サンプル問題2【色】

掲載日:2021年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

色の混合

次の文中の空欄[A][G]に入る最も適切なものを[解答群]の中から選びなさい。

人間が物の色を認識するには、「光源」「物体」「視覚」があって成り立つ。太陽光をプリズムに通すと虹のような色の帯ができ、この色の帯をスペクトル(波長成分)分布に分けることを[A]という。

スペクトルは虹の見え方のように赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の順に並んでいるが、これはそれぞれの[B]が違うために生じる現象で、光の中で最も[C]部分が赤く見え、[ D]部分が紫っぽく見える。人間の目で見える領域の光を可視光線と呼ぶ。スペクトルを人間が色と認識するのは、この特定の波長が人間の網膜に刺激を与えて色として感じるためである。

人の視神経には、明暗だけに敏感で色は識別しない[E]と、色を感じる[F]とがある。

錐体は含まれる物質によりRGB の各光に感度を持つ3 種類に分かれる。各色に対応した錐体は薄暗いところで反応の仕方が異なるため、色知覚が狂いやすい。そのため、色評価には十分な明るさが必要である。

光が物体の表面に当たると、物体を構成する物質の種類や分子構造によって光のある波長域に[G]が起こり、残りが反射・透過して目に入り色を感じる。このように光の吸収と反射で色を表現することを減法混色(減色混合)という。

解答群

[A] ①分光 ②色域 ③可視領域 ④ガモット分布

[B] ①明度 ②彩度 ③光源 ④波長

[C] ①明度の低い ②彩度の高い ③光源の弱い ④波長の長い

[D] ①明度の高い ②彩度の低い ③光源の強い ④波長の短い

[E] ①網膜細胞 ②錐体細胞 ③桿体細胞

[F] ①網膜細胞 ②錐体細胞 ③桿体細胞

[G] ①統合 ②回折 ③吸収 ④反射


▶DTPエキスパートカリキュラム第14版をご覧になりたい方はこちらから