ライフスタイルに生きる、紙ものたち

掲載日:2019年7月22日

7月17日(水)から19日(金)に開催されたインテリア・デザイン市場のための国際見本市「インテリア ライフスタイル」では、紙素材や印刷・製本加工技術を応用した製品も多数発表された。

インテリアライフスタイル2019アトリウム

主催:メッセフランクフルト ジャパン株式会社
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)

「インテリア ライフスタイル」は近年、家具や雑貨などのインテリア製品にとどまらず、服飾雑貨、食品、ギフトアイテムなど製品分野が多様化している。そのなかで、紙素材や印刷・製本加工技術を応用した製品も多数発表されている。

その一部を紹介する。

脱プラスチックを促進する素材

プラスチック素材に変わる、耐久性のある紙素材の提案が見られた。

(株)竹尾/ファインモールド

インテリアライフスタイル2019竹尾

ファインペーパーなどの厳選された素材を原料とした色鮮やかなパルプモールド。
2018年に同社が開催した takeo paper show 2018「precision」展で、新たなファインペーパーの監修をクリエイターへ依頼し、プロトタイプを制作・展示したものを、発展的に事業化した。

山陽製紙(株)/crep(クレプ)

インテリアライフスタイル2019-山陽製紙

電線類の包装に使用される再生紙「工業用クレープ紙」によるレジャーアイテムを中心としたプロダクトブランドだ。今回はデザイナーとのコラボレーションにより、子どもも大人も自然を楽しむ・自然に親しむきっかけになる新商品を紹介した。

TAISEI(株)/大成紙器製作所 

インテリアライフスタイル2019-大成紙器製作所

紙製の自然気化式加湿器KASHITSU SHIKIを紹介。同社が製紙メーカーと共同開発したタイセイカシツペーパーを使用し、ツリー型のオブジェの足元を水につけると、風と周囲の湿度に合わせて穏やかに加湿する。
大成紙器製作所は、紙器印刷会社の老舗、TAISEIが展開するプロダクトブランド。紙の道具「紙器具」を提案している。

(株)デザインフィル/ミドリ「パルプストレージ」

インテリアライフスタイル2019-パルプ

デザイン文具のブランド ミドリから、紙の新たな可能性を形にした収納雑貨シリーズ「パルプストレージ」を紹介した。
古紙とフレッシュパルプを原料にした特殊紙「パスコ」を使ったドキュメントバックとペンケース、フレッシュパルプ100%を原料とした紙紐「ペーパーコード」を編んだ収納ケース、古紙だけを原料にしたプロダクト「パルプ」(写真)を展示。

(株)ホクビ/Choose

インテリアライフスタイル2019-ホクビ

耐久性とデザイン性を兼ね備えた紙ストロー「Choose」を開発した。食品衛生法の検査もクリアしている。同展アトリウムのTHE CORNER SHOP CAFEではソフトドリンクのストローに採用されていた。
ホクビはアクリル、ガラスといった多様な素材への特殊印刷技術を応用し、歯ブラシなどの独自ブランドを展開している。

暮らしを彩る紙製品

カモ井加工紙(株)/mt CASA 

インテリアライフスタイル2019_mtCASA

文具・雑貨向けマスキングテープ「mt」でマスキングテープブームを起こしたカモ井加工紙が、DIY用途のマスキングテープ「mt CASA」を紹介。壁や床、テーブル、窓ガラスなどをコラージュできる。

(株)大成美術プリンティング

インテリアライフスタイル2019_TAISEI-BIJUTSU_カレンダー

インテリアライフスタイル2019_TAISEI-BIJUTSU_PENANDDELI

紙の加工技術を生かしたユニークな紙製品のラインアップを紹介した。
斜めにカットされた断面にカレンダーが印刷され、めくってもめくってもカレンダーがなくならない「ななめもーるカレンダー」、食べ物をモチーフにしたギフトメモ「PEN AND DELI」などを展示。

岩岡印刷工業(株)/PALEVEIL

インテリアライフスタイル2019_PALEVEIL

薄紙印刷を得意とする岩岡印刷工業(株)のペーパープロダクツブランド「PALEVEIL」から、日めくりノート・メモパッド、第70回全国カレンダー展で金賞を受賞した薄紙カレンダーなどを紹介。また、2019年冬から開始予定の薄紙印刷通販「うすかるプリント」をアナウンスした。

(株)マルモ印刷

インテリアライフスタイル2019_マルモ印刷

“旅”と“瀬戸内”をテーマにしたステーショナリーの新作を発表した。
日本の観光地をモチーフにしたダイカットスタンドメモPOP UP WORLD(JAPAN)、マルモ印刷の本社がある香川県にちなみ、瀬戸内海の風景や讃岐の伝統文化をモチーフにしたステーショナリー「SANUKIMON/さぬきもん」などを展示。

紙素材の可能性

(株)TANT/ikue

インテリアライフスタイル2019_ikue

2018年のインテリアライフスタイルにも出展した紙と金のジュエリーブランド・ikue。今年は新たなラインアップを紹介した。
ikueは、古来から書物を劣化から護る紙加工技術として培われてきた「三方金」を応用している。2018年の発売以来、国内外の展示会への出展やポップアップストアでの販売を通じて認知度を上げ、今年5月からECサイトを開設している。

(株)モリサ/土佐和紙を使ったインテリア雑貨

インテリアライフスタイル2019_morisa

テーブルウエアから食品、ホテルのアメニティ、雑貨、灯りなどを和紙で包み、展示した。
モリサは土佐和紙を使った包装紙を中心に企画開発を行っている。

カミノシゴト /美濃手漉き和紙のアクセサリー

インテリアライフスタイル2019_カミノシゴト

ユネスコ無形文化遺産登録の美濃手漉き和紙を使用したアクセサリーを紹介。
和紙を、一つずつ手折りし、仕上げにUV レジンでコートしている。繊細なデザインと軽やかさが特徴だ。

中越パルプ工業(株)/MEETS TAKEGAMI

インテリアライフスタイル2019_中越パルプ工業_takegami

鹿児島産の竹から生まれた竹紙の提案
中越パルプ工業は竹林の多い鹿児島県薩摩川内市に工場を持っていることから、間伐された竹の有効活用を模索し、国産竹100%の「竹紙」を開発した。
ブースでは、「竹紙」で作ったORIGAMIで、パンダやタケノコなど里山のいきものたちを折るワークショップも実施した。


私たちの暮らしには紙と印刷があふれている。機能性や加工の容易さ、環境対応の視点など、紙製品の可能性はまだまだ拓けるのではないだろうか。

インテリアライフスタイル Webサイト

(JAGAT 研究調査部 石島 暁子)