通信教育」カテゴリーアーカイブ

JAGAT通信教育 導入の流れ

home 講座一覧 受講要綱 申込方法 Q&A 資料請求 tukyo-b-061

 

 導入目的の検討

指名受講型

◆部門/グループ特定型◆

特定部門のレベルアップを図る方法です。営業力を強化したい、印刷製造部門のミスロス率を下げたい、新入社員に基本的な印刷知識を習得させたい等、特定の課題に対して該当部門全体を教育する目的で導入します。

昇進昇格連動型

特定の通信教育の修了を昇進・昇格の要件に設定し、人事評価制度と通信教育を連動させる方法です。通信教育は、合否判定があるため、定性的な評価として取り入れやすいでしょう。

受講者選択型

自己啓発型

自己啓発制度として、通信教育を取り入れる方法です。年に1~2回の頻度で、企業から社員の方へ通信教育の受講を促します。指名受講型のように強制的ではなく、社員の自主性を重んじるのが特徴です。社員の自主的な学習意欲の醸成を図ることができます。また、社員が受講料を負担するのが一般的ですが、修了した場合は企業が受講料の半分程度を補助するケースが多いようです。

 

 運用方法の決定

指名受講型

コースや受講対象者の選定

受講対象者を選考する。選考基準は企業の考えに準じるが、大きくは知識や経験が不足している方への受講を促す場合と、期待する社員への更なる教育を施す場合の二つに分けられる。
コース選定については、受講対象者の実務に関連性の強いものを選ぶ。

受講者の受講体制を整備する

・受講対象者の上司や部門長へ受講の目的や意義の事前説明
・受講者本人への受講の意義を事前説明

自己啓発型

◆通信教育のラインナップを用意する◆

・実務に即したコースを軸に選定する
・資格試験や語学等のコースも一部用意する

受講者の実務力向上を目的とするため、基本は印刷企業の実務に関わるコースを中心に用意する必要がある。ただし、自己啓発制度なので、資格試験や語学、一般ビジネススキル等、学習テーマの幅を広げて取り揃えることで、社員の興味関心を高めることができる。

◆募集方法を決める◆

・募集時期を決める
・社内での申し込み取りまとめ方法を決める
・社内周知方法を決める(社内イントラ・メール、パンフ)

 

 受講料補助規定の決定

■企業の負担を50%に設定している企業が多数

通信教育の受講料について、会社と受講者(社員)の負担率について検討する必要があります。印刷企業の例で紹介すると、受講者(社員)が受講料を負担するケースが多いようです(自己啓発制度として導入する場合)。ただし、修了等一定の基準を満たして合格した場合は、受講料の一部を企業側が負担しています。負担率については、50%の企業が多数です。
優秀な成績で終了した場合は、報奨金を別途支給しているケースもあります。

※注意※
指名受講型の制度(昇進昇格や部門/グループ特定型)の場合は、企業側が全額負担するのが一般的です。

印刷企業の通信教育受講料負担率(JAGAT調べ)

 

 全体スケジュールの決定

■年に1回や2回と募集回数を決めている印刷会社が多い

通信教育の導入目的を決定した上で、「開始時期」「年間募集回数」を決めます。自己啓発制度として導入をしている印刷企業の多くは、社員からの申込募集回数を年に1回あるいは2回と限定しています。6月・11月に受講をスタートする例が多いようです。
概ね、受講開始月の3ヶ月前からコース選定、社内PRツールの制作や告知を行い、前月の中旬頃までに社内で取りまとめを行っています。

●印刷企業の通信教育の社内募集時期(JAGAT調べ)

 

 募集方法の決定

■ 通信教育の社内募集冊子を制作し配布する企業が多い

自己啓発制度の場合、社員に告知・募集媒体を作成する必要があります。
比較的規模の大きい印刷企業(従業員数が数百人以上)の場合、複数の通信教育サービス提供会社と提携し、自社独自の募集案内冊子を社員に配布したり、社内イントラネット上に募集用Webページを掲示して社員に周知しています。

※200人以下の印刷企業は、費用面を含めて本格的な募集冊子を制作することが難しく、人事担当の方が簡易的な募集冊子を制作しています。

 

 

