強みを実績に変えるフリーペーパービジネス最新事情

掲載日:2016年4月21日

~「cocoroe愛媛」はなぜ220校配布、245社協賛を実現できたのか~ 
「2015年日本の広告費」によると、「フリーペーパー・フリーマガジン」は、2303億円(前年比0.6%)と微減した。しかし、「ニッチ向け」や「地域限定版」は活況、インバウンド向け創刊は増加している。

「2015年日本の広告費」は景気が足踏み状態の中、6兆1710億円(前年比0.3%増)と微増したが、プロモーション広告費における印刷メディアは2兆1417億円(同0.9%減)と減少した。なかでも印刷メディア系(同4.3%減)が大きく減少したが、「フリーペーパー・フリーマガジン」は2303億円(同0.6%減)と健闘している。
しかし内容を見ると、一部読者にターゲットを絞った「ニッチ型」は好調、地方創生の取り組みの一環としてフリーペーパーの活用は増加傾向、インバウンドに向けの多言語対応フリーマガジンも登場するなど、ターゲットメディア・地域メディアとして新たな地位を獲得しつつある。さらに、Webから紙へ戻る、新しく展開する事例も出てきているなど、新局面を迎えている。

本研究会では、フリーペーパー・フリーマガジンにおける近年のトレンドを俯瞰しながら、効果的、先進的な最新事例を紹介、Webと紙のすみわけや今後の見通し、方向性を展望する。
また、「仕事のやりがい」や「志」を伝える無料「職育」誌「ココロエ愛媛」を県内の中学・高校へ全校配布、若年層の就職ミスマッチや優秀な人材の県外流出、地域企業の活性化という課題解決に取り組む姿勢が地域から評価を集め、新規業務の創出へと繋がっている印刷会社の事例を解説する。
さらに、JAGATが独自調査を実施した「第2回印刷会社発行主体のフリーペーパー実態調査」から、平均像や特徴、共通点などの要点をまとめ紹介、今後の可能性を探る。

開催日程・開催時間

2016年4月26日(火) 14:00-16:30(受付開始13:30より)

詳細

■14:00~14:50
フリーペーパー・フリーマガジンの最新動向2016
・フリーペーパーの市場規模
・新創刊と最新動向
・海外のフリーペーパー
・今後のフリーペーパー

日本生活情報紙協会 事務局長 久保 まり子 氏

■15:00~15:50
職育誌「ココロエ愛媛の挑戦
・原印刷、職育誌「ココロエ愛媛」の概要
・「ココロエ愛媛」創刊のきかっけと道のり
・創刊に至るまでの苦労(県内全校配布までの経緯など)
・「ココロエ愛媛」発刊の副次的効果及び今後の展開

原印刷株式会社 代表取締役社長 原 竜也 氏

■15:50~16:30
印刷会社のフリーペーパー、その実際とビジネスモデル
・印刷会社のフリーペーパー発行意義
・印刷会社のフリーペーパー36事例
・印刷会社と地域活性・地域情報
・印刷会社のフリーペーパー平均像と特徴

公益社団法人日本印刷技術協会 研究調査部 部長 藤井 建人

【開催・申込要項】

会場

日本印刷技術協会 セミナールーム (〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費

印刷総合研究会メンバー:無料
[一般]2名まで [上級]3名まで [特別]5名まで

一般:15,120円(税込)、JAGAT会員:10,800円(税込)

Webからお申込み

Web申込フォームに必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。

FAXからお申込み

・この申込書をプリントして必要事項をご記入の上、 FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の申込み用紙をご利用ください)

問い合わせ先

内容に関して 研究調査部 印刷総合研究会担当 電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して 管理部 電話:03-5385-7185(直通)

mautic is open source marketing automation