JAGAT info」カテゴリーアーカイブ

適切な基準を設定し、適切に評価する 〜『JAGAT info』2021年5月号のご案内

日常生活において、例えば朝焼けや夕焼けのときには周囲一面が黄色く、あるいは赤く染まって見えるし、日没後のブルーモーメントでは辺り一面が青や藍色に沈んで見える。では、そのときに見たリンゴの色と、日中の太陽光の下で見るリンゴの色は、果たして同じ「赤」であろうか。 続きを読む

『JAGAT info』2021年4月号

JAGAT info 2021年4月号表紙

特集

page2021 開催報告

オープニングセッション
「コロナで変化した世の中の新常識について語り、対策を考える」
株式会社マーケティングサイエンスラボ 代表取締役・所長 本間 充 氏
公益社団法人日本印刷技術協会 専務理事 郡司 秀明

特別企画

印刷ビジネスの動向と展望 2020-2021―with/afterコロナ時代を考える―

公益社団法人日本印刷技術協会 研究調査部長 主幹研究員 藤井 建人

■巻頭言
専務理事 郡司 秀明

連載

■印刷界OUTLOOK
広告市場
研究調査部 藤井 建人

■マーケティング・ナウ
第3回 デジタル×紙×マーケティングを実践してみよう
本間 充

■専務のつぶやき 1
永久なんてものなどない
専務理事 郡司 秀明

■デジ印奏論 23
デジタル印刷に関する勘違い?
星 輪太郎

■マーケティング情報
アメリカの印刷需要と日米比較の試み
「2020年度印刷産業経営力調査」へのお誘い
研究調査部 藤井 建人

■技術トレンド グラフィックス
RFIDの活用による業務改善と付加価値創出
研究調査部 花房 賢

■デザイン・トレンド
2020年度東京ビジネスデザインアワード
新規ビジネスと企業価値、二つの方向をデザインする
研究調査部 石島 暁子

■キーワード2021
LED(前編)
研究調査部 松永 寛和

■Education
印刷会社のQCサークル活動
教えることで理解が深まり、社員の主体性を育てる
CS部 古谷 芸文

■デジタル印刷最前線
インクジェットロール機の生産性を最大化する発注方式を開拓
株式会社廣済堂

■西部支社便り
フリーランスを後押しするスキルシェア市場
西部支社長 大沢 昭博

■ワールド・プリント・サテライト
Canvaがモック制作と画像修正AIスタートアップ企業を買収 ほか
研究調査部 丹羽 朋子

■page2021オンラインを終えて分かったこと
page2021オンライン詳細報告
CS部 堀 雄亮

■森 裕司のデジタル未来塾 109
クラウドを活用していこう!

■エキスパート資格
クラウドサービスの活用と業務の最適化は進む
資格制度事務局 丹羽 朋子

■DTPエキスパートのための注目キーワード
ページレイアウトソフトの機能と役割
研究調査部 千葉 弘幸

■クロスメディアエキスパート試験でも役立つ課題解決入門
フードデリバリーサービス
市場拡大と生活者の変化
影山 史枝

■ニュースラウンジ
東洋美術印刷 リンテックサインシステムとコラボレーションし、アートギャラリー「ii-Crossing」をオープン ほか

■印刷経営ウォッチング

■ニューメンバー・消息

■JAGAT事業のご案内
『みんなの印刷入門』のご案内/『新版DTPベーシックガイダンス』のご案内/JAGAT印刷総合研究会のご案内/図書のご案内/『印刷経営動向調査2020』のご案内/印刷営業20日間集中ゼミのご案内/よくわかる印刷技術・基本コースのご案内/印刷業のための新入社員コースのご案内

2021年4月15日発行 A4判68ページ

JAGAT info 最新号

JAGAT info バックナンバー

「リセットする」ためのヒントを得るには

2021年度も始まり、JAGATでも新入社員向けの講座が連日のように開催されている。昨年、コロナ禍にあっても情報発信を続けるべく、オンラインへの取り組みを続けてきた“成果”というべきか、今年度の新入社員向けセミナーには、従来型の会場でのリアル受講または昨年より急速に普及したオンライン受講とを選択できるものも用意している。機材をはじめ、配信などのノウハウに関わる部分も全てJAGAT側で準備しているのだが、少なくともコロナ禍の前、一昨年の春にはこのような運営体制になるとは思いもしなかったし、緊急事態宣言下で身動きの取れない状態であった昨年春においても、まさかリアル&オンラインセミナーを自分たちで設営できるスキルがこの1年間で蓄積されていくことになるとは、想像できなかった。