■ JAGATは社内募集冊子の簡易版を無料で提供

JAGATでは人事担当者のご負担を軽減するために、簡易的な募集冊子を無料で提供するサービスを行っています。募集冊子に要項を記載し、各コースの詳細はJAGAT通信教育総合ガイドを参照することで社員の方へPRすることができます。

 

 

 お申込み

JAGATへ申込書の送付をしていただきます。

企業用申込書
Excelに入力→メール送信 用紙を出力して記入→FAX送信

excelmail_order.xls

mousikomi_e-mail

icon_1r_192kigyou_moushikomisho.pdf

mousikomi_fax

お申し込みは随時受け付けております。
毎月20日締め切りです。
翌月1日からの開講として受講いただけます。

 

 受講開始

b_1 教材
 通信教育講座のテキストおよび添削課題等の教材一式は、開講月の前月末日までに教育ご担当者または受講者宛にJAGATから送付します。  dtp-expert-suite
b_2 添削課題の提出及びJAGATからの添削講評
 受講者は期間内に添削課題を提出する必要があります。提出いただいた課題はJAGATが採点講評の上、受講者の方へ返送いたします。  Tensaku_sample_1Tensaku_sample_2
b_3 成績表
 企業単位でお申込みいただいている場合は、教育ご担当者へ毎月1回成績表を送付いたします。成績表があることで、受講者全員の提出状況や取得点数が把握できます。  Seiseki_sample
b_4 修了証
 期間内に全ての課題を提出し平均点が60点以上の方にはJAGAT認定の修了証を発行いたします。さらに成績優秀の方には優秀賞を発行することもできます。  syuuryousyo

 

 

b_mini-jirei-1

テキスト・添削課題を活用したグループ学習事例

従業員数100人規模の印刷企業の例です。企業内で同じ講座を受講している複数の社員で学習グループを形成しています。各々が返送された添削課題を持ち寄り、間違えた問題を共有し復習学習を行っています。また、テキストに掲載されている内容をもとに、自社の実務ではどう生かせるか等の実践学習も行っています。知識力を深めるだけではなく実務力も高め業務に生かせているようです。

 

b_mini-jirei-2

修了証を会社の朝礼で上長から手渡すことで士気向上

従業員数70名規模の印刷会社の例です。 5年ほど前から自己啓発制度で通信教育を導入しているのですが、リピートで受講する社員が少ないようです。リピートを増やすためには、修了したら奨励金を出す等も検討しましたが、金銭的なものでの士気アップは持続性がなく、奨励金制度を廃止した際の士気低下は大きいと判断しました。そこで、同社では修了した方に朝礼等の多くの方がいる場で、修了証を役員や上長から手渡しをし、激励の言葉をかけたそうです。奨励する風土をつくることで、社員の士気は向上するとともに、通信教育のリピート受講も増えたそうです。

 

[お問い合わせ先]

JAGAT通信教育担当

TEL:03-3384-3112

mailto_tukyo

 

 

 

icon_arrow_lwbs 前のページへ戻る

「コンペに勝つ」営業力とは

コンペの依頼があった場合、営業としては「まずは参加しなくては仕事が得られない」と思いがちだが、勝算がなければ辞退すべきであろう。負けてしまうと、それまでの多くの時間と手間が全くの無駄になってしまうからだ。では、コンペに勝つためには何が重要でそのために何をすべきなのだろうか

続きを読む

内定辞退を防止するために有効なフォローアップ教育

新型コロナウイルスの影響で、次年度の採用控えが進み、売り手市場から買い手市場へと潮目が変わったともいわれるが、必ずしも優秀な人材確保が容易になったわけではない。また、せっかく苦労して確保した人材も、内定辞退されては元も子もない。内定辞退を防止するためには、様々なフォローアップが必要である。 続きを読む

新入社員の皆様へ~技術を学び印刷人としてお客様の信頼を得る

技術的知識を裏付けとして、お客様の目的に対し最適な選択、提案ができることが信頼を得ること、そして印刷物の品質保証の第一歩です。

新入社員の皆さんは入社後さまざまな研修を通じて、これから本格的に業務に取り組むための基礎づくりをされていらっしゃると思います。ビジネスマナーや、担当業務に必要な知識などを座学を通じて学ぶとともに、実践的なノウハウなどは上司の方や先輩方からOJTで身につけていくことと思います。

