印刷知識全般(入門コース)」カテゴリーアーカイブ

新入社員の皆様へ~技術を学び印刷人としてお客様の信頼を得る

技術的知識を裏付けとして、お客様の目的に対し最適な選択、提案ができることが信頼を得ること、そして印刷物の品質保証の第一歩です。

新入社員の皆さんは入社後さまざまな研修を通じて、これから本格的に業務に取り組むための基礎づくりをされていらっしゃると思います。ビジネスマナーや、担当業務に必要な知識などを座学を通じて学ぶとともに、実践的なノウハウなどは上司の方や先輩方からOJTで身につけていくことと思います。

印刷会社に入社した皆さんであれば、印刷技術の基本を勉強する機会もあります。今まで聞き慣れない専門用語や業界用語も飛び交うので、はじめは戸惑いもあるでしょう。印刷技術には化学的な要素も非常にたくさんあり、文系の方にはとっつきにくい面もあります。もしかしたら、営業系や企画・デザイン、総務関係など、製造現場以外の職種に進む方にとっては、不要の知識と思ってしまうかもしれません。
しかし、印刷会社に勤務する方であれば職種を問わず誰もが、きちんとした基本的技術知識を持つことこそ、お客様に信頼され、会社全体の信用にかかわる大切なことであることを認識していただきたいと思います。

印刷物は、営業担当の方が受注してから納品されるまでには様々な工程があり、多くの部門、職種の人達が関わって制作が行われています。製造工程では、厳しい品質管理のもと各工程におけるプロフェッショナル達による進捗、管理を経て納品に至りますが、実は受注プロセスや企画・編集段階における営業などの担当者と、お客様のコミュニケーションも品質管理には欠かせない重要な要素であることを肝に銘じてください。
なぜなら、印刷物は一点一点仕様の違う製品で、スーツでいえば量販店などに並ぶ既製品ではなく、お客様ごとの注文によるオーダーメイドだからです。印刷品質とは、単に印刷物の正確さや色の美しさなどのことだけではなく、お客様の要望にきちんと沿うことで初めて担保されるものです。

さらに、お客様の最終的な要望とは印刷物を作ることではなく、その先に目的があることを知るべきです。例えばパンフレットを印刷するのは、その製品を多くの人に知らしめて購買につなげたい。チラシをばらまいて大勢に人を集めたいといった目的があります。特に、インターネットをはじめとするデジタルメディアの進展により、消費者の行動が変わり、マーケティング手法もデジタルを中心としたものに変化してきた現代において、紙の印刷物の価値や役割を新たに考えて、お客様の真の目的に対し効果があるものとしなければなりません。

印刷技術や制作工程の基本を学ぶということは、こうした印刷品質を、きちんと技術的背景をもってお客様に保証できるという意味で大切なのです。それは、必ずしも印刷機の仕組みやカラー印刷の原理をお客様に説明できるということではありません。技術的知識を裏付けとしてお客様の目的に対し最適な選択、提案ができることにより、お客様の望む効果が得られたり、問題解決ができるという点において、本当の信頼が得られるからなのです。

・・・JAGAT通信教育「よくわかる印刷技術・基本コース」添削課題解説より・・・

是非がんばって技術の勉強に励んでいただきたいと思います。

(JAGAT CS部 橋本 和弥)

【関連情報】
「在宅学習」に最適な!JAGAT通信教育 
・リニューアル「よくわかる印刷技術・基本コース」(5月新開講)
・「印刷業のための新入社員コース
・「印刷営業の基本と実務
◆各講座案内、お申し込み、資料請求、内容見本請求もこちらから 

『みんなの印刷入門』を通信教育で!

印刷人として必要な印刷技術全般の基本的知識を学ぶJAGAT通信教育「印刷技術・基本コース」は、長きに渡り新人・初心者向け人気講座として多数の企業に採用され、毎年多くの受講者が修了しているが、この度テキストを『みんなの印刷入門』に変更し、全面改訂版としてリリースする。

印刷ビジネスを取り巻く環境が激変する状況下、現代にふさわしいコンセプトのもと新しい印刷の入門書を作ろうと、各界の専門家による制作委員会を立ち上げたのが2018年2月であった。
委員会において読者対象の想定、デジタル時代の印刷入門書に必要なコンテンツをはじめ、体裁など本のテイストまで議論し、執筆分担、編集作業をすすめ『みんなの印刷入門』というタイトルで初版を発行したのが2019年3月である。

本書はあえて必要部数だけ印刷製本して、小まめに内容をアップデートしていくということを一つのコンセプトとしており、そのためデジタル印刷を活用し増刷するたびに内容も更新する方針で来ている。おかげさまで好評をいただき順調な販売もあり、この4月には第5版を発刊したところである。

一方、JAGAT発足当時からある教育コンテンツの一つである通信教育講座の中で、入門者向けの「印刷技術・基本コース」は、同じ新人向けの「新入社員コース」に次いで受講者が多く、書籍(参考書)と集合研修、そして自己啓発的にOff-JTとして通信教育という組み合わせは、多数の印刷会社が合理的、効果的な新人教育として採用してきた。

「印刷技術・基本コース」は2001年に新開講し、その後も継続的な改訂を重ね2007年にはテキストを刷新するなど常に時代のニーズに対応してきたが、さすがに現テキストでは変化に追いついて行くことが難しい状況になってきた。

そこで、冒頭に紹介した常に最新版を目指す『みんなの印刷入門』をテキストにして「印刷技術・基本コース」を全面改訂することとし、いよいよ「よくわかる印刷技術・基本コース」として5月開講でリリースすることが決まったのでご報告する次第である。

この改訂により、印刷人であれば部門、職種に関わらず知っておくべき最新の印刷技術の基本はもちろんだが、旧版ではほとんど触れていないデジタル印刷機とその活用法などの新しい必須知識も学ぶことができる。

