新人・中途者」カテゴリーアーカイブ

【オンライン】誰でもわかる印刷会社の数字の見方・考え方の基本

会社数字を理解できず悩んでいる方必見!

~数字が読めれば仕事のやり方も変わる~
「会社の数字や財務など、非常に難しい」と思われがちですが、基本的な事項を押さえておけば今まで読めていなかった数字の意味も理解できるようになります。
このセミナーでは売上・費用・利益などの「会社の数字」の基本的な読み方を学び、会社の収益構造を理解することでコスト意識を高められます。さらに、仕事をする上で必要なビジネス数字について、印刷会社の営業、制作、製造の実務の視点を交えながら解説することにより、数字の基本的な見方をおさえて自らの業務改善のきっかけになることを目指します。

 

開催日時

2021年9月10日(金) 14:00~17:00

 

対象

・若手社員で会社数字を勉強したいと思っている方
・会社数字の重要性を認識しながら今まで勉強する機会がなかった管理職の方
・これから経理や財務の仕事に従事される方

 

プログラム

1.財務諸表の基本理解
 ・決算書類の構造(B/S、P/L、製造原価報告書)
 ・財務用語の基礎知識(会計用語について)
 ・収益性と生産性(売上・コスト、算出・投入)

2.意思決定に使う数字
 ・損益分岐点(儲けの構造・管理会計)
 ・財務分析(過去の自社・他社との比較)
 ・意思決定に必要な要素(数値以外に加味すべき点)

3.勉強した数字の仕事への活かし方
 ・営業編
  (コストの意識の仕方など)
 ・制作編
  (同じ仕事量に対する人・時間・コストの考え方など)
 ・印刷オペレーター編
  (5Sの徹底で人のムダな動きはどれくらい減る?など)

4.演習(財務分析)
 ・財務諸表の分析とディスカッション

 

※講師やプログラムはやむを得ず一部変更する場合があります。

 


講師

寶積 昌彦 (ほうづみ まさひこ)  
株式会社GIMS コンサルタント・中小企業診断士

【プロフィール】
立命館大学卒業後、ハマダ印刷機械株式会社入社。各種印刷機、CTP等関連機器等多岐にわたる機械の営業担当を経て、営業管理・推進業務を担当。市場調査や製品開発企画とプロモーション、仕入商品・部材の調達管理や販売・製造台数の予測などの業務に従事。その後、グラビア印刷会社朋和産業株式会社に入社し、大手コンビニエンスチェーン、大手カフェチェーンの軟包材の営業を担当後、中小企業診断士として独立し、現在に至る。


 

最少催行人数

 6名

 

参加費(税込)/1名

JAGAT会員 13,200円/ 一 般  17,600円

 

●研究会・セミナーのZoomウェビナー参加方法のご案内

研究会・セミナーのZoomウェビナー参加方法のご案内

●セミナーお申し込み後の流れについて

セミナーお申込み後の流れについてのご案内

 

 

お申込み

Webからのお申込み


   お申込みフォームが開きます

 

●FAXでのお申込み

 FAX用お申込み書PDF

お申込書に必要事項をご記入のうえ、
03-3384-3216
までFAXにてお送りください。

 

参加費振込先
参加費は、下記口座に開催日の2日前までに振り込み願います。
なお、お申し込み後の取り消しはお受けできません。代理の方のご出席をお願いします。

口座名:シャ)ニホンインサツギジュツキョウカイ
口座番号:みずほ銀行中野支店(普)202430

内容に関して問い合わせ先
内容に関するお問い合わせはお気軽に下記までお寄せください。
CS部 セミナー担当 電話:03-3384-3411

お申し込み及びお支払に関して
管理部(販売管理担当)   電話:03-5385-7185(直通)

公益社団法人 日本印刷技術協会

【オンライン】 印刷工場長養成講座

 

 

満員御礼(ご好評につき、申込受付を締め切りました。)

次回の「印刷工場長養成講座」は2022年6月開講を予定しております。詳細が決まり次第JAGATWebサイトにて告知いたします。先行案内を希望される方は、下記のフォームよりお問い合わせ下さい。

 

工場の現場改善からマネジメントまでの知識と視野を広げる  

企業規模の大小にかかわらず、工場長や製造現場の管理者は、経営の重要な役割を担っています。
当養成講座は、印刷工場の価値を高め稼ぐためのマネジメント力を身につけることを目的としています。工場マネジメント、品質管理、改善活動に加え、財務知識、人材マネジメント等の幅広いカリキュラムで構成されております。
各分野の専門家を講師に招き実務で活用できる知識を効率よく学べます。
また、完全オンライン配信と通信教育を取り入れることで、忙しい生産現場や遠方の方でも受講しやすい講座です。