印刷会社に入社した皆さんであれば、印刷技術の基本を勉強する機会もあります。今まで聞き慣れない専門用語や業界用語も飛び交うので、はじめは戸惑いもあるでしょう。印刷技術には化学的な要素も非常にたくさんあり、文系の方にはとっつきにくい面もあります。もしかしたら、営業系や企画・デザイン、総務関係など、製造現場以外の職種に進む方にとっては、不要の知識と思ってしまうかもしれません。
しかし、印刷会社に勤務する方であれば職種を問わず誰もが、きちんとした基本的技術知識を持つことこそ、お客様に信頼され、会社全体の信用にかかわる大切なことであることを認識していただきたいと思います。

印刷物は、営業担当の方が受注してから納品されるまでには様々な工程があり、多くの部門、職種の人達が関わって制作が行われています。製造工程では、厳しい品質管理のもと各工程におけるプロフェッショナル達による進捗、管理を経て納品に至りますが、実は受注プロセスや企画・編集段階における営業などの担当者と、お客様のコミュニケーションも品質管理には欠かせない重要な要素であることを肝に銘じてください。
なぜなら、印刷物は一点一点仕様の違う製品で、スーツでいえば量販店などに並ぶ既製品ではなく、お客様ごとの注文によるオーダーメイドだからです。印刷品質とは、単に印刷物の正確さや色の美しさなどのことだけではなく、お客様の要望にきちんと沿うことで初めて担保されるものです。

さらに、お客様の最終的な要望とは印刷物を作ることではなく、その先に目的があることを知るべきです。例えばパンフレットを印刷するのは、その製品を多くの人に知らしめて購買につなげたい。チラシをばらまいて大勢に人を集めたいといった目的があります。特に、インターネットをはじめとするデジタルメディアの進展により、消費者の行動が変わり、マーケティング手法もデジタルを中心としたものに変化してきた現代において、紙の印刷物の価値や役割を新たに考えて、お客様の真の目的に対し効果があるものとしなければなりません。

印刷技術や制作工程の基本を学ぶということは、こうした印刷品質を、きちんと技術的背景をもってお客様に保証できるという意味で大切なのです。それは、必ずしも印刷機の仕組みやカラー印刷の原理をお客様に説明できるということではありません。技術的知識を裏付けとしてお客様の目的に対し最適な選択、提案ができることにより、お客様の望む効果が得られたり、問題解決ができるという点において、本当の信頼が得られるからなのです。

・・・JAGAT通信教育「よくわかる印刷技術・基本コース」添削課題解説より・・・

是非がんばって技術の勉強に励んでいただきたいと思います。

(JAGAT CS部 橋本 和弥)

【関連情報】
「在宅学習」に最適な!JAGAT通信教育 
・リニューアル「よくわかる印刷技術・基本コース」(5月新開講)
・「印刷業のための新入社員コース
・「印刷営業の基本と実務
◆各講座案内、お申し込み、資料請求、内容見本請求もこちらから 

こんな時代だからこそ勉強しよう

外出自粛が続く毎日。子どもたちに勉強しなさいと言う前に、大人もこの機会に本を読んだり、通信教育で勉強してみよう。

感染症やパンデミック関連書に関心が高まる

学校の臨時休業が決まった後は、学習ドリルや児童書などの売り上げが大幅に伸びたという。図書館や児童館などの施設も休館となり、自宅で過ごす子どもたちに勉強させたい、あるいは本を読む習慣をつけたいと、どこの親も考えたからだろう。書店の売り上げ拡大が期待されたが、緊急事態宣言が出てからは大手書店チェーンなどは休業せざるを得ない状況になっている。

在宅勤務が推奨され、通勤時間が大きく減少した今、読書の時間が増えた大人もいるはずだ。なかでも関心が高まっているのは、感染症やパンデミックを扱ったもので、アルベール・カミュ『ペスト』や小松左京『復活の日』、高嶋哲夫『首都感染』、石弘之『感染症の世界史』などが売れているという。

新型コロナウイルスに関するさまざまな情報が飛び交う中、俯瞰したところで現状を捉えなくてはという視点も生まれている。そうは言っても、一般市民にできることは限られているので、外出を控えて、家にいる時間を少しでも有意義にしようと勉強を始めた人も少なくないのではないか。