コロナウイルス感染者拡大にともなう非常事態宣言が発令される中、入社日を延期せざるを得ない、集合研修の予定が立たないなど、人事担当者の困っている声も多く聞く。

通信教育は自宅で受講者自身のペースで無理なく進められるため、出社日までの時間を有効活用する、在宅ワークの一環として学びの機会を得る、などとともに新入社員のモチベーションを維持するためにも活用が可能である。
御社の新人教育計画にリニューアルした「よくわかる印刷技術・基本コース」をはじめとする通信教育を取り入れることを検討されてはいかがだろう。

(CS部 橋本和弥)

 

 

【関連情報】
JAGAT通信教育 
 リニューアル「よくわかる印刷技術・基本コース」(5月開講)
 「新入社員コース」
 各講座案内、お申し込み、資料請求、内容見本請求もこちらから 

よくわかる印刷技術・基本

2020年5月改訂

ba_moushi_down

 


期間]
 
 
4か月
[料金]  JAGAT会員: 18,700円(税込)   一般: 24,200円(税込)  
[対象]  新入社員・未経験者中途入社~経験1年程度
[教材]  テキスト: 「 みんなの印刷入門」
        ※テキスト等の変更は予告なく行われる場合がございます。

[添削課題]  4回

[レベル]
level_shinnyu

 


[ ねらい ]
経験1年未満の技術・営業・工務・編集・デザイン制作などすべての分野の人たちのために印刷技術の全般的な知識を習得します。
印刷人としての印刷技術の入門コースです。

[ 特 色 ]
1  テキストに「みんなの印刷入門」を採用し、印刷技術をやさしい言葉と図で解説。
2  JAGAT「印刷業のための新入社員コース」から無理なく継続学習できます。

[ カリキュラム ]
1  印刷技術基礎 1
印刷の方式/オフセット印刷の基礎/ワークフロー

2   印刷技術基礎 2
印刷用途に適した方式/デジタル印刷機(インクジェット・トナー)/印刷のワークフローに使用されるフォーマット

3  印刷を支える技術 1
書体(フォント)/デザインのワークフロー/組版/光と色/後加工

4   印刷を支える技術 2
製本の基礎知識/用紙の基本知識

【受講する方へのメッセージ】
仕事をマスターするためには、基本が重要です。基本はまず徹底的に覚えること。繰り返しテキストを読み返して、理解できない部分は先輩たちに質問してください。

こんな状況だからこそ、通信教育をおすすめします

新型コロナウイルスの感染予防のため、社員の集合研修を中止する企業も多く、どのように教育を進めていくか、その手段に困っている担当者の声も多数聞こえてくる。このような状況下、在宅で無理なく取り組める通信教育を検討してみてはいかがであろうか。

WHOがパンデミック宣言をしたように、新型コロナウイルスの世界的な猛威は、いつ収束するかの見通しも立たず、不安な状況はますます拡大している。こうした中で、当初予定していた集合型の研修が中止になるケースもあり、教育機会の損失という点で企業としても頭の痛いところである。

ただし、その場合には代替の手段を講ずる必要があるのは当然で、特にこれから迎える新入社員には、研修機会は社会人として仕事を始める前に必須のプロセスである。

そこでおすすめしたいのが「通信教育」である。通信教育は個人で在宅にて取り組むことが可能で、時間もそれぞれの都合で無理なく進めることができる。また、本社、支社など全国どの場所であっても同じ期間に、同一、同質の学習が可能で、教育担当者には成績表がフィードバックされるので、進捗状況や成績の一元管理ができる。

特にJAGATの通信教育は、印刷業界に特化した唯一無二の講座であり、職種や階層に応じた豊富なプログラムが用意されているので、印刷会社にとっては自己啓発も含めたOff-JTの機会として最適のプログラムと言えるであろう。

 

新入社員向けには、「新入社員コース」及び「印刷技術・基本コース」がおすすめである。

「新入社員コースは」は、印刷産業のアウトライン、印刷会社の仕事や印刷物制作の基本的な流れのみならず、社会人としての予備知識も学べるため、入社前の内定者教育にも広く活用されている。

「印刷技術・基本コース」は、文字通り印刷人としての印刷技術の入門コースであり、経験1年未満の技術・営業・工務・編集・デザイン制作などすべての分野の人たちのために印刷技術の全般的な知識を習得するもので「新入社員コース」から次のステップとしてスムーズに学習が可能な講座となっている。

ちょうど現在「印刷技術・基本コース」はテキストをリニューアルし、改訂講座として5月開講を予定しているので、まずは「新入社員コース」に取り組み、続けて「印刷技術・基本コース」が最新版で受講できる絶好の機会である。

こんな状況だからこそ、あらためて通信教育という手段の活用をおすすめする次第である。

(CS部 橋本和弥)

【関連情報】

・JAGAT通信教育 https://www.jagat.or.jp/cat4

 「新入社員コース」

 「印刷技術・基本コース」※改訂中 

各講座案内、お申し込み、資料請求、内容見本請求はこちらから 

新卒採用と1dayインターンシップ

内定辞退、早期退職。採用が難しい時代には、企業の等身大の姿を見せる必要がある。Webページやパンフレット等の媒体での情報発信や、採用説明会、インターンシップで自社を体感してもらうことが重要である。 続きを読む

新入社員の受け入れ凖備は万全か

印刷企業の大卒新採用は増加傾向にあって、特にパッケージ、シール・ラベル分野が目立っている。若者から「選ばれる企業」であり続けるには魅力ある仕事、活力ある企業でなければならない。印刷に興味や魅力を感じてもらうための情報提供も大切である。
続きを読む