バックナンバー

研究会
印刷会社の業績・戦略・設備を多角的に分析する『JAGAT印刷産業経営動向調査2019』の報告会を開催する(9/25,26,30)。通算41回の調査結果から見える現状と今後、そして優れた印刷経営のあり方と平均的な企業との差について考察していく。

研究会
~多品種/小ロット/バリアブル時代の工程自動化アプローチ~ 印刷業界において大ロット生産から小ロット生産へのシフトが進んでいる。件数の多い小ロットの仕事を効率的にこなすには生産方式の対応だけでなく、ワークフロー全体での対応が求められる

セミナー
重要顧客に対しては、ニーズに対応した提案が不可欠だ。そのためには個人営業力だけでなく組織営業を通じて営業部門の強化を図っていかないといけない。  

研究調査
調査結果を説明する時、文字と数字の羅列よりもグラフで示した方が分かりやすい。さらに、グラフを応用した印象的な図解を用いると、理解を助けるだけでなく、物事の関係や変化などを、よりリアルに伝えることができる。

イベント
印刷業界を取り巻く環境は、今世紀に入り激変しました。いつの時代にも変化は必ず起こりますが、自社の経営悪化を環境のせいにしていては経営改善できません。

出版・レポート
「平成30年工業統計表」の確報版(産業別統計表、品目別統計表、地域別統計表)が公表された。3人以下の事業所が半数以上を占める印刷産業は、全国に事業所が存在する。(数字で読み解く印刷産業2019その7)

JAGAT info
今回は「アフィリエイト」について取り上げる。

JAGAT info
4月の売上高は+1.9%。昨年4月は+0.1%と前年同月が高かったにも関わらずプラスとなったことは、体感的には数字以上の繁忙さだったと思われる。用紙調達難による需要減もあったが、大型連休前の駆け込み需要が上回った。用紙価格の転嫁、印刷の価格修正も一定程度ながら受け入れられ、表面的な売上高を押し上げた面もある。

協会情報
8月22日(木)、23日(金)に開催いたしました「JAGAT Summer Fes 2019(夏フェス2019)」が終了しました。イベントの来場者数をご報告いたします。

イベント
インターネットの出現により、マーケティングにおいて革命ともいうべきデジタルシフトが起こっています。印刷業界はこうした現実にどのように向き合い、対応していくべきか。