想像できないといえば、例えば「with/afterコロナの時代なので、今まで描いてきた未来をいったんリセットしよう」と、その必要性が頭ではなんとなく分かっていても、それをいざ始めてみようとすると、具体的に何から手を付ければ良いのか分からないという読者の方もおられよう。3カ月後、半年後、1年後の自らの姿を想像することが、この不確実な状況下では以前よりもさらに難しくなっている。
では、これからの時代を生きていくためのヒントを得るには、何が必要なのだろうか。おそらくそれは、さまざまな情報をえり好みせずに吸収していくことであろう。そこで注意すべきは、「さまざまな」である。印刷業界のみならず、隣接する関連産業、あるいは一見すると全く関係のなさそうな業界の動向に関しても、無駄かもしれないと思いつつも定期的に知識・知見をアップデートしていくこと。JAGATでは、その支援していきたいと考えている。

さて、そのヒントが詰まった『JAGAT info』最新号の内容を簡単にご紹介しよう。詳細な内容は誌面にてじっくりとご覧いただきたい。また、同誌のほかに、印刷総合研究会のリーフレットも同梱して会員企業の皆様にお届けしている。こちらもぜひ、参加をご検討いただけると幸いである。

●特集 page2021開催報告 オープニングセッション
「コロナで変化した世の中の新常識について語り、対策を考える」
 株式会社マーケティングサイエンスラボ代表取締役・所長 本間充氏
 公益社団法人日本印刷技術協会専務理事 郡司秀明

page2021のテーマ「リセット・ザ・フューチャー」には、with/afterコロナの時代は従来思い描いていた未来をいったんリセットして、新たな未来や価値を創出していこうという意味が含まれている。コロナ禍で価値が多様化しており、だからこそ紙の印刷物ならではの良さを再定義するべきであると、マーケティングが専門の本間氏が分かりやすく具体的な事例を交えながら講演したpage2021オンラインカンファレンスでの議論の要旨を収録する。
そして、それを受けて繰り広げられた郡司専務理事とのディスカッションのエッセンスも掲載。さまざまなメディアが変革期を迎えている今日、印刷メディアや印刷物に求められているものは何なのか、議論を提起している。

●特別企画 印刷ビジネスの動向と展望 2020-2021
 -with/afterコロナ時代を考える-

昨年一年間を振り返ると、コロナに始まりコロナに終わったと評することができるだろう。2021年も、不透明な状況が当面続くと推測される。だからこそ、これからのことを考える際に、指標を基に各種情勢を確認しておくことは決して無駄ではあるまい。
そこで、去る1月に開催された印刷総合研究会における、恒例のJAGAT研究調査部長による昨年の総括と今年の予測を報告したセミナーの要旨を収録している。印刷会社が「負けない戦略」を取るためのヒントを、具体的な数値や事例とともに考えていく。

(『JAGAT info』編集部)

■印刷総合研究会の詳細はこちらから → https://www.jagat.or.jp/pri
■『JAGAT info』最新号の目次はこちらから → https://www.jagat.or.jp/magazine

BPOと高付加価値のデジタル印刷で新規市場とビジネスモデルを開拓する

JAGAT info 1月号では取引先の業務に深く関わり、BPOとして仕事の一部を請け負うことで成長を続ける研文社の事例を紹介した。 今回はその一部を抜粋して紹介する。

BPO を得意とする印刷会社

研文社は1946 年に、現社長である網野勝彦氏の祖父が大阪市で設立した。まだ活版印刷が主流だった時代に日本で2 番目にオフセット印刷機を導入(1952 年)した会社であり、新しい技術を積極的に取り入れてきた歴史がある。大きな転機となったのが、得意先の銀行が軸足を東京へと移すのに合わせて、東京進出を勧められたことである。文京区にあった印刷会社と現在でいうところのM&A を行い、1960 年に東京研文社というグループ会社を立ち上げることになった。