通信教育はいつの時代もあった

通信教育はこれまでもいろいろな場面で利用されてきた。例えば、『アンネの日記』に通信教育に関する記述があるのをご存知だろうか。食べ物や着る物にも不自由な隠れ家で、アンネと姉のマルゴーは速記やラテン語を通信教育で勉強しているのだ。そして、自分たちがいかに恵まれているかと述べている。

『あしたのジョー』の矢吹丈も通信教育を利用していた。丹下段平から送られてきたはがき「あしたのために(その1)」には、「ひじを左わきの下から はなさぬ心がまえで やや内角をねらい えぐりこむように打つべし」とある。はがきを破り捨てたものの、退屈に耐えかねて破片をつなげて、その言葉どおりに打ってみると、今までにない手応えを感じる。4ページにわたって打ち続けて、ジャブをマスターしたジョーは、通信教育によってボクシングを学び始めるのだ。

通信教育は対面学習が難しい場合の代替手段ではあるが、受講者のやる気によっては、マンツーマンの指導よりも成果を上げる場合もある。2020年度は予期せぬ形で始まったが、事態が収束する日に備えて、新入社員も中堅社員も知識や技能の習得に努めてほしい。

(JAGAT CS部 吉村マチ子)

関連情報
印刷産業に特化した JAGAT通信教育では、印刷人に必要な知識の整理ができるようなコースをそろえています。

『みんなの印刷入門』を通信教育で!

印刷人として必要な印刷技術全般の基本的知識を学ぶJAGAT通信教育「印刷技術・基本コース」は、長きに渡り新人・初心者向け人気講座として多数の企業に採用され、毎年多くの受講者が修了しているが、この度テキストを『みんなの印刷入門』に変更し、全面改訂版としてリリースする。

印刷ビジネスを取り巻く環境が激変する状況下、現代にふさわしいコンセプトのもと新しい印刷の入門書を作ろうと、各界の専門家による制作委員会を立ち上げたのが2018年2月であった。
委員会において読者対象の想定、デジタル時代の印刷入門書に必要なコンテンツをはじめ、体裁など本のテイストまで議論し、執筆分担、編集作業をすすめ『みんなの印刷入門』というタイトルで初版を発行したのが2019年3月である。

本書はあえて必要部数だけ印刷製本して、小まめに内容をアップデートしていくということを一つのコンセプトとしており、そのためデジタル印刷を活用し増刷するたびに内容も更新する方針で来ている。おかげさまで好評をいただき順調な販売もあり、この4月には第5版を発刊したところである。

一方、JAGAT発足当時からある教育コンテンツの一つである通信教育講座の中で、入門者向けの「印刷技術・基本コース」は、同じ新人向けの「新入社員コース」に次いで受講者が多く、書籍(参考書)と集合研修、そして自己啓発的にOff-JTとして通信教育という組み合わせは、多数の印刷会社が合理的、効果的な新人教育として採用してきた。

「印刷技術・基本コース」は2001年に新開講し、その後も継続的な改訂を重ね2007年にはテキストを刷新するなど常に時代のニーズに対応してきたが、さすがに現テキストでは変化に追いついて行くことが難しい状況になってきた。

そこで、冒頭に紹介した常に最新版を目指す『みんなの印刷入門』をテキストにして「印刷技術・基本コース」を全面改訂することとし、いよいよ「よくわかる印刷技術・基本コース」として5月開講でリリースすることが決まったのでご報告する次第である。

この改訂により、印刷人であれば部門、職種に関わらず知っておくべき最新の印刷技術の基本はもちろんだが、旧版ではほとんど触れていないデジタル印刷機とその活用法などの新しい必須知識も学ぶことができる。

コロナウイルス感染者拡大にともなう非常事態宣言が発令される中、入社日を延期せざるを得ない、集合研修の予定が立たないなど、人事担当者の困っている声も多く聞く。

通信教育は自宅で受講者自身のペースで無理なく進められるため、出社日までの時間を有効活用する、在宅ワークの一環として学びの機会を得る、などとともに新入社員のモチベーションを維持するためにも活用が可能である。
御社の新人教育計画にリニューアルした「よくわかる印刷技術・基本コース」をはじめとする通信教育を取り入れることを検討されてはいかがだろう。

(CS部 橋本和弥)

