RMGT、 東京ショールームにてエコプリ2022を開催

掲載日:2022年8月5日

「エコプリ2022」を開催しました。

リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社

7月27日(水)、28日(木)の2日間、RMGT東京ショールームにおきまして、エコプリ2022を開催しました。

「最新の環境印刷で新ビジネスを発掘」と題して、様々な印刷資材メーカーとコラボレーションし、用紙やインキをはじめとする環境対応型印刷資材のアプリケーションや、環境対応印刷のノウハウをご紹介し、印刷会社様のSDGsへの取組に対応した新しいビジネスのご紹介を行いました。

セミナーでは太平紙業株式会社とRMGTによる「RMGT/太平紙業がアシストするSDGsとは」、及び一般社団法人 日本印刷産業連合会による「グリーンプリンティング(GP)認定でSDGs推進をアピール!」の2つを開催しました。

また、実演では、RMGT 970ST-5+CC+LED-UVによる「バイオマスインキと環境対応用紙、LED-UVによる環境負荷低減印刷の提案」、及びRMGT 1050V1ST-5+LED-UVによる「水無しLED-UVとコンセントリックスクリーニング(注)によるインキ量削減と環境印刷の提案」をご覧いただきました。

(注)コンセントリックスクリーニング
網点をリング状に分割したもので、網点上のインキ塗膜を抑制し、インキ使用料を5-25%削減する。(エスコグラフィックス株式会社 Esko Imaging Engine専用スクリーニング)


多くのお客様にご来場いただき、誠に有難うございました。

セミナー

発表:太平紙業(株)、RMGT
発表:(一社)日本印刷産業連合会

<セミナータイトル(発表順)>
■RMGT/太平紙業がアシストするSDGsとは
太平紙業株式会社/リョービMHIグラフィックテクノロジー株式会社

■グリーンプリンティング(GP)認定でSDGs推進をアピール!
一般社団法人 日本印刷産業連合会

実 演

■バイオマスインキと環境対応用紙、LED-UVによる「環境負荷低減印刷の提案」
 菊全判5色オフセット印刷機 RMGT 970ST-5+CC+LED-UV

株式会社T&K TOKA製のUV CORE TYPE-A BM LED-UVバイオマスインキを使用し、環境に配慮した特殊原反である「kome-kami*」(非食用米で出来た紙で、米の含有率3~5%:太平紙業株式会社提供)への両面印刷を行いました。 kome-kamiの手触りや風合いについてお客様にご確認いただくと共に、LED-UVによるストレート機での両面即乾印刷の他、菊全ジャストサイズによる菊全機の刷版サイズに比べ約20%減によるランニングコストの削減、設置スペースが菊全機に比べ約30%減少、消費電力約が約34%削減といったRMGT 970モデルの特徴をご説明しました。 

*kome-kamiの詳細については、下記のホームページをご覧ください
フードロスペーパー(株式会社ペーパル)

■水無しLED-UVとコンセントリックスクリーニングによる「インキ量削減と環境印刷の提案」
B1判5色オフセット印刷機 RMGT 1050V1ST-5+LED-UV

東京インキ(株)製 水無し用UVインキ Zipcure ALUX (UV OL HEL アルックスR)、東レ(株)製 waterless plateを使用し、水無し印刷、及び網点をリング状に分割したコンセントリックスクリーニングを使用した印刷実演を行いました。AMスクリーニング、コンセントリックスクリーニングで同じ絵柄を左右に2分割して印刷を行い、発色など、それぞれの特長を確認いただきました。

展 示

GP認証マークを取得した製品を取り扱う各種資材メーカー様12社に出展いただき、様々な環境対応製品をご紹介するとともに、セミナーに加え(一社)日本印刷産業連合会にも出展いただき、GPマーク認定制度や業界の取組などについてのご紹介を行いました。印刷会社様は熱心にご質問いただくなど、関心の高さがうかがえました。

出展企業については以下の通り。(展示ブース番号順)

・一般社団法人 日本印刷産業連合会
・富士フイルム グローバル グラフィックシステムズ株式会社
・光陽化学工業株式会社
・ マコト化学工業株式会社
・ウエノ株式会社
・株式会社日研化学研究所
・太平紙業株式会社
・ホリゾン・ジャパン株式会社
・株式会社ニクニ
・東京インキ株式会社
・東レ株式会社
・エスコグラフィックス株式会社
・株式会社T&K TOKA

以上