検査装置の技術動向と運用ポイント

掲載日:2017年1月10日

*1月31日の印刷総合研究会では、オフセット枚葉機の新台にも装備されつつあり、デジタル印刷のバリアブル機能においても欠かせない検査装置とその運用方法について議論する。

オフ輪やシール・ラベル印刷機への設置からスタートした印刷機への検査装置への導入はお客様の品質要求の高まりとともに枚葉機への設置も進んでいる。最近は、付帯設備として新台導入時に検査装置も設置されているケースも増えている。

また、デジタル印刷機の普及により一枚一枚内容の異なるバリアブルドキュメントの検査という新たな課題も登場している。

本セミナーでは、検査装置の製品動向、技術トレンドを紹介するとともに、ユーザの立場からサンエー印刷の吉川氏より運用のポイントと業務改善につなげるための活用法について伺う。

 

開催日程・開催時間

2017年1月31日(火)14:00-16:45(受付開始:13:30より)

スケジュール

■14:00-14:20 オリエンテーション

サンエー印刷
常務執行役員 研究開発部長 吉川 昭二氏

■14:20-15:00 検査装置の技術トレンドと導入事例

ダックエンジニアリング

■15:10-15:40印刷機メーカーとしての検査のソリューション

ハイデルベルグ・ジャパン

■15:50-16:30バリアブル印刷における検査

グーフ
ジクス

■16:30-16:45質疑応答、ディスカッション

会場

日本印刷技術協会 3Fセミナールーム
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費

15,120円(税込)、JAGAT会員:10,800円(税込)

印刷総合研究会メンバー:2名まで無料( [上級]3名まで [特別]5名まで)

申込

Webからお申込み

Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。

FAXからお申込み

・この申込書をプリントして必要事項をご記入の上、 FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の専用申込み用紙をご利用ください)

問い合わせ先

内容に関して
研究調査部 印刷総合研究会担当 電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して
管理部 電話:03-5385-7185(直通)

mautic is open source marketing automation