 

 本講座のおすすめポイント
・工場マネジメント基礎から実践までの知識を修得する。
・経営数字の読み方を学び経営感覚をブラッシュアップする。
・経営戦略と連携した工場マネジメントを学ぶ。
・工場づくりのキーワードを学ぶ。
・オンラインによる講師や受講者間の相互コミュニケーションができる。
・1 社2 名の参加で社内体制作りに繋げる。

 

開催日程

2021年10月20日開講 全6回 ※計20時間 (1回/3時間または4時間配信予定) 

※本講座は、Web会議システム「ZOOM」を使用したインターネットによる講座です。

 

スケジュール

開催日 詳細
第1回
10/20(水)
15:00~18:00
(3時間)
●テーマ:
経営と工場マネジメント
●内容:
工場マネジメントとは何か
工場の役割と価値
競争力のある工場づくり

●講師:
石川 秀人
コンサルソーシング株式会社 エグゼクティブ・コンサルタント
第2回
10/28(木)
14:00~18:00
(4時間)
●テーマ:
印刷の品質管理と品質保証
●内容:
顧客安心のための印刷品質保証を考える
標準化と品質の数値化(見える化)
デジタル時代のカラーマネジメント

●講師:
中野 和波
株式会社音研 執行役員 印刷部部長
第3回
11/2(火)
14:00~18:00
(4時間)
●テーマ:
改善活動/印刷現場の予防保全
●内容:
環境を考えた印刷工場づくり改善活動
顧客の厳しい要求品質に応える印刷機の保全
「水無しで刷れる 印刷環境とは!」

●講師:
柴崎 武士  
タケミ株式会社 代表取締役
稲葉 徹   
同 技術部長
片岡 健一  
同 技術課長
第4回
11/10(水)
15:00~18:00
(3時間)
●テーマ:
デジタル印刷の動向と効果的な運用
●内容:
デジタル印刷の動向と効果的な運用
デジタル印刷・加飾・加工の動向
デジタル印刷ビジネスと課題

●講師:
宮本 泰夫
株式会社バリューマシーンインターナショナル 取締役副社長
第5回
11/17(水)
15:00~18:00
(3時間)
●テーマ:
工場の原価と利益管理/印刷工場の原価管理のみえる化の推進
●内容:
財務諸表の読み方と原価管理の基本
工場の管理会計
原価管理の基本
原価の見える化
●講師:
寶積 昌彦
株式会社GIMS 代表取締役
中島 章裕
大東印刷工業株式会社 第一営業部 営業三課課長 兼 業務課課長
第6回
12/1(水)
15:00~18:00
(3時間)
●テーマ:
人材マネジメント/印刷工場の人材育成
●内容:
1. DX 、動画を活用した人材育成
・現場教育での動画マニュアルの効果とは?
・OJT削減、属人化した業務の標準化に効果を上
げる方法
2. 工場における人材確保と教育 
・印刷工場における人材管理のポイント
・人材育成のしくみづくり
・多能工化の推進とヒューマンエラーへの対応
・従業員のモチベーション管理
●講師:
清水 和輝
ピナクルズ株式会社 セールス/カスタマーサクセス
上妻 祐司
OD人事経営コンサルティング 代表/中小企業診断士

※記載の内容等は諸般の事情により変更となる場合がございます

 

対象

工場・各職場の管理者、リーダー、ISOの管理者、改善リーダーの方など

定員

10社(1社2名まで)  満員御礼

最少催行人数

 3社6名

受講料(税込み)※1社2名まで

JAGAT会員 330,000円   一般 440,000円

パンフレットのダウンロードはこちら

 

 

 
お申込みいただいた方へ

JAGAT通信教育印刷技術者トラブル解決
4ヵ月コース受講付き

 

 

●人材開発支援助成金

当講座は、助成金の対象となる可能性があります。
オンライン講習も条件により対応可能な場合もございますので、皆様のご事情に合わせてご参照下さい。

 

セミナーのZoomウェビナー参加方法のご案内

研究会・セミナーのZoomウェビナー参加方法のご案内

 

お申込み  満員御礼(定員に達したため、申込受付を締め切りました。)

★Webからのお申込み

 
お申込フォームが開きます
必要事項をご入力のうえ、お申込みください。

 

★FAXでのお申込み

FAX申込用紙PDF
お申込書に必要事項をご記入のうえ、
03-3384-3168までFAXにてお送りください。

 

 *お問合せ・資料請求*

 お気軽にお問合せください。 
 公益社団法人日本印刷技術協会 CS部 セミナー担当
 TEL:03-3384-3411/FAX:03-3384-3168
 Email:seminar@jagat.or.jp