研文社の特徴の一つが、顧客の仕事の一部を改善や効率化を含めて請け負うBPO(Business Process Outsourcing)が成果を結んでいる点である。元々は印刷だけを請け負っていたが、徐々にテキストの作成や配送業務など周辺の業務を含めて受注するようになっていった。同社では、BPOのために人材の育成や配送センターの設立などの投資を行っている。

このBPO は、印刷業務だけではなく関連する業務も合わせて一括受注している。そのため、印刷需要が減少する時代にあっても、売り上げを伸ばすことが可能である。また、業務に深く関わり、他の印刷会社では提供が難しいサービスを行っていることから、クライアント側も別の印刷会社に業務を移管することは簡単にはできなくなる。結果的に価格競争を免れることから、印刷会社が生き残るための一つの戦略と考えられよう。

研文社がデジタル印刷分野に進出したのは、網野勝彦氏の父である現会長・網野博氏がスクリーン社のロールタイプのインクジェット機、Truepress Jet520 を、2012 年の尼崎工場新設時に導入したのが始まりだった。

もともとはフォーム印刷用として想定したものだったが、網野勝彦氏の代になり、尼崎への工場集約を機にデジタル印刷を軌道に乗せるため編み出したのが、デジタル印刷ならではのサービスを提供・販売していくことだった。その最たるものが、現在もデジタル印刷の主力製品となっている福祉用具のカタログである。

福祉用具は、自治体によって補助率などの制度が異なるため、価格が自治体ごとに変わってくる。個別かつ細かな仕様変更が必要であり、小ロット・バリアブルの極みともいえる印刷業務である。これら福祉用具カタログの業務の仕組みやZ 折の機体構成については、過去にも本誌2013 年8 月号や2017 年11 月号で詳細に紹介している。

この福祉用具カタログを中心に、尼崎工場では利益の半分をデジタル印刷が生み出すようになった。アナログ印刷よりも少ない業務量で同規模の利益を稼ぎ出せており、デジタル印刷の特徴に合致したビジネスモデルのケースといえる。

東京の本社工場をデジタルに特化

尼崎工場が軌道に乗り、デジタル印刷のビジネスモデルが分かったことで、現在改革に着手しているのが新宿区の本社工場である。建物の地上部分には本社機能や営業部門などがあり、地下1 階と地下2 階が工場となっている。

地下2 階部分では、主にメインクライアントの一つである銀行の印刷部門から移管された業務を行っている。地上2階部分にはコールセンターを設置、全国の銀行支店や担当部署から受注が随時集まる仕組みができている。

地下2 階の設備は、リコーのデジタル印刷機、RICOHPro C7210Sが2 台とRICOH Pro 8320Sが1 台置かれており、その他に製本機や折機、断裁機が一式そろっている。

そして、本社地下1 階にはオフセット印刷機2 台を売却して、同じ場所にImpremia IS29とJETvarnish 3Dを導入した。Impremia IS29 は1200dpi の解像度を持ち、585mm × 750mm までの大きさの紙に印刷できる。幅広い用紙適性と、パッケージ印刷にも対応可能な紙厚適性を持つ。

これに加えて、JETvarnish 3D で箔やニスを装飾することができる。研文社では現在、8 種類の箔を用意している。価格は高くなるが、他社との差別化が可能な、高級感のある印刷物の制作が可能となる。実際に目で見て触ってみれば、その差は歴然であり、提案営業をしていく糸口の一つとなっている。

また、地下1 階では、デジタル印刷の特性を生かし、顧客が立ち合って実際の刷り上がりを見ながらデータを修正し、再度その場で印刷することもできるようにした。大きな修正の場合、オフセット印刷では、また後日の確認ということになりがちだが、デジタル印刷であれば、データを修正した後は印刷・箔押しまで含めてもその場で修正された印刷物が出来上がる。刷り上った印刷物とサンプルをお互いに見比べながら、イメージを共有していく場となる予定である。

アライアンスでIT を強化

研文社は、(株)グーフと2020 年8 月に資本業務提携を締結した。グーフはパーソナライズされた印刷物を最短24 時間で発送可能な印刷プラットフォーム、Print of Things®を展開しており、その生産部分や付帯サービスを同社が担う格好だ。こちらでもImpremiaIS29、JETvarnishの活用が検討されている。

