バックナンバー

協会情報
印刷業界で一般的に使用されるようになったDTP(Desktop publishing)という用語は、ページレイアウトソフト「PageMaker」の販売開始にあたり、米アルダス社ポール・ブレイナード社長が1986年に生み出した造語である。

資格制度
第46期DTPエキスパート認証試験(2016年8月21日(日)実施)では、新出題項目として以下の6項目を予定している。

研究調査
「JAGAT印刷産業経営動向調査」より新技術、サービスの導入状況、満足度、導入意向を紹介する。

研究会
本研究会は日米を代表するフリーペーパーの制作者及び日本タウン誌・フリーペーパー大賞の審査委員長を招き、事例を通して成功するフリーペーパーを考察する。アメリカの日本語情報誌”Lighthouse”、そして北海道の印刷会社による”JP”はどのようなモデルなのだろうか。

出版・レポート
若者や女性が働きやすい職場環境が求められています。印刷企業ではどの程度対応が進んでいるのでしょうか(数字で読み解く印刷産業2016その9)

研究調査
印刷会社をはじめメディアに関わる企業にとって、「全社員の底上げ」として、デジタルマーケティングの基本の「き」が重要になってきている。

研究調査
約物の種類 2016.07.06
日本語組版とつきあう その58

資格制度
資格には大きく分けて「国家資格」「公的資格」「民間資格」の3つの種類がある。国家資格は文字通り国のお墨付き資格であり、その意味するところを誰もが認めるものであろう。では、民間資格のお墨付きは誰が与え、誰が価値を認めるのであろうか。

セミナー
競合他社との差別化を図り「お客様に選ばれる会社」となるためには、何が必要だろうか?2016年秋開講に向けて「プリンティングコーディネータ養成講座」を企画している。

資格制度
第46期DTPエキスパート認証試験/第22期クロスメディアエキスパート認証試験が8月21日(日)、全国7地域のJAGAT会場、他団体会場、指定講座会場で開催される。