同、敬称略

※セミナー日程・テーマは変更する場合があります。
研究会メンバー向けには開催日・内容確定後にFAXおよびメールにてご案内します。

>>研究会について詳しくはこちらをご覧ください。

>>2018年度開催スケジュールはこちらをご覧ください。

テキスト・グラフィックス(技術系)【TG
DTP・プリプレス、カラー・画像処理、ドキュメント管理などに関する技術動向や先端事例を紹介します。
クロスメディア(デジタルメディア系)【CM
デジタルメディアを中心としたメディア知識/多メディア活用・ビジネスモデルの事例を紹介します。
印刷マーケティング(市場系)【PM
プリントメディア、印刷市場の動向を考える上で、関係の深い各界の第一人者にご登壇いただきます。

詳しくは、研究会のご案内をご覧ください。

過去の開催

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

3/3開催「日本写真学会共催 page2020報告 ~プリント技術セミナー~」申込み

セミナー名:page2020報告 ~プリント技術セミナー~
開催日:2020年3月3日(火) 14:00-16:40
参加費:一般:15,400円(税込)/JAGAT会員:11,000円(税込)/印刷総合研究会会員:無料

セミナー開催案内ページ

お申込みは、下記のフォームに必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
※ご注意ください※
本メールにご登録いただくと、申込完了メールが送信されます。
登録後、数分経ってもメールが受領できない場合は、迷惑メールフィルタ等の要因が考えられます。
その場合は、メール(pri@jagat.or.jp)またはTEL(03-3384-3113)にて、お問合せください。
有料でお申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

0.参加費用 ※選択してください。

印刷総合研究会会員(0円)JAGAT会員(11,000円)一般(15,400円)

■参加人数

1.会社の情報

■社名(例:公益社団法人日本印刷技術協会) ※必須

■シャメイ(例:ニホンインサツギジュツキョウカイ)

郵便番号(例:166-8539)

■住所1(例:東京都杉並区和田1-29-11)

■住所2(例:印刷技術協会ビル3F)

2.申込みする方の情報

申込む方と参加される方が異なる場合は、請求書をお送りする方の情報をご登録ください。

■部署名(例:総務部)

■役職名(例:課長)

■お名前(例:印刷 太郎) ※必須

申込者は参加しない

■メールアドレス(例:taro_insatsu@jagat.or.jp) ※必須

このメールアドレスに登録完了メールが送られます。

■FAX(例:03-3384-3168)

FAX受講証をご希望の場合は、この番号に受講証が送られます。

■TEL(例:03-3384-3113)

なにかあったときのお問合せ先となります。

2.申込者以外の参加者情報

申込む方と参加される方が一緒の場合は、本欄は入力不要です。

【参加者1】

■部署名(例:企画営業部)

■役職名(例:主任)

■お名前(例:印刷 花子)

■メールアドレス(例:hana_insatsu@jagat.or.jp) 

【参加者2】

■部署名(例:企画営業部)

■役職名(例:主任)

■お名前(例:印刷 次郎)

■メールアドレス(例:jiro_insatsu@jagat.or.jp)

■その他備考

3.受講証の受け取り

受講証について、ご希望の受け取り方法をお選びください。
複数名で有料セミナー申込み:「FAXで受け取る」を選択すると、参加者ごとに参加証を受け取れます。
無料参加イベント申込み:「メールで受け取る(受領メールを印刷する)」を選択お願いします。
メールで受け取る(受領メールをプリントアウトする)FAXで受け取る

4.JAGATからのご案内について

よろしければJAGATからセミナー開催案内や関連のご案内を送付させていただきます。
不要の方はチェックを入れてください。
JAGATからの案内を希望しない


印刷ビジネスの動向と展望2019-2020

最新データと現時点で予想しうる2020年の与件に基づき2020年の印刷ビジネスを分析する。2019年までの状況を整理、来たる2020年の印刷市場に影響するだろう周辺関連トピックを洗い出し、市場動向を予想する。 続きを読む