研文社では、グーフのようなIT を得意とする企業とアライアンスを結ぶことで最先端のサービスを提供している。今回はその連携を一歩先へ進めた格好であり、同社としてもこれまで培ってきた自社の技術、ノウハウが生きる業務提携となっている。もちろん、個人情報を取り扱うためセキュリティーなどには注意が必要だが、古くから銀行と仕事をしてきた同社にとっては、むしろ得意分野だろう。また、配送センターを複数運用してきた実績もあることから、印刷から発送までを迅速に行うことも可能だ。

つまり、ここにImpremia IS29 とJETvarnish 3Dを組み合わせていくのが、研文社の狙いである。Printof Things® では定型のハガキ類を送ることで成果を上げているが、絞り込みの条件によっては、より確度の高い見込み客を抽出することも可能である。送付対象が多い場合は通常のDM、少ない場合は高付加価値印刷のDM といったように、幅広い選択肢が作れるようになれば、サービス強化につながる。このアライアンスでは、IT と広色域+ 加飾の組み合わせで、印刷の新しい可能性を広げようとしている。

販促企画のBPOで案件単価を上げる

また、Impremia IS29の活用については、他社との協業だけではなく、もともと強みとしてきた営業を武器に、自分たちからも仕掛けていくつもりである。そこでもメインの商材の一つとして考えているのが、高級DM である。

研文社の関連会社には、事業開発部クリエイティブ室を移管した(株)ケンズがあり、広告・販促物の制作やプロモーション戦略の立案、プロデュースなどを行っている。Impremia IS29とJETvarnish 3Dで印刷するプロモーションメディアは、企画段階からケンズとともに起案している。企画から編集、制作、印刷までトータルで売り込むことで、一つのBPO として案件の単価を上げていく考えだ。

まだ手探りの段階であるが、大ロットの印刷物が減少していくなかで、印刷物+ αの価値を提案していくことは、今後ますます重要となる。原価から値付けを決めるのではなく、広告効果や付加価値をアピールし、利益率の高い商品に育てていく戦略だ。 研文社は、印刷業務を核としつつ、IT の活用やBPOで業務領域を広げ、売り上げを伸ばしてきた。高単価・高付加価値のデジタル印刷は研文社にとっても新たな挑戦となるが、新しいアライアンスや販促企画などを含めた営業活動で利益率の高い事業を開拓しようとしている。

(研究調査部 松永 寛和)

『JAGAT info』2021年3月号

JAGAT info 2021年3月号表紙

特集

page2021 開催報告

基調講演「リセット・ザ・フューチャー」
公益社団法人日本印刷技術協会 会長 塚田 司郎
公益社団法人日本印刷技術協会 副会長 網野 勝彦
公益社団法人日本印刷技術協会 副会長 森澤 彰彦
公益社団法人日本印刷技術協会 専務理事 郡司 秀明

特別企画

page2021オンライン展示会レポート

「リセット・ザ・フューチャー」に込められた未来を創造する強い意志
〜展示会もビジネスもデジタルトランスフォーメーション(DX)へ〜
株式会社バリューマシーンインターナショナル 取締役副社長 宮本 泰夫

連載

■Recreating the Future ―印刷の現在とこれから―
第3回 遥かなる思いの印刷用MIS
山口 実

■デジ印奏論 22
テキスタイルにもデジタル化の波
星 輪太郎

■マーケティング情報
持続的に業績の良い印刷会社の戦略と思考を知る
第42回「JAGAT印刷産業経営力調査」が始まる
研究調査部 藤井 建人

■技術トレンド グラフィックス
生産管理の脱Excelを考える
研究調査部 花房 賢

■デザイン・トレンド
20世紀のポスター[図像と文字の風景]―ビジュアルコミュニケーションは可能か?
ポスターの創造性と発展過程を示す展覧会
研究調査部 石島 暁子

