実践!デジタル×紙×マーケティング

掲載日:2021年10月20日

~マーケティング支援を印刷会社のビジネスにするには~

コロナ禍で生活者の購買行動は大きくデジタルにシフトし、顧客(印刷発注者)のマーケティング施策も大きな影響を受けている。コロナが収束しても印刷需要、特に商業印刷物の100%回復は望めず、既存売上の減少をカバーする新しい事業の立ち上げが求められている。有望な分野のひとつが顧客のマーケティング支援である。印刷物を活用することで顧客のデジタルマーケティングの効果をさらに高めることが可能であるし、逆に自社ではツールを活用しきれずサポートを求める顧客も少なくない。本研究会では、MAと連動したDM発送サービス「CloudDM」を展開するトッパン・フォームズの今井氏、そして顧客のデジタル資産(ツール)とシームレスにつながる印刷発注プラットフォーム「Print of Things」を提供するグーフの岡本氏をスピーカーに招き各社の取り組みを紹介するとともにマーケティング支援を印刷会社のビジネスにするためにどうすべきかを議論する。

日時

2021年10月26日(火)  14:00-16:00

開催形式

オンライン:Web会議ツール「Zoom」を使用します。

タイトル

実践!デジタル×紙×マーケティング
~マーケティング支援を印刷会社のビジネスにするには~

プログラム

◆ MAと連動して1通からDMを発送可能な「CloudDM」サービスの概要と活用状況

トッパン・フォームズ株式会社 企画販促統括本部販売促進本部マネージャー 今井 尋氏

 ・サービス開発の背景(社会環境の変化とお客様のニーズの変化)
 ・CloudDMが提供する3つの価値(自動化、即時性、パーソナライズ)
 ・お客様のMAツールとの連動事例

印刷発注プラットフォーム「Print of Things」が提供する価値と支える仕組み
                株式会社goof 代表取締役 エバンジェリスト 岡本 幸憲氏

 ・お客様とつながるプラットフォーム「Print of Things」とは
   印刷の面倒くさいを排除
 ・自動化を実現する技術要素
 ・生産管理の自動化、自動ルーティングを実現する「GEMiNX(ジェミナス)」とは

 ディスカッション
 
 ・コロナ禍でのお客様の変化と印刷会社に求められる対応
 ・印刷物の強みの活かし方

参加費

一般 15,400円(税込)、JAGAT会員 11,000円(税込)

印刷総合研究会メンバー:無料 [一般]2名まで [上級]3名まで [特別]5名まで
   →自社が研究会メンバーか確認する場合は、こちらのフォームからお問合せください。

申込み

Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。
登録後は完了メールが入力したメールアドレス宛に届きます。
有料でお申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

>>FAX申込はこちら
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の専用申込み用紙をご利用ください)

問合せ先

内容に関して 研究調査部 印刷総合研究会担当   電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して 管理部 電話:03-5385-7185(直通)