バックナンバー

page
今になって思えば、当たり前だと思うかもしれないが、20年前にインターネットに関する今の状態を予測できた人間は、皆無に等しいと思う。

page
page2018セミナーの工場管理と制作・製造分野では、大きく分けて2つのの視点で捉えることができる。未来に向けての無くすべき課題「ムリ、ムラ、ムダ」と加えるべき課題「価値・コミュニケーション効果」である。【page2018・PR】

page
page2018カンファレンス グラフィックスカテゴリでは、バリアブル印刷、DM、見える化、事業承継をテーマに取り上げます。【page2018・PR】

資格制度
受注依存型組織から企画提案型組織への転換を求められる中、課題解決を図る戦略を立案し、新たな価値を提供するために重要なのは人財といえます。 page2018では、効果的なコミュニケーション戦略により顧客に利益をもたらす人財をテーマに、エキスパート資格の各種イベントを実施します。

page
チャットボットは社内業務の効率化においても活用され始めている。野村総研でも独自にAIソリューションを開発・提供している。

研究会
最新データに基づき2017年の印刷ビジネスを多角的に分析する。前年度の状況を踏まえつつ、来たる2018年度の印刷ビジネスを考察する。

page
新年あけましておめでとうございます。page2018のテーマは「アライアンスNEXT」ですが、スタートを切る基調講演1はテーマそのものの内容「アライアンスNEXT」です。

西部支社
2018年戊戌は、どちらも土の性質ということで、このような状態を「比和(ひわ)」と言い、良くも(悪くも)勢いが増す状態とのことである。変化に良い年とされているので、ダイナミックな変化をしたい。

イベント
今年度JAGAT地域大会の掉尾を飾る「JAGAT中部大会2018」は、1月25日(木)に吹上ホールにて開催します。メインプログラムでは、見える化を実現した2社から取り組み状況を伺い、全員経営、ボトムアップは可能なのか?”見える化”したがゆえに可能となる経営判断などについてディスカッションします。

page
page2018のセミナーは、「印刷+α」に焦点をあて、印刷を核としながら+αのノウハウを組み合わせることで、印刷会社の強みを生かした顧客ビジネスの創出、印刷会社の売り上げ向上に役立つものも企画していく。