■Education
ニューノーマル時代のオンライン学習
CS部 橋本 和弥

■デジタル印刷最前線
page2021におけるデジタル印刷の動向
研究調査部 松永 寛和

■森 裕司のデジタル未来塾 108
InDesign 20周年記念イベント

■エキスパート資格
デザイン制作のエキスパート「DTPエキスパート・マイスター」
資格制度事務局 千葉 弘幸

■DTPエキスパートのための注目キーワード
PCの文字・フォント環境
研究調査部 千葉 弘幸

■クロスメディアエキスパート試験でも役立つ課題解決入門
インストアプロモーション
影山 史枝

■印刷界OUTLOOK
通信販売
研究調査部 藤井 建人

■キーワード2021
郡司最終回の巻
専務理事 郡司秀明

■西部支社便り
ビジネスでもスポーツでも“ぶっちぎり”は良くない
西部支社長 大沢 昭博

■ワールド・プリント・サテライト
WPCF 世界の印刷マーケット経済報告 ほか
研究調査部 丹羽 朋子

■印刷経営ウォッチング

■JAGAT事業のご案内
『新版 DTPベーシックガイダンス』のご案内/JAGAT印刷総合研究会のご案内/『印刷経営動向調査2020』のご案内/2021年度新入社員研修のご案内/印刷営業20日間集中ゼミのご案内/図書のご案内/オンラインセミナー/「広告と通販に見るwithコロナ時代のメディア」のご案内/『印刷白書2020』のご案内

2021年3月15日発行 A4判60ページ

JAGAT info 最新号

JAGAT info バックナンバー

印刷総合研究会への誘い〜『JAGAT info』とともに

昨年から今年にかけて多く耳にした言葉の一つが、「このコロナ禍では〜」という枕詞ではなかろうか。かくいうJAGATにおいても、なにぶん未曾有のことであったため、印刷総合研究会も各種セミナーも昨夏はほとんど開催できず、手探り状態で秋口辺りから本格的なオンライン配信を順次進めていった。page2021が完全オンラインでの開催となったことも記憶に新しいところである。
その印刷総合研究会だが、開催時には記録写真を必ず撮影している。先日、直近一年間に開催された研究会の写真を整理していたところ、オンライン配信において会場の機材やスタッフの配置など、この一年間で少しずつ進歩をしているであろう片鱗が垣間見えた。基本的には弊会のスタッフのみで撮影・編集から配信までを賄っており、担当するスタッフ自身もさまざまな知見を回を重ねるごとに得ている。コロナ禍の前は、まさかそのようなことを行うことになるとはつゆほども思っておらず、その意味ではJAGATのスタッフも、page2021のテーマと同じく「リセット・ザ・フューチャー」を体験しているといえよう。

さて、年度替わりを控え、2021年度の印刷総合研究会のご案内も仕上がり、会員各社には会員誌『JAGAT info』とともに順次お届けとなる予定である。ウェブサイトのリニューアルも実施中だ。
研究会に加入すると月例研究会や特別イベントのほか、各種レポートも得ることができる。新たな印刷ビジネスを模索したい、最新動向をチェックしたいと考えている方には、オンラインが当たり前になった今だからこそ、ぜひ入会をご検討いただきたい。全国どこにいても、その場にいながら、最新の情報を得ることができるのだ。また、研究会メンバーには、JAGATが発信するコンテンツを厳選して収録する『JAGAT info』も毎月お届けする。

ではここで、『JAGAT info』3月号の内容を簡単にご紹介しよう。詳細な内容は誌面にて、ぜひじっくりとご覧いただきたい。

◯特集 page2021開催報告 基調講演「リセット・ザ・フューチャー」
特集では、page展史上初となる完全オンラインで2月8日から28日まで開催された「page2021」の基調講演の要旨を掲載する。コロナ禍で変化したことについて振り返り、そしてコロナ禍だからこそ印刷業界が推進していくべきことはどのようなものなのか、90分以上にわたってJAGAT会長・副会長・専務理事の4人が「リセット・ザ・フューチャー」をテーマに繰り広げた重厚級の議論を収録している。
今このときに印刷会社が備えておくべきこととは? そのヒントが随所に散りばめられている。

◯特別企画 page2021オンライン展示会レポート
「リセット・ザ・フューチャー」に込められた未来を創造する強い意志
〜展示会もビジネスもデジタルトランスフォーメーション(DX)へ〜
特別企画では、page展示会のレポートを、昨年同様バリューマシーンインターナショナルの宮本泰夫氏にご寄稿いただいた。
page2021はオンラインでの展示会開催となったが、そこに出展された各社の製品やサービスについて、トピックごとに整理。合計41社の出展内容を深く知ることで、印刷業界のトレンドを掴める報告である。

(『JAGAT info』編集部)

■印刷総合研究会の詳細はこちらから → https://www.jagat.or.jp/pri
■『JAGAT info』最新号の目次はこちらから → https://www.jagat.or.jp/magazine