サンプル問題4【情報システム】

掲載日:2021年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷業におけるクラウド利用

次の文中の空欄[A]~[D]に入る最も適切なものを[解答群]の中から選びなさい。

従来の企業の業務システムなどは、自社で用意した設備内にソフトウェアなどを導入・利用する形態、自社運用することが一般的であった。このような方式を、現在は[A]と呼ぶ。

それに対して、インターネット上のコンピューターリソースをオンデマンドで利用するというサービスがクラウドコンピューティングである。

クラウドコンピューティングには、[B]を提供するSaaS、[C]を提供するPaaS、ハードウェアやインフラストラクチャーを提供するIaaSなどがある。

また、クラウドコンピューティングのサービスを使う場合のメリットとして、初期の導入コストやスタッフの人件費など固定的な保守運用コストを低く抑えることができる点が挙げられる。その一方では、反応速度やセキュリティーといった面の品質維持やリスクを考慮する必要がある。

印刷会社が、実際にネットワーク型ビジネスを行おうとする場合、さまざまな問題がある。例えば、オンラインで顧客とデータの受け渡しやWebからの注文を受ける場合、セキュリティーをどうするか。決済のためのECサイトをどうするか、顧客管理やコンテンツ管理をどうするか、社内にシステム管理者がいない場合、さまざまな問題を解決する必要がある。クラウドコンピューティングのようなサービスを利用することによって、ビジネスを始めるためのスピードアップやリスク低減を図ることも可能となる。

出版・印刷業では大容量データのやりとりが多い。以前はCD-RやDVD-Rなどのメディアにデータを保存してバイク便でやりとりすることも多かった。そのための時間やコストは膨大なものとなっていた。これらを改善する第1ステップとして、高いセキュリティー環境で、社内外の情報をオンラインで安全に共有、大容量ファイルの受け渡しにも利用可能なオンラインストレージがある。

個人でも利用可能なものではiCloud、Dropbox、Google Drive 等があり、数10GB を使用することが可能である。ただし、無料サービスでは万一のトラブル等による[D]がされていないところがほとんどである。大手企業などでは、個人利用のストレージサービスをセキュリティー上の理由から使用禁止としていることも多い。無料のストレージサービスにて、DTPなどの重要な業務用データを使用するには、細心の注意が必要である。

解答群

[A]①グリッドコンピューティング ②オンプレミス ③物理サーバ環境

[B]①サーバ ②ソフトウェア ③プラットフォーム

[C]①ソフトウェア ②プラットフォーム ③パーソナルエリアネットワーク

[D]①データ消失についての保証 ②ウイルス対策 ③2段階認証


▶DTPエキスパートカリキュラム第14版をご覧になりたい方はこちらから