「JAGATエキスパートDAY」12月21日開催

掲載日:2018年11月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

“印刷メディアの強みを活かして新たな価値を生み出す人材”をテーマに、エキスパート資格イベントを開催いたします。
広くメディアビジネスに関わる方々にご参加いただけるセミナー、展示等で構成する、いわばJAGAT Summer Fes(夏フェス)に続くJAGATの”場”のご提供です。

 

JAGATは、今年度共通テーマとして「デジタル×紙×マーケティング」を標榜しています。世の中のデジタルシフトが急速に進展していく中で、マーケティング情報と印刷をどのように連携させていくかが印刷業界の大きな課題となりました。しかし、デジタルマーケティングと印刷をうまくリンクさせることにより、新たな印刷の価値が見いだされ、ビジネスのビッグチャンスも生まれてくるはずです。

デジタルメディアと印刷メディアを対立構造で捉えるのではなく、それぞれの特長を最適化して相乗効果を発揮させてこそ、顧客が求めるコミュニケーションに応えるソリューションと成りうる時代となりました。
先日のJAGAT大会2018におけるディスカッションでは、そもそも顧客はデジタルと紙に境界線を引いていないので、紙ありき、デジタルありきといった生産者側の理屈ではなく、生活者目線で意識改革をしていく必要がある、ということが示されました。

こうした方向性をJAGATでは「デジタル×紙×マーケティング」というスローガンのもと、ロゴマークも作成し、page2019のメインテーマにも掲げています。

印刷ビジネスが、受注型産業から印刷の価値を新たに訴求する提案型ビジネスにシフトしていくときに、最も大事なのは設備ではなく人材です。受注業務のマネジメントから新ビジネス創出のリーダーへ、スペシャリストから価値創造力を高める人材へと、事業の方向性に沿って求められる人材像もシフトさせていく必要があるでしょう。

JAGATが認証する資格、クロスメディアエキスパートは企画提案力、プロジェクトマネジメント力を身につけた価値を生み出すビジネスを創る人材を目指し、DTPエキスパートはその価値を実際にかたちにするための印刷工程全般にわたる知識と全体工程設計監理力を備えた人材を目指すものです。
それぞれの資格を取得した社員は、両輪となって新たな印刷ビジネスの推進役として活躍が期待できると共に、多数のエキスパート取得者が所属する会社は顧客からも信頼され、長期的なパートナーシップの構築につながるでしょう。

“印刷メディアの強みを活かして新たな価値を生み出す人材”をテーマに、エキスパート資格イベントを開催いたします。
JAGATが標榜する「デジタル×紙×マーケティング」を実現する人材、すなわち新印刷ビジネスの担い手に求められるものは何か?そのために何を学び、どんなスキルを身につけるべきか?自社の人材育成や参加者自身のキャリア形成のヒントをお持ち帰りいただくイベントです。

資格受験予定者のみならず、有資格者の継続学習にも役立つセミナーや展示で構成しますが、参加者交流会も含め、広くメディアビジネスに関わる方々にご参加いただける内容の、いわばJAGAT Summer Fes(夏フェス)に続くJAGATの”場”のご提供です。
是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【JAGATエキスパートDAY開催概要】
日時:2018年12月21日(金) 11:00~18:30(予定)
会場:日本印刷技術協会(JAGAT) 東京都杉並区和田1-29-11
参加費:事前登録にて全て無料
申込方法:「JAGATエキスパートDAYサイト」から登録  www.jagat.or.jp/expertday

(CS部 橋本 和弥/JAGAT資格制度事務局)