drupa2016徹底検証~技術視点とユーザー視点から~

掲載日:2016年6月8日

*drupa2016閉幕後の6月20日、視察した識者による報告会を行う。

drupa2016ではB1枚葉インクジェット機やナノグラフィー機などが登場する。大型・高速化したインクジェット/液体トナーの輪転デジタル印刷機も注目される。IOT、ワークフロー自動化もテーマだ。 今回はdrupa2016をつぶさに視察した4氏から報告を行う。技術視点はもちろん、最新技術・製品をいかに実際のビジネスに生かすかについて、ユーザー視点からの意見も伺う。印刷技術の現在地と方向性を見極めるとともに、ビジネス展開についても考察する。

開催日程・開催時間

2016年6月20日(月)14:00-17:30(受付開始:13:30より)

詳細

■14:00-15:00drupa2016現地視察レポート①

公益社団法人日本印刷技術協会
専務理事 郡司 秀明

■15:05-16:05 drupa2016視察レポート②

メディアテクノス
代表 井上 秋男 氏

■16:10-16:40 印刷会社視点から見たdrupa2016(仮題)①

グラパックジャパン
社長付特任コーディネータ 佐藤 徹 氏

■16:40-17:10 印刷会社視点から見たdrupa2016(仮題)②

錦明印刷
常務取締役技術本部長 黒岩 信司 氏

■17:10-17:30 質疑

会場

日本印刷技術協会 3Fセミナールーム
(〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11)

参加費

15,120円(税込)、JAGAT会員:10,800円(税込)

印刷総合研究会メンバー:2名まで無料( [上級]3名まで [特別]5名まで)

申込

Webからお申込み

Web申込フォーム に必要事項をご記入のうえ、ご登録ください。

FAXからお申込み

・この申込書をプリントして必要事項をご記入の上、 FAX(03-3384-3216)にてお申し込みください。
(印刷総合研究会メンバーの方は、別途送付の専用申込み用紙をご利用ください)

問い合わせ先

内容に関して
研究調査部 印刷総合研究会担当 電話:03-3384-3113(直通)

お申し込み及びお支払に関して
管理部 電話:03-5385-7185(直通)

関連記事

出展各社の発表から見えてきたdrupa2016のキーワード
drupa2016で明かされる技術提携の成果

mautic is open source marketing automation