バックナンバー

研究会
~マーケティング支援を印刷会社のビジネスにするには~

セミナー
人を育てる、現場に寄り添う改善活動 業務改善で大事なことは、人を育てることである。トヨタイムズ(2020年5月27日トヨタ自

JAGAT info
『JAGAT info』10月号では、出版業界の現状の分析とともに、今後の進むべき方向について議論を行う。

西部支社
DTP制作には、プロとしての組版セオリーが必要です。文字組版は、印刷品質を左右する大きな要因であり、「ボックス」にテキストを流し込むだけでは日本語組版になりません。

資格制度
DTPエキスパート・マイスター認証試験の主要な受験者層は印刷および関連業界のデザイン・制作職であるが、そんななか、グラフィックデザイナーとして長年の経験を持ちながら、あえて印刷を詳しく知ることで顧客からの信頼にもつなげようと資格取得に臨んだ1108GRAPHICS(イトウヤグラフィクス)のイトウエリカ氏の取り組みについてお話を伺った。

セミナー
モノがあふれる社会の中で、機能や品質だけでなく、デザインの活用により商品の付加価値をさらに高める戦略が重要視されている。ビジネス環境の変化に対応し、競合他社との差別化を図るため、デザインに注力する印刷会社もあるだろうが、関連する知的財産権の知識と理解も重要だ。

研究調査
21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「ルール?展」は、さまざまなルールをデザインの視点で捉えることで、これからのルールのあり方を社会に問う企画である。

協会情報
長期わたるコロナ禍の影響で、昨年度は採用控えが進んだが、今年度は印刷業界でも採用意欲は活発化し内定率も順調に推移している。しかし、せっかく確保した人材も、内定辞退の危険は常に伴う。内定辞退を防止しスムーズな入社を促すためには、さまざまなフォローアップ、特に内定者の不安を取り除く施策が必要である。

JAGAT info
昨年2020年度はコロナ禍に反発して、意識的にオンラインイベントをやり過ぎてしまった。その反省もあり2021年度は絞ったのだが、秋になりJAGAT大会の季節が来てしまった。

セミナー
フォローアップ研修は若手社員が成長するために必要な勉強の機会であり、JAGATでは10月5日より2021年度、秋期総合研修をスタートする。