インクジェットの最新動向<捺染プリンターと大判プリンター>

掲載日:2016年3月8日

*サインからインテリア、アパレルまで活躍するインクジェット技術について議論する。

インクジェット印刷技術はUV化やインクの改良などで年々アプリケーションの幅を広げている。大型看板はもちろん、バナータペストリーなどの店舗販促物、さらにはインテリアや建材の分野でも活躍している。

看板製作から出発したサインアーテックは5メートル幅をはじめ30台のインクジェット機を擁し、サインからインテリアアイテムまでを製作している。縫製・ウェルダー加工までをワンストップで手掛けている点も強みだ。

アパレル分野でも進化が著しい。2015年に開かれた国際繊維機械展示会「ITMA2015」でも高画質・高生産性のインクジェットテキスタイルプリンターが数多く出展された。

今回はサインアーテックのほか、コニカミノルタとミマキエンジニアリングが登壇、幅広い製品を出力できる最新インクジェットプリンターの可能性を議論する。

開催日程・開催時間

2016年3月22日(火)14:00-17:00(受付開始:13:30より)

詳細

■14:00-14:50 デジタル(インクジェット)テキスタイル業界の最新動向

コニカミノルタ株式会社
インクジェット事業部営業部テキスタイル営業G課長代理 武田 慎吾 氏

■15:00-15:50 大判IJプリンターの可能性

株式会社ミマキエンジニアリング
営業本部JP事業部JPマーケティング部リーダー 吉田 剛 氏

■16:00-16:50 IJ出力会社の実際~サインからインテリアまで~

株式会社サインアーテック
専務取締役 山林 資和 氏

■16:50-17:00 質疑

会場

日本印刷技術協会 3Fセミナールーム
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費

15,120円(税込)、JAGAT会員:10,800円(税込)

印刷総合研究会メンバー:2名まで無料( [上級]3名まで [特別]5名まで)

申込

Webからお申込み

Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。

FAXからお申込み

この申込書をプリントして必要事項をご記入の上、 FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の専用申込み用紙をご利用ください)

問い合わせ先

内容に関して
研究調査部 印刷総合研究会担当 電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して
管理部 電話:03-5385-7185(直通)

関連記事

mautic is open source marketing automation