 

 

 

印刷製品、イメージで伝える鳥瞰図

正確さを極めた伊能図と鳥瞰図の違い

印刷メディアにおける情報は、正確さが求められる一方でイメージを伝えることも重要だ。毎年4月19日は、地図の日となっている。同日に放送されたTBSラジオ番組「檀れい、今日の1ページ」でも話題になっていた。地図の日は、寛政12(1800)年の旧暦4月19日、日本全土の実測地図を作製した江戸時代後期の測量家・伊能忠敬が蝦夷地(北海道)の測量に出発した日によるとされる。足かけ17年にも及び、完成した「大日本沿海輿地全図」(通称「伊能図」)は、その正確・緻密さが特徴であった。国防上の観点からも流出を恐れられ長らく秘蔵されていたほどだという。

一方、正確・緻密さとは性格が異なるのが鳥瞰図(ちょうかんず)だ。一般的には意外と知られていないようだが、鳥瞰図とは、高い視点位置からの透視図だ。例えれば、鳥が高いところから地上を見おろすように、人が高い視点から見おろしたように描いた図をいう。(出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)。鳥瞰図のポイントはイメージだ。見て楽しく、感情にも訴え、特徴を表したものが鳥瞰図になる。京都府ホームページで文化・スポーツ・教育「京都府立京都学・歴彩館 Kyoto Institute, Library and Archives」では、デジタル展覧会「京の鳥瞰図絵師 吉田初三郎」が公開されている。鳥瞰図は、大正時代から昭和時代のはじめ、鉄道網の発達に伴い空前の行楽ブームが到来すると、鳥の目で見下ろしたように描いた案内図として各地の宣伝と集客のために多数作成されていた。中でも有名なのが大正から昭和にかけて活躍した吉田初三郎が描いた鳥瞰図ということだ。大胆な構図や鮮やかな色彩で人気を博したとされている。

イメージによって伝える情報

鳥瞰図の肝は、印象的な場所や情景、ランドマークなどをデフォルメして高い技術で描写されているところにある。メッセージをイメージによって、情報を人の心や感情に訴えかけることによって効果的に伝えている。イメージとは、心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこととある(デジタル大辞泉より引用)。大正時代から昭和初期の行楽ブームで広まった観光案内としての鳥瞰図の表現技法は、現在でも広く受け継がれている。コロナ禍でなければゴールデンウイークは旅行シーズンでもある。今年は、巣籠もりで大正ロマンを感じられる鳥瞰図を眺め、印刷製品のイメージ価値を感じるには良い機会かもしれない。

(CS部 古谷芸文)

印刷営業20日間集中ゼミ(2021/5/10~6/4)https://www.jagat.or.jp/archives/81764

オンライン印刷ビジネス開発実践講座 https://www.jagat.or.jp/archives/85259

【オンライン】情報の活かし方とアイデア発想法https://www.jagat.or.jp/archives/85395

入社2年目・印刷基礎4講座

「印刷基礎の4講座」 6月に開催
  ~2020年入社社員のための基礎知識再確認~

 コロナ禍で多くの混乱の中入社した2020年度の新入社員。実際の勤務としてはテレワークも多く、職場で自然と身につけていったはずの雰囲気や考え方の習得機会を逃し、新入社員自体も不安な状態かもしれないなのではないだろうか。
 ある機関の調査によると、新人研修のプログラム内容については、6割近くが「習得してもらう内容・要素をやむを得ず減らした」としている。人事担当も新入社員の一人ひとりの特性を十分に把握しきれず、今後のどういう教育をしていったらいいかの不安をかかえているとこともあるだろう。このように十分な教育を受けられずに1年を過ごしてきたとしても、2年目以降からは更にある程度自分で自律し、自らモチベーションをあげていかないといけない。
 昨年の7月にJAGATでは印刷会社81社の経営者、人事担当者にアンケートを実施した。【図1】のように、印刷会社の経営者や人事担当者が今までより強化していく教育機会の提供方法は、研修機関主催のセミナー(44.4%)オンライン研修(42.0%)、資格試験取得(25.9%)を考えている。こうしたことをふまえて、JAGATでは2020年入社の方に基礎知識を再確認してもらうことを目的に「印刷基礎の4講座」開催する。1年前教育機会に恵まれなかった2年目社員に是非、教育機会を設けていただきたい。

【図1】   
    

【関連記事】
  コロナで失われた新卒2年目の教育機会を取り戻す!

『印刷基礎4講座』
 ~基礎を確認してワンステップアップ~ 続きを読む