 

 

【関連情報】
JAGAT通信教育 
 リニューアル「よくわかる印刷技術・基本コース」(5月開講)
 「新入社員コース」
 各講座案内、お申し込み、資料請求、内容見本請求もこちらから 

よくわかる印刷技術・基本

2020年5月改訂

ba_moushi_down

 


期間]
 
 
4か月
[料金]  JAGAT会員: 18,700円(税込)   一般: 24,200円(税込)  
[対象]  新入社員・未経験者中途入社~経験1年程度
[教材]  テキスト: 「 みんなの印刷入門」
        ※テキスト等の変更は予告なく行われる場合がございます。

[添削課題]  4回

[レベル]
level_shinnyu

 


[ ねらい ]
経験1年未満の技術・営業・工務・編集・デザイン制作などすべての分野の人たちのために印刷技術の全般的な知識を習得します。
印刷人としての印刷技術の入門コースです。

[ 特 色 ]
1  テキストに「みんなの印刷入門」を採用し、印刷技術をやさしい言葉と図で解説。
2  JAGAT「印刷業のための新入社員コース」から無理なく継続学習できます。

[ カリキュラム ]
1  印刷技術基礎 1
印刷の方式/オフセット印刷の基礎/ワークフロー

2   印刷技術基礎 2
印刷用途に適した方式/デジタル印刷機(インクジェット・トナー)/印刷のワークフローに使用されるフォーマット

3  印刷を支える技術 1
書体(フォント)/デザインのワークフロー/組版/光と色/後加工

4   印刷を支える技術 2
製本の基礎知識/用紙の基本知識

【受講する方へのメッセージ】
仕事をマスターするためには、基本が重要です。基本はまず徹底的に覚えること。繰り返しテキストを読み返して、理解できない部分は先輩たちに質問してください。

在宅勤務を利用した人材育成

新型コロナウイルスの感染拡大にともなり在宅勤務の動きは強まる。
一方、この機会に人材育成に力をいれる企業も増えている。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今夜にでも緊急事態宣言が発令される可能性がある。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県を対象に、期間は4月8日から5月6日までとする方向だ。
それを受けて、企業の働き方は大きな転換期を迎え、4月8日以降にリモートワーク、在学勤務へシフトしていくだろう。一般社団法人日本テレワーク協会では、テレワークを緊急導入される企業等向けに、同協会の会員企業・団体によるテレワーク緊急導入支援プログラムを紹介し、期間限定の無償プログラムの提供に力を入れている。

こうした制度を有効活用しながら、企業はテレワークの運用に向けた準備を整える必要がある。

 

■新型コロナウイルス感染症対策:テレワーク緊急導入支援プログラムのご紹介
(日本テレワーク協会)

 

一方、3月から印刷関連企業へヒアリングを行っているが、在宅勤務の時間を有効活用して、人材育成に力を入れる企業が多い。この機会を投資期間と捉え、しかるべきタイミングで新たな一手を打つための溜めとしているようだ。利用する教育ツールも公開セミナーから、自宅で学習できる教育として、オンラインセミナー、e-ラーニング、通信教育の利用へシフトしている。
JAGATも印刷業界向けの通信教育や書籍を取り揃えているが、4月は新人向けの教育ツールとして、「新入社員コース」「印刷技術・基本コース」の利用が大きく増えている。
JAGAT通信教育を利用した受講者のアンケート結果によると、「通信教育を勉強している主な時間」の質問に対して、50%が休日、35%が帰宅後と回答している。隙間時間を有効に活用できる教育ツールなので、在宅勤務を利用して人材育成をするには利用しやすい。また、通信教育はテキストを読んで問題を解くので、成績表として社員の学習進捗状況を把握できる点は企業のメリットでもある。

 

ぜひ、在宅勤務を生かした人材育成に通信教育を利用するのはどうだろうか。

 

なお、経済産業省が4月6日に新型コロナウイルス感染症で影響を受けた企業に対する支援として、資金繰り支援を中心とした制度を発表している。

■(参考)経済産業省 新型コロナウイルス関連支援策

 

日々、多様な支援策が講じられるので、情報をウオッチしながら紹介していきたい。

CS部 塚本 直樹

 

通信教育のWebページ:https://www.jagat.or.jp/cat4